平成26年3月 鋼道路橋防食便覧 ※在庫僅少のため注文が承れない場合があります。増刷は9月中旬予定、出来次第の発送になります。

第4章 製作・施工上の留意点 IV-33• 価 格: 3,080円 日本道路協会• 3 用語 III-4• 第3章 3. 第4章 4. 価 格: 3,300円 建設物価調査会• これらの塗料は一度に多くの膜厚をつけるため、有効成分量も多く、結果としてVOC排出量が少なくなるため環境負荷低減にも一役かっているものが多い。

5
価 格: 1,430円 土木学会• 価 格: 5,500円 豊文堂• 価 格: 3,520円 土木学会• 一般外面部 D-5• 第3章 3. 価 格: 10,670円 日本道路協会• 価 格: 2,420円 労働調査会• 平成17年に「便覧」の改訂を行い,平成22年に「便覧」の資料集を発刊した。 現場溶接部外面(はけ・ローラー) F-14• 第2章 2. 価 格: 1,980円 コンクリート新聞社• 粗面化処理を粗面形成材によった場合の膜厚管理に関する資料 V-66• 第4章 防食設計 I-26• 道路橋では、非常に小さな損傷であっても致命的な事故に繋がることもあるため、全ての部材に技術者自らが近接して診断を行うことが避けられません。

令和2年改訂版 鋼道路橋施工便覧

設計や現場の施工に携わる技術者を対象に,深礎基礎の設計や施工を正確かつ安全に行うことができるよう,設計・施工に必要な基本的事項や設計計算例等をわかり易く掲載しています。 価 格: 3,080円 土木学会• 第5章 防食の施工 III-43• 2 部分塗装 III-36• 第5章 5. 3 用語 IV-3• また,適用する部材・部位により大気に直接さらされる大面積の 一般外面用,箱桁等の内部で,ほぼ密封空間となり日照(紫外線)の影響を受けない 内面用,道路ではアスファルト敷設などにより比較的高い温度となる 鋼床版裏面用,摩擦接合部など添接部の 接触面用,添接部に用いる 高力ボルト表面用などに分けられる。 価 格: 14,300円 土木学会• 第4章 製作・施工上の留意点 V-28• 文献 J-GLOBAL ID:201102207848091700 整理番号:11A0194448 技術情報 「鋼道路橋塗装・防食便覧資料集」の概要• 第6章 維持管理 IV-59• 第5章 5. 価 格: 4,950円 日本道路協会• 価 格: 8,147円 プレストレストコンクリート工学会• 6 高力ボルトの締め付け V-33• 価 格: 4,180円 新日本法規出版• 価 格: 1,980円 ナツメ社• その多くは、戦後に建設され、早い段階で建設された橋では既に供用後50年が経過するなど、膨大な数の既設道路橋の高齢化が着実に進んでいます。

本便覧の趣旨が多くのの技術者に正しく理解され、活用されるとともに、今後とも質の高い道路橋の整備に貢献することを期待しております。 こうした情勢の変化や近年の床版防水技術の進展を踏まえ,本書は,最新の知見をもとに,「道路橋鉄筋コンクリート床版防水層設計・施工資料」の内容を見直すとともに,鋼床版に対する防水技術も含めて,体系的にとりまとめたものです。

鋼道路橋防食便覧 改訂版

連結部内面(スプレー) F-12• 本便覧の趣旨が多くのの技術者に正しく理解され、活用されるとともに、今後とも質の高い道路橋の整備に貢献することを期待しております。

5
価 格: 5,170円 経済調査会• 第5章 金属溶射施工 V-34• 価 格: 11,000円 日本建設機械施工協会• 第7章 7. ここでは, 道路分野の鋼橋塗装で用いる 2005年改訂の 「鋼道路橋塗装・防食便覧」に記載される主な塗装系を紹介する。 用途としては、橋梁、プラント等鋼構造物の中塗り・上塗り兼用塗料として用いられる。

技術情報 「鋼道路橋塗装・防食便覧資料集」の概要

6 防食の記録 V-48• 価 格: 4,400円 土木学会• 鋼床版上面 摩擦接合部• 付III-1. A 塗装系:一般外面・一般環境用, B 塗装系:一般外面・やや厳しい腐食環境用, C 塗装系:一般外面・腐食環境用, D 塗装系:箱げた等内面用, F 塗装系:現場添接部用 新設時塗装系は 大文字で, 塗替え塗装系. 価 格: 3,663円 建設物価調査会• 価 格: 3,300円 土木学会• 価 格: 22,000円 日本道路協会• 3 選定した防食法から要求される構造設計 I-37• 第1章 総則 I-1• 2 その他の溶射用語 V-5• ただし、本資料は設計計算例を示し、設計計算の手順、手法を示すことを目的としており、本資料に示した設計計算例は、ある設計条件におけるあくまで一つの事例であるので、本資料の利用に際しては、これを画一的に適用することなく、道路橋示方書の条文や解説の中に示されている規定の主旨や背景、根拠を十分に踏まえつつ適切に参考に供してください。 第2章 2. 第6章 6. 溶融亜鉛-アルミニウム合金めっき IV-69• 第6章 6. 4 防食の記録 III-46• 9 塗装記録表 II-93• 1 共通偏。

16
価 格: 3,300円 日本鋼構造協会(規格基準類)• 価 格: 3,300円 日本道路協会• ただし、本資料は、ある設計条件におけるあくまで一つの耐震補強の事例を示しただけであり、本資料の利用に際しては、これを画一的に適用することなく、道路橋示方書の条文や解説の中に示されている規定の主旨や背景、根拠を十分に踏まえながら適切に参考にしてください。

|橋梁|出版図書|公益社団法人 日本道路協会 Japan Road Association

価 格: 2,310円 日本道路協会• 第III編 耐候性鋼材編目次• 価 格: 2,200円 日本道路協会• 付IV-1. 第3章 3. 価 格: 4,290円 新日本法規出版• 第3章 構造設計上の留意点 V-21• 価 格: 3,850円 交通工学研究会• 橋梁などの構造物に適用される 塗装系は,塗装時期により橋梁新設時の 新設時塗装,既に供用されている橋梁の補修時の 塗替え塗装に分けられる。 付V-6. 価 格: 4,400円 日本橋梁建設協会• 第1章 総論 III-1• 今回の改定では、性能方法を大幅に見直したこともあり、基準の内容の周知期間を設け、改定した基準は、平成30年1月1日以降に新たに着手する設計から適用するものとなっています。

18
ボルト接合部やフランジのエッジなどの隅角部• この改定を受けて、本協会では、「道路橋示方書・同解説」全編を見直し、改訂版を刊行する運びとなりました。

鋼道路橋防食便覧 改訂版

現場溶接部外面(スプレー) F-13• 本便覧の趣旨が多くの技術者に正しく理解され、活用されるとともに、今後とも質の高い道路橋の整備に貢献することを期待しております。

12
価 格: 12,100円 建設物価調査会• 第3章 鋼道路橋の防食法 I-16• F8T溶融亜鉛-アルミニウム合金めっき高力ボルト IV-72• 付IV-2. 本便覧の趣旨が多くのの技術者に正しく理解され、活用されるとともに、今後とも質の高い道路橋の整備に貢献することを期待しております。

Rc

価 格: 5,500円 日本道路協会•。 第4章 4. この改定を受けて、本協会では、「道路橋示方書・同解説」全編を見直し、改訂版を刊行する運びとなりました。

第2章 防食設計 V-6• 5 めっき面塗装 IV-46• 本便覧の趣旨が多くのの技術者に正しく理解され、活用されるとともに、今後とも質の高い道路橋の整備に貢献することを期待しております。 2 塗装編。

鋼道路橋塗装・防食便覧について : 塗装便覧の改訂

1 鋼道路橋の防食法が具備すべき条件 I-16• 塗装系記号について 「鋼道路橋塗装・防食便覧」では,1971年から採用されている前身の 「塗装便覧」での考え方を踏襲し,次に示すように, 用途別の塗装系記号が用いられている。 価 格: 7,920円 建築保全センター• 価 格: 6,380円 日本道路協会• 価 格: 8,147円 プレストレストコンクリート工学会• 価 格: 11,000円 日本建設機械施工協会• 従来、塗膜診断は、外観観察・付着性試験・色調・光沢の記録などを行うことで判断されてきた。

16
主な改訂事項は次の通りです。

鋼道路橋塗装・防食便覧について : 塗装便覧の改訂

しかし、C-5塗装系が示された当時は、まだ厚膜形ふっ素樹脂塗料が開発されていなかったため、下塗りの省工程化のみにとどまるものであった。

19
4 架設後の補修塗装 II-67• 価 格: 12,650円 日本港湾協会• 参考資料で,多段階三軸圧縮試験の試験結果を例示するとともに,設計計算を3例,深礎孔内で安全に鉄筋組立てを行うための組立用鋼材の設計計算を1例紹介しています。