2度目の給付金“困窮世帯限定”は妥当か?「飲食店は一律6万円なのに」「中間層が一番苦しい」ほか失望と怒りの声

特に多く引き合いに出されているのが、首都圏の飲食店に出されている協力金の件で、「飲食店は一律で1日6万円なのに…」といった声も。 いずれも 困窮世帯を定めて、ピンポイントで支援策を講じたいという意思表明である。

ただ、この 5万円についても、ある政府関係者からは「 借金がまた増えてしまう。

給付金の「限定支給」に国民激怒。子なし困窮家庭&中間層“切り捨て”で増す不公平

「コロナ危機下にある現在では、とにかく国債を発行し、追加の一律現金給付をできる限り数多く実施するのが先決だろう」と書いている。 いっぽうで、今日1日には立憲民主党・日本共産党・社民党の野党3党からも、1人当たり10万円を給付するための法案が国会に提出された。 困窮世帯にだけ給付金じゃなく、全国民に一律給付にしてよ!!しかも、飲食店ばかりに給付金出してるけど、確かに飲食店も厳しいけど、飲食店以外にも打撃受けてるところいっぱいあるよね😂日本っておかしいね😂 — えりな🌈🌈 0527ERINA 飲食には一律化したくせに、 また差別するのか😒 困窮世帯なんて物に 調べるコスト無駄にかけるのなら、 以前と同じく 最初から一律で給付金配布後すればいい。

1
特別定額給付金 一律給付金 の2回目はあるのか?可能性など最新情報 国民民主党は2021年4月23日に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う 緊急事態宣言の再発令を踏まえ、2度目となる 「特別定額給付金」「一律給付金」の支給を求める動きが出てきています。 その議論は尊重しつつ、もう一方で、同時に一律給付を実施して何も問題がないことを強調しておきたい。

10万円給付金問題 困窮世帯への限定給付も国民一律給付も両方実施して問題ない 早く支給決定すべき(藤田孝典)

独身者や共働き家庭であっても、職を失ったり、仕事が激減したりして所得が大幅に減っている人たちは大勢いるのだ。 東京、大阪、兵庫・・・ 小出しにロックダウンかけても、地方に拡散するばかり。

2
野党が現金給付を盛り込むよう求めたのに対しては明言を避けた。

国民一律10万円の現金給付について【最終更新日:4月21日】|Gパンパンダ星野(税理士兼公認会計士芸人)|note

医療供給体制が都心よりも貧弱な地方で感染爆発が起きれば、致命的な結果をもたらすこともまた然りです。 いずれにせよ欧米のような厳格なロックダウンも含めた短期集中型の行動制限を行うことこそが、封じ込めに最も効果的な施策です。

1
しかし 今後感染者数が増加し、全国への緊急事態宣言が発令する事があれば、近々にも特別定額給付金が再支給される可能性もあります。 【関連】 臨時給付金 ふたり親世帯も調整 政府は低所得の1人親世帯に給付金を2回出したが、3回目は低所得の2人親世帯にも給付。

給付金追加一律5万円、10万円、15万円の可能性は?次はいくらもらえる?

令和3年度一般会計予算、令和3年度特別会計予算及び令和3年度政府関係機関予算につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議 令和3年3月2日 国民民主党・無所属クラブ 第一 令和3年度予算の編成替えを求める理由 新型コロナ第4波を防ぐとともに、感染対策と経済との両立を図り、コロナ危機からすべての国民の命と生活を守るため、新型コロナ対策を大幅に積み増す必要がある。 また、最近流行の脱成長論とグリーン・マルクス主義についても批判的に紹介。 2回目の一律給付金はあるのでしょうか? 政府は2020年4月、前回の緊急事態宣言時は全国民に 一律10万円の支給を決めましたが、 今回の再給付には今なお消極的な姿勢を取っているようです。

9
昨年、竹中平蔵氏がBI導入に言及したところ、既存の社会保障制度を全廃する代替型と見なされ、大きな反発を買った。 これはコロナ禍の前から議論されてきた。

給付金追加一律5万円、10万円、15万円の可能性は?次はいくらもらえる?

特別定額給付金というのは、緊急事態宣言を全国に拡大したという状況を踏まえて簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計の支援を行って、我々が連帯して国難を乗り越えていくためのものというのがあのときの、特別定額給付金を出したときの大前提です。

10
困窮世帯限定での追加支援も再度の現金一律給付も両方とも実行して何ら問題はない。 — 経世済民大学生 LiberalismStu 生活困窮者、ひとり親も苦しいのはわかるが、1番大変なのは多くは中間層です。

“10万円再給付を” 国民 政府に要望する追加対策発表 コロナ

財源は問題ない 財源をどうするかという疑問が当然起きるだろう。 困窮世帯?で、そこを調べるのに無駄な人件費などの金かけて。

12
「5万円の追加支給案」に政府は… 10月14日、自民党の長島昭久衆院議員らが、緊急経済対策として定額給付金10万円にさらに追加で5万円支給することなどを求める要望書を菅首相に提出。 その危機に困窮世帯限定の支援で終わらせていいのか、という疑問が当然出てくる。