基本検査項目/判定区分

このブドウ糖は赤血球の寿命である約120日は安定するため、過去4~8週間の長期間の血糖がうまく調整されているかどうかを知るために役立ちます。 主にこれらの臓器の疾患で、血中や尿中にたくさん排泄され、値が高くなります。

1
関連の精密検査のため、内科を受診してください。 尿糖 (-) 尿の中に糖が出ているかを調べ、糖尿病を見つける指標のひとつとされています。

血液検査でわかることは?検査項目・基準値項目一覧表!健康診断

HBs抗体 - B型肝炎ウイルスに対する抵抗力の有無を調べます。

また、血液検査を受ける内容(献血・定期健康診断・人間ドック)などにより検査項目自体も異なります。

基本検査項目/判定区分

健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知)• 1 血液中の赤血球の容積の割合(%)を表し、低い場合は貧血の疑いがあります。

20
8 生体を細菌やウイルスから守る免疫に役立つ細胞です。 フィブリノゲンは凝固第1因子で、凝固するとフィブリンになり、それが分解されるとFDPとD-ダイマーとなります。

血液検査結果の見方

これが高いと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などが起こり易くなります。

3
Copyright e840. 5 肺がん(特に扁平上皮がん)などで高値となります。

血液検査

ワーファリンなどの抗凝固薬は肝臓でのVK依存因子の合成を阻害します。

16
外傷がある場合や喫煙、ストレス、風邪などでも上昇します。 腎不全 妊娠 女 2. A/G比 1. (Ht) 女 33. 0 血糖検査では、血液を採取したときの値しかわかりませんが、HbA1cは120日以上血液中にあるため、長時間にわたる血糖の状態を調べることができます。

臨床検査値データ一覧|かわるPro

数値が高い場合、腎機能障害や腎不全が疑われます。

この数値について、日本動脈硬化学会は「誤解を与え、国民の健康に悪影響を及ぼしかねない」という見解を発表しています。

血液検査でわかることは?検査項目・基準値項目一覧表!健康診断

グロブリンは細菌やウィルスからの感染を防いだり、血液の凝固因子、鉄や銅などを運搬する役目をしている蛋白の総称です。 項目 単位 基準値(参考値) 高値 低値 項目説明 *ここに記載されている内容が全てではありません。

11
肥満、食べ過ぎ、飲みすぎで数値は上昇し、動脈硬化や脂肪肝の原因になります。