『テセウスの船』最終回が放送!黒幕はまさかのあの人、犯行動機は唐突すぎ?ネットの反応

事件を阻止できたのでおなかの中いた佐野心は幸せな家庭で育つ• 最後に正志がお父さんを刺して…そのあともみ合うお父さんと正志と田村心。 現在の心 慎吾から写真が添付されたメールを受け取った心。 色々あったんですね…怖かったですけど…。

10
心と文吾は、校長の息子について調べた。 全てを知っている文吾も、これで心の底から救われたでしょうね。

「テセウスの船」最終回、まさかの真犯人にネットで非難ごうごう!「ミステリーがお笑いになった」「期待外れ」「がっかり」: J

母親は逮捕後、田中さんに捨てられて、苦労して死んでいった。 しかし2人は別人です。

ドラマは、東元俊哉氏の同名漫画が原作。

「テセウスの船」10話最終回ラストのタイトルの意味回収の感想、回収されなくて気になりすぎる伏線!

みきおに対する異常な執着もそこにあったんですね。 佐々木紀子はさつきに殺されてしまう。 そこには、幼き加藤みきおの写真も掲載されており、「以前のように加藤の居場所を捜すようなことはもうしていないよね」と文吾に対して恐怖や不安の表情を浮かべます。

18
そもそもみきおと正志はどうやって手を組んだの? 正志がみきおと「文吾に消えてほしいという共通点があった」と言ってたけど、どのタイミングでそれが分かったの?そこまで親しいほどの接点がある2人には見えなかったしさ。

テセウスの船漫画ネタバレ最終話89話結末!続編やその後の展開も考察

心はもしも父親が冤罪であれば子供と引き離されることはないと考え、由紀の残したノートを手にし、父親の弁護士に話を聞くため、実際に事件が起きた 北海道へと向かいました。 「9、10話で原作のよさを台無しにしてしまった。

19
心のことを逮捕した金丸だったが、心の話を聞き、一緒に犯人を捜そうとする一幕も。

【テセウスの船】最終回ネタバレ、心や加藤のその後。原作第10巻

急に罪を認めるのでまさかとは思いましたが… 佐野家はどこまでも素敵な家族でした。 止めようとした心と文吾、自分を刺そうとする正志の3人がもみ合いになっているうちに、 心の腹部にナイフが突き刺さってしまいました…! 文吾の叫びも届かず心は死亡…。 結局、金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)を突き落としたのは誰?• 物語のあらすじのネタバレになりますので、ご注意ください。

5
果たして、それは同じ人物と言えるのか? その時、火の中から自力で抜け出した心が間に入り、文吾の代わりに刺されました。 また「ほくろ問題」を指摘するツイートも。

テセウスの船最終回!犯人よりも衝撃だった兄しんごが澤部だった件

まさに記憶も過去も経験も何もかも別人です。 そして、心は文吾に「音臼小学校で21人が殺されます」と告白するのだが……という展開だった。

17
もっとビックリしたかったのに」 「せいや真犯人」にガッカリした意見はこんな声に代表される。 冒頭でも述べましたが、緻密なミステリーではなく家族愛に感動したドラマと考えれば成功だと思います。

原作と違うラストに「切なすぎ」、兄・慎吾の現代の姿に「最高」の声も…「テセウスの船」最終回

家族をぶち壊した文吾に言われたことに腹が立った• — Mt. 幼少期は無邪気な笑顔の絶えない、明るくかわいい女の子でした。

澤部佑:そう。

テセウスの船黒幕は田中正志!伏線回収できた?ラストは原作通り?

「犯人が違う」ってことは、結末も違うかもしれません。 馬淵(小藪)は、なんであんなに佐野を目の敵にしてたのー?過去の因縁とかあったんじゃないのー?• ・ 黒幕(犯人)の加藤みきお(安藤政信)は、音臼小無差別毒殺事件の被害者を装って鈴の内縁の夫になる結末から、元連続殺人事件の犯人の少年Aとしてマスコミに追われる結末へ。

8
そこで久しぶりに会った文吾は正志に 「家族は大事にしろよ」と言ったが、この言葉が正志の殺意に火を付ける結果になった。 心は焦って駆け寄りますが、みきおは 笑いながら冗談だと言いました。

テセウスの船姉鈴の整形が最終回ラストも!父親が逮捕されてないのになぜ?

そのことから田中が危ないのではないかと思い、田中が亡くなる予定の 2月5日は田中の家にいることにしました。

17
ということでした! 普通に愛情深い人だったのですね! 校長の息子の話は何だったの? 校長は全くのミスリードでした! 息子の話も出してきたのは視聴者を翻弄するためで、この事件とは一切関係なし! 鉛筆削ってたのも、絵が趣味の設定も、全部関係なし! でも、めっちゃ怪しくて怖い笹野さんの演技には脱帽でした!完全に翻弄されたわ…。