【年季が入るの意味をわかりやすく解説】例文・類語もご紹介します!

年期という言葉の「期」とは、区切られた一定の時間や決められた日時を表します。 年季と年期の違い 年季と年期の意味の違い 年季と年期の違いを分かりやすく言うと、 年季とは年季奉公や長い年月を表し、年期とは年単位の期間を表すという違いです。 ちなみに、 よく間違えやすい使い方として、 「年期が入る」があります。

なぜかというと、 一種の比喩表現を使っているからです。

【年季を感じる】とはどういう意味ですか?

「 skilled(熟練した)」 「 experienced(経験を積んだ)」 「 old(古い)」 「 archaic(古風な・昔風の)」 前半2つは、「人」に対して使う表現です。 円熟(えんじゅく) 「意味」十分に熟達して、ゆたかな中身をもつに至ること• 入るとは、「外から中に入る」という意味がある わかりやすい言葉で表現をするならば、「夏休み突入!」「夏休みスタート!」と言い換えることもできます。

19
上記のように、「年季が入る」は、 人よりも物に使う場合が多いという印象ですね。 この記事をきっかけに、 「年季が入る」を使ってみてはいかがでしょうか?. 人に対して使う「年季が入る」は「熟練しているさま」 「年季が入る」は 長い間ある事についての技術を磨いて、その道のプロであることを表す場合に使います。

【慣用句】「年季が入る」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

「used」は「使われた」を意味していますね。 年季の使い方 「建築職人の年季明けお披露目会があります」「年季が入ると貫禄がでる」「年季の入った技を見せた」「年季を感じる建物ですね」などの文中で使われている年季は、「奉公する約束の年限」の意味で使われています。

かんな を かける しょくにん の てぎわ の よ さ に ねんき を かんじる。

【年季】と【年期】の意味の違いと使い方の例文

kanna wo kakeru syokunin no tegiwa no yo sa ni nenki wo kanjiru. 対する言葉には「永小作」があり、こちらは小作人が長期の耕作権を有する小作関係を表します。 他にどのような英訳が考えられるのかを辞書などで調べてみましょう。 (年季は「 年季奉公」から) 「 類語」=「熟す・時代がつく・時代めく・味が出る・レテロな」など。

6
「年季が入る」の2つ目の意味である「道具などが長く使い込まれているさま」は英語で「well-used」と表現できるでしょう。

【慣用句】「年季が入る」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師が解説!

多くの辞書にはこの用例は載っていませんが、 実際の文章ではこの意味で使われることが非常に多いです。 つまり、「 年季奉公」とは、 「 一定の年数を単位として住み込んで働くこと」 を言うわけです。 「年季が入る」とは、長い間修練を積んで確かな腕をしていることや、道具などが長く使い込まれて老朽化していることを意味します。

) Some of these manners are archaic. He is a skilled driver. 「祖父母の家には昔から使われ続けている暖炉がある様子」を表しています。

「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い

こちらも代表的なものを5つ挙げました。 要するに、「比喩」を使うことにより、 「 長い経験や修行をした家」のように 「 家を人に置き換えて表現している」わけですね。 「年季を入れる」とは、長い間努力してその仕事を修練することを表します。

11
特に、家やビルなどの古い建築物に 使われることが多いです。 ) That building is very old. この場合は、 人ではなく「 物」に対して使うと考えてください。

【年季を感じる】とはどういう意味ですか?

年期の類語 年期の類語・類義語としては、あることが行われる時期が定まっていることや一定の期間を意味する「定期」、前もって決められた一定の時期や期間を意味する「期限」などがあります。

例文2にある「年期売」とは、土地などの物件を一定期間売却し代価を受け取り、契約期間終了後に売主の手に戻る有期売買契約のことです。 「年季が入った」という表現は、「ものが長い間、よく使い込まれている」という意味で使われます。

「年季が入る」の使われ方

辞書の定義上では、「奉公する約束の年限」や「年季奉公」を意味する言葉ですが、慣用句になると、少し違う意味で使われています。 いっぽう 「 ねんき が はいる 」 は 、 なに か が ながい としつき を へる こと です。

17
紹介された物件は、ずいぶんと 年季の入ったアパートだった。