山健 組 中田 浩司

自らヒットマンとなって逮捕され、獄中にいる中田浩司・山健組組長が、弁護士を通じて指示を出しているようです。

20
古川幹部を射殺した朝比奈被告は、破門されていたとはいえ、二代目竹中組の出身ですので、関係先として竹中組にガサが入ることは予想されており、竹中組側も想定していたでしょう。

神戸組員銃撃! 五代目山健組・中田組長側近“共謀容疑”で逮捕の衝撃 (2021年3月14日)

(令和元年)、殺人未遂と銃刀法違反容疑でに逮捕される。 六代目山口組を銃撃した山健組・中田組長が完全黙秘の中で起訴……当局は有罪の自信あり? 🤭 井上組長もまた弁護士を立て、中田組長の弁護士を通じて「考え直してほしい」と申し入れたが、中田組長はガンとして受け入れず、「月会費がこのままなら、神戸山口組を離れて山健組は一本で行く(独立系の組織で行く)」とまでいったらしい。

9
「他の二次団体からも離脱する組が連鎖的に続々と出る可能性がある。

中田浩司とは

もしヒットマンに『上の指示でやった』とうたわれた(自白された)ら、どうなると思います? 共謀共同正犯として組長も逮捕されますよ。 「中田組長は、若い組員の供述で逮捕されて服役した過去があり、それ以来、子分をあまり信用していないと聞いています。 分裂抗争が加熱する中での中田組長の社会不在は、山健組だけではなく神戸山口組全体としても大きな痛手といえるだろう」(業界関係者) 任侠山口組の若頭が出所 また、同じく24日には、捜査当局が動きを見せている。

8
カネの問題を発端に、井上組長の求心力が低下していると見られる 「特定抗争指定」をかけられ、兵庫県神戸市にある山健組本部は使用が制限されており、静まり返っている 『FRIDAY』2020年7月31日・8月7日合併号より. 復帰後は四代目山健組で最高幹部を務める一方で、山健組内有力組織(神戸山口組山口組三次団体)の名誉職に就いた。 これで山口組の分裂抗争は実質的には終わりを告げることになるでしょう」 暴力団事情に詳しいジャーナリスト・溝口敦氏は驚きを交えながらそう語る。

山健 組 中田 浩司

「全盛期の山健組は7200人の組員数を誇っていました。 「中田組長は、ここまで完全黙秘を貫いていますが、当局幹部らは早い段階で、中田組長の公判を維持できると踏んでいたと見られています。 実際、この事件を受けて、中田組長に逮捕状が出るのではないかという噂は数日前から確かにあった。

そのために話し合い、役職別に各自が拘置所にいる中田組長に対して、弁護士を通じて気持ちを伝え、本心を確認するという方針が決まったようだ」 他団体幹部 神戸山口組の若頭代行を務める中田組長は、昨年8月に敵対する六代目山口組・三代目弘道会の兵庫県神戸市内にある関連施設で起きた組員銃撃事件の実行犯とされ、神戸拘置所に勾留されている。 タイミングから見ても、中田組長が起訴された場合の対応策などが議題としてあったのではないか。

“寝返り”山健組・中田組長逮捕で神戸山口組は存続危機|日刊ゲンダイDIGITAL

長年暴力団を取材してきた、ジャーナリストの鈴木智彦氏が読み解く。 神戸へ渡り、若頭会長・(後の五代目組長)と出会う。

8
追い詰められた神戸山口組の井上邦雄組長。 他のカメラでも、 酷似した単車の人物が西方向へ移動し、 神戸市中央区の 中田容疑者の自宅に向かう映像が確認されたという。

神戸組員銃撃! 五代目山健組・中田組長側近“共謀容疑”で逮捕の衝撃 (2021年3月14日)

同容疑者の身柄を大阪市内で確保した。 最新小説『忘れな草』が発売中。 ところが、現在の神戸山口組は、この3つの重要な組織を失った状態になったのである。

15
「この会合では、井上組長寄りの反対派と、中田組長寄りの脱退派、さらに中立派も顔を揃えたが、山健組が割れるのは全直参にとって本意ではないという共通の思いが確認されたと聞く。

獄中の中田浩司組長山健組多数率いて神戸山口組脱退し独立組織に【山健組分裂】六代目山口組の動向は

そして平成30年5月に五代目山健組を継承し、 神戸山口組でも 若頭補佐に昇格。 昨年11月に6代目ナンバー2の高山清司若頭が府中刑務所を出所して以降、6代目側の攻勢は強まり、いわゆる「神戸山口組の乱」は平定されたかに見える。 また、六代目側に戻ることを画策していたという話もある。

9
これで山口組の分裂抗争は実質的には終わりを告げることになるでしょう」 暴力団事情に詳しいジャーナリスト・溝口敦氏は驚きを交えながらそう語る。 全員で中田組長の帰りを待ち、五代目山健組を盛り立てていこうとしていた。