(社説)改正少年法 不変の理念 沿う運用を:朝日新聞デジタル

<社会に分断を残し、万人に祝福されない祭典を強行したとき、何を得て、何を失うのか。 なによりも習近平は毛沢東の「人民を中心とする」(以人民為中心)思想の重要性を強調し、中国共産党員すべての「初心」とするべきことを強調し、徹底させる運動を全国で展開しています。

同社は声明で、2016年1月に大会組織員会とオフィシャルパートナーの契約を結んで以来、オフィシャルパートナーとしての活動と言論機関としての報道との間には線引きをすると同社が約束してきたと説明。 強行したら国内外にさらなる災禍をもたらすことになるのではないか。

(社説)五輪とコロナ これで開催できるのか:朝日新聞デジタル

弁護士ドットコムニュース編集部. 先進国と一線を画した中国式援助を歓迎するが多いのは事実だろう。 『賭け』は許されないと知るべきだ>というのだから、当然、夏の甲子園も「賭け」はできないはずだ。

20
東京五輪は7月23日に開幕を予定する。

The Asahi Shimbun

社説では「この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。 こんな状態で五輪・を開催できるのか。 同紙は日本で左派寄りの新聞として知られ、保守系の自民党に批判的な論調が目立つ。

17
皮肉なことに、東京五輪・パラリンピックのオフィシャルスポンサーである朝日新聞社が「中止」を主張したことが、かえって説得力を増したようです。

【朝日新聞研究】朝日新聞社説に感じる「媚中体質」 極端に恐れる日本の軍事行動参加 念仏のよう唱える「対話」「協調」「共存」 (1/2ページ)

で検挙された18、19歳は19年に6430人で、この20年間で約4分の1に減っている。 人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ> その通りだと思う一方、それならなぜ朝日はこれまで、「人々の当然の疑問や懸念」に向き合ってこなかったのか。

16
どんな名称をつけようが、教育や周囲の支えによって大きく成長しうる年代であることに変わりはない。

The Asahi Shimbun

今回の改正は、16年に年齢が18歳に引き下げられ、来年4月には民法の成年年齢も18歳となることに伴うものだ。 施行が予定される来年4月以降も、少年の立ち直りを重んじる法の理念を踏まえた適切な運用が必要だ。 <一党支配は腐敗する?> 「一党支配では政治の過ちを正す道が党内の権力闘争以外にない」とする朝日新聞社説の主張はあたかも自明のように聞こえます。

20
大規模な構造物頼みの治水から脱却を図るのは妥当だ。 共同声明がうたう『国際法に根差した、自由で開かれ、ルールに基づく秩序』にどう中国を巻き込んでいくか、粘り強い外交努力が求められる」と言う。

downloads.solarbotics.net : 五輪スポンサー担う朝日新聞、社説で五輪の中止を訴え

さらにバウンド氏は、ロイター通信の取材で、東京五輪・パラリンピック開催への批判は「(総選挙を控えた)政治的なポーズ」との見方を示して、予定どおり開催すべきだと強調したようですが、果たして、IOCはこのまま強行姿勢を貫くことができるのでしょうか? 私見ですが、「強気一辺倒」のIOCに、最近は「打たれ弱さ」が見え隠れしている気がしています。

1
人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ」との見解が示された。

The Asahi Shimbun

日本や米欧は台湾のWHO総会へのオブザーバー参加に支持を表明しており、G7外相会議の共同声明にも盛り込んだ。

18
選手をはじめ、五輪をめざし準備してきた人たちの労苦を思えば、何とか聖火をともしたいと思う。 しかし、改革開放以後の中国における最高指導部の人事を見れば分かるのですが、中国では各分野・地方において実績を挙げた実力者が登用されていくシステムが確立しています(習近平はいわゆる「太子党」(政治家二世)ですが、地道に地方で働き、その実績の上で最高ポストに就きました)。

(社説)五輪とコロナ これで開催できるのか:朝日新聞デジタル

また、社として中止を求めるというなら、仮に中止になった場合に協賛金の返還は求めないという意見もあわせて表明すべきなのではないか。

11
[PR] に3度目のが発出されることになった。

(社説)流域治水 肝心なのは住民参加だ:朝日新聞デジタル

ハード偏重の姿勢を改め、「流域治水」への転換を図る法案が、先月末に参院で可決・成立した。

12
これは五輪の歴史でも異例のことだ。