オンコリスバイオファーマ (4588) : ニュース・適時開示 [Oncolys BioPharma]

このことから、我々人類は、ウイルスとの共存により、ウイルスから逃れ、またウイルスを上手く活用しながら、進化、発展した、ともいえると思います。

3
必ずサイエンスの知識を持って投資をしてください。 《オンコリスバイオファーマ(オンコリス)の提携絡みについて語っています^^》 グローバルの腫瘍溶解ウイルスを研究開発しているバイオベンチャーは、大手製薬会社と独占的に、ライセンス契約などをしています。

【オンコリス掲示板】新鋭オンコリスバイオファーマのIRニュース~ウイルスの軌跡と奇跡~

ただ、その中でも癌免疫に特化したウイルス製剤という括りでいうと、 グローバルでも50前後の製剤が開発されているのみです。

7
こちらの動画を撮影した時期(2019年3月9日)も、まさにオンコリスが複数の大手製薬会社との契約交渉をしている、と思惑が出ています。

オンコリスバイオファーマ(株)【4588】:掲示板

その中においては、あなたがいくら論理的に個別銘柄を研究し理解しても、時にはその予想を覆す動きをすることは、多々あります。 昨日こんな記事があったんですね。 こちらの感覚をお持ち頂きつつ、必ず技術を調べてください、とお伝えしています。

私が考える、オンコリスが、有望銘柄である理由を、こちらの掲示板(ブログ)にありったけ共有したいと思います。 ウイルスは、これまでの人類と密接な関係があったことは確かです。

オンコリスバイオファーマ

例えば、ヘルペスウイルスです。

一番の魅力は、副作用がほぼない、ということです。

オンコリスバイオファーマ (4588) : 銘柄関連ブログ [Oncolys BioPharma]

併用療法にピッタリです ・基本的に、 大手製薬は新たな技術は一つでも自社のパイプラインに入れる傾向にあります。

1
そして、未来のお話をしましょう。

オンコリスバイオファーマ (4588) : 銘柄関連ブログ [Oncolys BioPharma]

ウイルスのペット化、私はとてもわくわくします(笑)。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 50億円とする期初計画を据え置いている。

また、中外製薬によって、食道がんを対象とした化学放射線療法併用の臨床試験の患者の募集も既に国内で開始されている。 こちらはオンコリスが公表しているIRやグローバルでのウイルス製剤に関する情報を総括した内容(掲示板・ブログになっています。

オンコリスバイオファーマ (4588)

ただ医療の発展にも関わらず、まだ人類を苦しめるウイルスも存在します。 ゆえに、競合も少ないです。

長い潜伏期間を経て、HIV患者の症状が重くなるのは、患者の免疫細胞に潜伏しているHVが活性化して、どんどんHIV(ウイルス)の分身を創り、免疫細胞を蝕んでゆく時に、発症します。 もう一度お伝えします。