ミズノプロ120と520と920の違いを比較してみました!

しかし、カスタム専用にしたのは、すべてのゴルファーに『ミズノプロ』の良さを体感してもらうためであり、そのための『920』でもある。 写真:野村知也(クラブ). 同じやさしいでも、【打感のフィードバックが無くて良いのか?】と。 これは『ミズノプロ520 アイアン』の最大の強みです。

5
形状は「ミズノプロ518」とほぼ同じかな! ソール幅もボクには良い感じ! 「ミズノプロ518」はトゥ側に見た目でも分かるようにタングステンウエートが配置されていましたが、「ミズノプロ520」は見た目では分かりません。

ミズノ「ミズノプロ520」アイアン

いわゆるスタンダードなロフトに比べると2度の差しかないのです。

高機能のツアーモデルが使いたいゴルファーに、『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 その分シャープな顔つきに見えました。

【スペック】Mizuno Pro 520 アイアン/ミズノ|ゴルフクラブ評価ナビ

これまでミズノにはほとんど触れずにゴルフをしてきたので、全くフォーカスに入っておりませんでした…いい、なんかいい!当たった時のミチっというよりはペシャ!(ミチャ!かな)って感じの打感とともに強い玉が出る。

弾道的には高弾道です。 ボールの上がりやすさを追求しています。

ミズノプロ 120/520/920 アイアン|養老メイドはやさしき最高品質(2/2)|ゴルフサプリ

フックもスライスも自由自在。

半面、ミスすれば飛距離ロスはそれなりにありますが、個人的にはこれはいいことだと思っています。

ミズノプロ 120/520/920 アイアン|養老メイドはやさしき最高品質(2/2)|ゴルフサプリ

それに比べれば今回はまだ良い感じでしたが、正直もっと飛んでもいいかなとは感じました。 が素晴らしかったが、さらにオフセンターのロスが軽減されている。 軟鉄鍛造のボディーがあって、ニッケル、銅、ニッケル、クロムと四層です。

12
ブレードが若干長くなった以外、ほとんど違いは感じません。 打感、形状の美しさを兼ね備えたアイアンです。

MIZUNO CLUB ORDER

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

本当に素晴らしい! ツアープロの使用者が増えそうな予感がします。

ミズノ「ミズノプロ920」アイアン

『ミズノプロ520 アイアン』は、ソール幅を増やして、より低重心化しました。 その結果、さらに打球音が長く響くようになり打感が向上しています。 。

14
構えてみるとこんな感じ。 今回の目的は2018年X-CBよりもちょっと飛んで、ひっかかりにくく打感がいいアイアンが欲しいなと思って徹底的に試打しました。

ミズノプロ120と520と920の違いを比較してみました!

5 7番で32度のノーマルロフトの標準的な飛び。 その効果でスイートエリアが広くミスに強い。 やや音量が控えめかなぁ、と思いました。

「MPの時代は最もヘッドが大きいタイプでも、現状の『520』くらいがマックスでしたので、今の『920』はミズノプロの軟鉄鍛造アイアンとしては考えられない大きさのヘッドサイズです」 では、なぜ『920』が誕生したのか? 「ミズノでは長年フィッティングをやっていて、シャフトフィッティング用に開発した『シャフトオプティマイザー3D』という装置があります。 昨日紹介した「NSPRO Zelos7」がかなりしなる感じでしたので、よりしっかり感を感じたというのもあるかもしれません。

ミズノプロ 520アイアンの試打&評価/狙いやすさに磨きがかかった│楽しい GOLF LIFE

クラシックなロフトのアイアンより1番手近く飛びます。

8
かなりマイルドで、この辺はミズノならではでしょうね。