鬼滅の刃 青い彼岸花の正体とは?最終回で伏線回収されたかネタバレありで解説

と、伊之助の子孫が青い彼岸花を枯らしてしまったことが、最終回で判明しました。 ああいう演出だったからわかりにくかったですが、「死の淵から呼び戻す」という効果だったのかもしれません。 なぜ無惨は、青い彼岸花を探しているのでしょうか? 無惨はもとは普通の人間で、生まれたのは平安時代のことです。

3
そもそも、なんで無惨はあんなド田舎にわざわざ足運んだのか。 しかし逆に考えれば、鬼が居た時代を知る者として鬼舞辻無惨が滅び鬼が居なくなっても「青い彼岸花」が存在すれば、また 第二の無惨が誕生してもおかしくないですよね。

【鬼滅の刃】青い彼岸花はどこにあった?伏線がついに回収された。

花が咲いた場合でも昼間のほんの数分から数十分で閉じてしまう• 1.縁壱先生の生まれ変わりが炭治郎。

誰がなんのために、竈門家の脇に青い彼岸花を咲かしたのか? 察しのええモマエなら、もうピンと来たはずや。 青い彼岸花は昼間に数分だけ咲くレア花だった• どんな深謀遠慮があったのか。

鬼滅の刃の青い彼岸花の正体は…栗花落カナヲだった!?気になるウワサを徹底検証!

その中で炭治郎は月に一度、定期検診に蝶屋敷を訪れていますが、なんと カナヲが聴診器を当てて診察しています。

9
それをなんとか助けようと、 当時の医者が作成した薬に「青い彼岸花」が用いられていたということでした。 結果、無惨は超絶的な力を持ちつつも日光を浴びれば死んでしまう鬼へと転じる事となる。

『鬼滅の刃』カナヲの奥義「彼岸朱眼」が発動!ついに童磨の首が斬られた件!

と言えるのではないでしょうか。

3
某医師「いや、なんか思い切って『青い彼岸花』くらいゆうた方がドラマチックで、無惨くんも喜ぶかなーと思いましてん」 無惨「ずっと『青い彼岸花』ゆうて探してたのに、こんなん、ぜんぜん『青』ちゃうやん!ええかげんにせんかい!」グサッ な。 もっと白いのかて、「青いバラ」枠やねん。

「鬼滅の刃」青い彼岸花の正体とは?作中に何度も登場していた?!

仕掛け人は、縁壱先生や。 ここで、愈史郎の札により姿を隠していた 善逸・伊之助・カナヲも登場し、総力戦! かと思いきや、無惨の広範囲かつ高威力の攻撃により、 全員吹っ飛ばされてしまう… ぎりぎり残ったカナヲ大ピンチ!を救ったのは、復活した 炭治郎! 過去の記憶により ヒノカミ神楽の十三個目の型を理解した炭治郎は、心を燃やし無惨に立ち向かう! が、なかなか十三個目の型を繋ぐ事ができない… しかし、無惨もまた力を失っていた! 珠世の仕込んだ薬には、老化の効果が潜んでいたのだ! それでも炭治郎はピンチに陥るが、失明した 伊黒が救い出し、なんとか生き延びる。 すると、病の進行がストップして 「治療は成功」と思いきや、無惨が鬼化していきます! 医師は進行を止める処置薬として、自身の血を 「青い彼岸花」と表現して、今後も定期的な投与をするつもりでした。

2
こうして、鬼滅の刃の鬼退治は真に完結しました。

青い彼岸花の正体は「藤の花の薬」!しのぶが作った万能薬につい...

それは、 無惨がいずれ必ず青い彼岸花があるところに来ること。 鬼「無惨様、『青い彼岸花』あるって話聞きましてん」 無惨「ほんまかー!!!それ、ホンマやったら、どえらいことやで!ワイ、そんなん、すぐ行くわ。 ファンブックで「昼は閉じとるから、デカいツクシみたいな形や」ってゆうてはんねん。

10
しかし結局202話で、 カナヲはしのぶから預かった 人間返りの薬を炭治郎に注射する役割で登場し、 炭治郎は無事人間に戻り、無惨戦は幕を閉じます。 彼は鬼殺隊の関係者を次々と殺していき、多くの人間を不幸にしてきたキャラクターなので、首を切られた時の爽快感は非常に大きかったかと思います。