ガンタンクの射程、やばくない…?不正確でいい加減だけどクスっと笑える「ガンダムクソ解説」が話題(Walkerplus)

なお現在、でのリボンズの担当声優は 『蒼月昇(古谷徹)』と表記されている。

9
ガンダムを知らない人が見ても笑えるよう、専門用語をなるべく避けた140字を心掛けているとも。 」 無断出撃してしまったカツを追って出撃しようとしたアムロをハヤト達が止めた際に発した台詞。

初代ガンダムの名シーンを完全再現! ROBOT魂16体で一年戦争を振り返る

けれど、誰かがやらなければならない。

6
宇宙世紀0093年3月12日、アクシズの防衛ラインを単機で突破し、シャアとの決戦では、サザビーとのMS戦だけではなく生身での白兵戦(舌戦も含め)も交えた激戦を繰り広げ、再びMSに搭乗して全ての武装を使い果たした後もガンダムの殴打攻撃でサザビーを圧倒し、これによってサザビーからシャアの乗る脱出ポッドが放出される。

アムロ・レイ (あむろれい)とは【ピクシブ百科事典】

立場がそれぞれ違うのですべてを理解するのは難しいからです。 こうしている間でもどこかの国で人は争って命を落としていると思うと、この台詞はいつか私達が同じ状況に直面した時感じる事実なのかもしれません。 (そう、知っている…。

なお、アムロとシャアの行方について、生みの親である監督は 「あの二人は死んだと思ってもらって構わない」、アムロを演じた氏は 「アムロはララァのいる世界に行ったのだろうと思っています」と、それぞれ語っている。 練られたストーリー• 単価が5,000円以上のものがほとんどで、ガンプラと比べるとやや割高感がありますね。

アムロ・レイ (あむろれい)とは【ピクシブ百科事典】

そのへんご存知でしたらお願いします。 そして既にパイロットとしてもニュータイプとしてもシャアを凌駕していたアムロは、逆にシャアを追い詰めてとどめを刺そうとするが、彼を庇ったエルメスを刺し貫いてララァを殺してしまった。 net アムロジオングの胸貫いてなかった?したっけ、頭だったのよな。

6
戦いは再び宇宙へ。 宇宙のどこで暮らしていたかは定かではないが、サイド7への移民が開始されたのは宇宙世紀0078年5月からであるため、他のサイドで暮らしていたとするのが通説である。

ガンタンクは侮れない…?主砲射程260キロのヤバさを「ガンダムクソ解説」

アムロもクワトロも互いの姿を視認していないにも関わらず、彼らはお互いを感知していた。 そして、やを駆り、ブライトらと共にシャア率いるネオ・ジオンとの戦いに挑む。

その結果、地球に核兵器を積んだ隕石を落下させ汚染しようとしてまで、スペースノイドに地球と人類の再生を託そうとしたシャアに対し、アムロはインテリ シャア の理想主義の暴走で一般人が試験台として犠牲になるのを黙って見過ごすことが出来なかった。

ジオング の 弾幕 を 避ける 際 の 一般 兵 と アムロ の 違い

net ゼータのときの百式のメガバズーカランチャーは 当たったのを見たことがない。

10
それが私の主義だ。

ジオング の 弾幕 を 避ける 際 の 一般 兵 と アムロ の 違い

すべてが終わり、脱出用スペースランチでア・バオア・クーを脱出したホワイトベースのクルーの元に、アムロがコア・ファイターで戻ります。 プラネタリウム映像作品「グリーンダイバーズ」に、3号機パイロットとして登場。

7
「お母さん…?ララァが!?」 ラストシーン、最期の台詞。 また、エマの回想によれば死んだ魚のような目で、笑顔もどこかヤケクソじみた感じで相当投げやりな心情だった事が伺える。