納税証明書とは?融資を受けるときに必要な場合も!取得方法について解説

郵送で請求する場合• 納税証明書の種類 所轄税務署で発行される納税証明書には、次の6種類があります。 相続人• A39 必要な分の定額小為替(有効期間内のもの)(無記名)をご同封ください。

16
手数料については、上記「4 手数料について」をご覧ください。 1点の提示でよいもの マイナンバーカード(個人番号カード)、運転免許証、パスポート、在留カード、住民基本台帳カード(顔写真付き)、身体障害者手帳など、官公署が発行した資格証明書等で顔写真付きのもの 2点の提示が必要なもの 上記を提示できない場合は、下表の「Aを2点」または「A1点とB1点」の提示が必要です。

納税証明書の申請について

) [受付時間] 8時30分から17時までです。 通法123、通令41• ) (1)自動車の登録番号 (2)自動車の車台番号(下4ケタ) (3)納税義務者の氏名・住所 (4)(代理人が申請する場合)代理人の氏名・住所 (5)申請者の電話番号 (6)「自動車税(種別割)納税証明(継続検査等用)」の交付を受けたい旨 Q6 自動車税(種別割)納税証明書(継続検査等用)の発行に手数料はかかりますか。

9
用途によって受けようとする証明内容が異なりますので、不明の場合はあらかじめお問い合わせください。

納税証明Q&A

Contents• (1) 必要事項を記載した納税証明書交付請求書• A6 自動車税(種別割)納税証明(継続検査等用)の発行手数料は無料です。

19
写真の貼付のない住民基本台帳カード• 本人が都合により窓口で申請できない場合は、代理人が「委任状」を持参して申請することも可能です。

納税証明書とは?融資を受けるときに必要な場合も!取得方法について解説

この場合、サラリーマンや会社役員であれば給与所得の源泉徴収票を、個人事業主であれば確定申告書を提示すれば所得を証明することができます。 [不服申立方法] [備考] 代理人による請求の場合や送付による請求の場合には、ご本人に電話等で確認させていただく場合があります。

土地・家屋に係る証明について郵送で申請する場合は、 都税証明郵送受付センターに送付してください。

納税証明書その2の入手方法

・(代理人である税理士等の記名押印) ・補助者証 ・事務員証(氏名、所属事務所記載) Q31 「使者差向書」の様式や記入方法を教えてください。

2
ここで注意をしたいのは「納税証明」「課税証明」「所得証明」と似たような用語が色々とあることです。

証明書が必要なとき

しかし、場合によっては本人ではなく代理人が行くということもあるかもしれません。 固定資産税、個人事業税、不動産取得税等の賦課税目を申請する際にご記入ください。

車両番号(軽自動車税の継続検査(車検)用の場合)• ) (1)自動車の登録番号 (2)自動車の車台番号(下4ケタ) (3)納税義務者の氏名・住所 (4)(代理人が申請する場合)代理人の氏名・住所 (5)申請者の電話番号 (6)「自動車税(種別割)納税証明(継続検査等用)」の交付を受けたい旨 《申請先》 「〒112-8787 東京都文京区春日1-16-21 都税証明郵送受付センター」 なお、郵送での申請の場合は、お届けまでに1週間~10日程度かかりますので、あらかじめご了承ください。 1 ご本人(法人の場合は代表者本人)であることが確認できる本人確認書類(個人番号カード又は運転免許証など)• 納税証明書交付請求書(書面)で交付請求する場合 次の算式による手数料(収入印紙又は現金)が必要です。

税証明書(課税証明書、所得証明書、評価証明書、納税証明書等)等の発行

船員手帳• オンラインでの交付請求 オンラインで交付請求した場合、以下の3つの受取方法があり、受取方法により、電子証明書等が必要な場合と不要な場合があります。

15
なお、納税証明書の請求手続等については、でご確認ください。 それ以外の住所に送付を希望する場合や代理人の方等が申請する場合は、送付先住所が確認できる書類(官公署が発行した書類に限る。