【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R

これらが来ると作者の疲労度が回復します。 55 ID:jbnGtj2L0 元提督「鈴谷に出くわした時もあったな」 提督「ああ、そうだ。

12
すると奴は確実にエロい妄想をし出す」 加賀「本当に?」 妖精「間違いないね。

[B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

」 提督『俺がこの全てから逃れる唯一の方法. 」 大和「やはり、あの事件で・・・?」 提督「ああ・・・。 選ぶと時間が、な。

2
」 ー食後ー 提督「ご馳走様!間宮の料理を食べると、体から力が沸いてくるようだよ。 42 ID:y2XSxFtZ0 以上で完結となります。

【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R

疲れているなら風呂に入ってきてもいいんだぞ?」 提督「今日は暑いだろう。 」 鳳翔「ありがとうございます。

5
まともに誘っても赤城の嬢ちゃん以外は相手にしないだろうよ」 加賀「確かにそうですね……」 妖精「そこでこの眼鏡の出番ってわけだ。

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

一応、『遅くなるかもしれない』と伝えてはいましたが、それでも・・・。 」 大和「そう思うのでしたら、秘書官制を復活させると良いかと。 返答次第では母国に帰らせてもらうわ」 提督「な、なんだ。

5
午前の執務を始めるか」 コンコンコン ガチャ 加賀「失礼します。

明石「素直になる薬です」提督「ふーん」

加賀は幸せになれるだろうな」 提督「問題は赤城だ。 俺は、少なくとも『鳳翔』と『大和』と『間宮』は『信頼してる』ぞ!」. それを言われると・・・な・・・。

1
96 ID:y2XSxFtZ0 某所 女「……テレビテレビ、っと」 ピッ テレビ『横須賀少女バラバラ殺人事件に関する速報が入ってきました』 女「(これ、最近騒いでるやつじゃん)」 テレビ『警察の発表によると、警察が自宅に踏み込む直前に容疑者の男性は首吊り自殺を図り……』 テレビ『病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されたということです』 女「……ん?」 テロップとともに画面に映し出された、容疑者の顔写真。 」 提督「鳳翔、こんばんは。

【艦これ・SS短編】元提督「これで、いいんだ」

34 ID:zkDwEkgD0 加賀「……提督、想像してみてください。 すまない」ガタッ 曙「…うぅ」 ガチャッ 憲兵s「動くな!提督だな!!」 提督「あぁ、そうだが」 曙「!…な、何?」 憲兵「貴様を国家反逆罪で連行する!!」トリオサエ 提督「ぐっ…」バタッ 曙「ちょ、ちょっと!?」 提督「…どういうことだ?」 憲兵「しらは切れんぞ!艦娘から貴様の行ってきた行為は把握済みだ!!」 提督「…」ギロッ 曙「え、えっ?」アタフタ 憲兵「さぁ立て!既に貴様の死刑は確定している!!」 曙「!」 曙 な、何とかしないと…提督は… 提督「…」スッ 曙「ま、待って…」ゴニョゴョ 憲兵「行くぞ!」グイッ 曙 違う!違う!違う!!提督は何も…!!! 提督「…曙」 曙「…な、何よ」 提督「…迷惑かけたな」 曙「…だ」 曙 違う!違う!本当の事を!! 曙「だから、命乞いでも?」 曙 お願い!何か言って!! 提督「…」 憲兵 グイッ ガチャッ 曙 提督!! バタン 曙「…」 シーン ー別室ー 提督「ほら…特に何もないですよ?」 元帥「君どこ見てたの。

」 ドア コンコン 提督「どうぞ。

【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

」 鳳翔「なるほど。 」 -食堂- 提督「そういえば、さっき『用事』があって遅れたと言っていたが、何をしていたんだ?」 ビールを飲みながら 鳳翔「それは・・・、詳しくは言えませんが、『映像』を見てまして・・・。

」 大和「あ、いえ、そういう意味で言ったわけではないです!戦艦、特に大和型は多くの資材を必要とする艤装ですから、必然的に出撃回数が少ないのは仕方がありません。

[B!] 【艦これ】提督「艦娘の将来が心配だ……」|SSまとめアンテナ

93 ID:jbnGtj2L0 提督「ああ、何も反応を示してはくれなかったな。 いや、お前は俺さ」 元提督「お前が妥協し、妥協し、妥協することで俺になるんだから……」 元提督「同じレールの前後でしかないんだよ、どんなに状況が違かろうと、矛盾はない」 元提督「これが……必然。 一夫多妻制という手もありますし、何より加賀さんともずっといられるのは悪いことではないです」 加賀「そう言ってくれると助かるわ……ありがとう」 赤城「これからは二人で提督に愛してもらいましょうね?」 加賀「ええ」 赤城「ふふっ、提督、明日から大変ですよ?二人も相手をしなきゃいけないんですから」 妖精「コイツもある意味羨ましい立場だよな。

14
これ以上何を求めようとしたんだ?」 提督「世間知らずの少女たちを戦場に送り出しておいて」 提督「やっと戦いが終わったのに、お前はまだ何かを求めるのか!」 元提督「…………そんな……ことは……」 元提督「…………」 提督「……お前はもう幸せを味わっただろう。