Qスイッチルビーレーザーによるシミ治療は池袋皮膚科へ

Qスイッチ付ルビーレーザーによる「あざ」の治療 形成外科では、Qスイッチルビーレーザーを採用した「あざ」の治療を行っております。 顔にできた大きめの脂漏性角化症の治療の場合などは、治療後シールを貼る場合があります。 当院では、治療によって汚染する可能性のある部品については、予備を多数用意し、適宜、取り替えて滅菌処理をし、常に清潔な治療環境を提供しています。

その他にも、より確実な効果をより少ないダメージで実現できる工夫が織り込まれているのです。 Qスイッチレーザーでシミを治療した場合、5日目で皮が取れてしまった事は問題ありません。

Qスイッチルビーレーザー

周囲の組織へのダメージを最小にして、色の薄いものからある程度の濃さを持つものまで比較的広範囲のシミやアザ、そばかすの治療ができ、茶アザや黒アザなどにも対応OK。 Qスイッチルビーレーザー. しばらくマスク生活かなー、と思いながらお会計。 先天性真皮メラノーシス(青アザ)は0歳時での早期の治療開始により、完全に、短期間で、少ない治療回数で、合併症無く治療できます。

10
邦人での発症頻度は1%程度と報告されています。

シミ取りレーザーの経過レポ【術後から1年間の画像アリ】本当に綺麗に消える!?

ただし、フォトシルクプラスの治療が初めての方、またはお久しぶりの方で、濃いしみ、細かいしみ・そばかす(特に濃くて輪郭のはっきりしたもの)や色素の濃いイボに対しての治療後は、 小さなかさぶた(マイクロクラストと呼ばれます)や薄いかさぶたができることがあります。 単純に言えば、3準位系のレーザーであるQスイッチルビーレーザー と 4準位系のQスイッチYAGレーザーでは、出力では、4準位の方が高くなります。

実際に、Qスイッチルビーレーザーで治療したけど、しみが取れなかったという方が多数いらっしゃいます。

Qスイッチルビーレーザー治療のアフターケアについて

2 かさぶた 細かいかさぶた(極小)が出ることがあります• 4、5時間たってクリームをべったり塗ったことを忘れて 軽く触ってしまいましたが ほんの少しピリッとしただけで、痛みはありませんでした。 【治療後3~4日以降】 かさぶたが完成した状態になるはずです。 残念ながら保険のしくみを理解していないためか、他院で保険診療で治療できる後天性真皮メラノサイトーシス(青アザの一種)に保険適応であることをお伝えせずにレーザー治療をしているクリニック、後天性真皮メラノサイトーシスと診断せずに延々とIPL(フォトフェイシャル等の光治療)を施行しているクリニック等ありますが、当院は保険診療で可能な治療はまずは保険診療で行っております。

目元を保護され、先生が指で患部を押さえたまま 「今からここに当てますね」と言った直後、保護された中から赤い光が見え、 バチッ!!と衝撃が… 「これが続くけど大丈夫?範囲が小さいので2、3分くらいかな。 蒙古斑• 当院の経験では、大きなしみほど再発しやすい傾向があります。

Qスイッチルビーレーザー|美容皮膚科|たけのやま皮ふ科

この様なお悩みをお持ちの方はご相談ください。

現在は、写真のように乾いたかさぶたにするケースは稀で、次の写真のような専用のシールを貼付するか、ワセリンで保護し、患部を乾かさないのがベストとされています。 炎症後色素沈着(戻りシミ)です。

しみ治療後の経過・アフターケアについて

すっぴん状態だと、まだ薄らシミが残っている様子がよくわかると思います。 2 STEP照射直後 Qスイッチルビーレーザーの照射直後の一般的な状態です。 フォトシルクプラスは、特別なアフターケアを必要としませんが、治療後しばらくの期間はお肌が敏感になっています。

6
授乳中の方• ハイドロキノン・トレチノインとも高濃度のものは、それ自体が色素沈着の原因となる炎症を起こす刺激になりえるためです。 自然と軽快することもありますが、自然の経過だけでは残存することもあるため、当院では外用薬などのアフターケアをする場合が多いです。