「明日世界が滅びるとしても、 今日君はリンゴの木を植える」|さとなお(佐藤尚之)|note

最近、毎日目にする朝の光景。

暴れん坊サムソン。 普通気がつくで。

『愛の不時着』食わず嫌いの人も。母親(オモニ)の愛と覚悟に涙腺崩壊!

これはもう完全に 中世の子どもヒーローだよね。

19
クラナッハから2枚。 サムソンは安心しきってデリラの膝の上で眠る。

「明日世界が滅びるとしても、 今日君はリンゴの木を植える」|さとなお(佐藤尚之)|note

アニメ設定で呼んでくださーい(笑) *. 我が愛は試されているのではないか。 いたたたたた・・・。 二人の無言が『ついてくるな』と言っているようで、私は境内の真ん中で立ち止まるしかなかった。

9
前回のラストで書いたように、カナンにイスラエル12部族が分かれて住むようになるわけだけど、この 12部族自治(地方分権)の中で、英雄的なリーダーがそれぞれに自然と出てくるわけですね。

「明日世界が滅びるとしても、 今日君はリンゴの木を植える」|さとなお(佐藤尚之)|note

じゃあね」って。 「う~ん。 普通気がつくで。

11
ただ、サムソンにとっては恥辱の至りだっただろう。 残念ながら、見た事ありませんが… 笑. 無意味に見慣れない単語を使うことで、旧約聖書がどんどんとっつきにくい話になっていく。

まだ降り止まぬ…。: さとぽんのやれやれ…。日記

日本で配役するなら黒木メイサさんに1票。 というか、アングロサクソンすぎる。

16
でも、ちょっと目は哀しげかな。

『愛の不時着』食わず嫌いの人も。母親(オモニ)の愛と覚悟に涙腺崩壊!

変な名前だな。 ユダヤ教とイスラム教両方の教典である旧約聖書で、約3000年前の「イスラエル民族vsペリシテ人(パレスチナの語源)」の戦いを読みつつ、現代の「イスラエル対パレスチナ」の記事を読んだりすると、なんだか「うひ〜、人類史〜!」って途方に暮れる感じになるよ。

9
デリラの左手はやさしくサムソンの背中をなでている。 この哀しいサムソンの顔だけで一晩飲める。

「明日世界が滅びるとしても、 今日君はリンゴの木を植える」|さとなお(佐藤尚之)|note

彼の使命はガザ地区奪回。 ということで、これでもわりと絵を選んで貼った。

15
来てー」ってやってるデリラ。 overtureからの「青春ガールズ」はステージが3列に競り上がり、幕が開いたときはかなり、迫力があります。