すそ上げ(まつりぬい)をする|ブラザー

次に布をまち針でとめていきます。 指だけだと簡単ですが、針を使う方法の方が、失敗なく一定の大きさを作ることができます。

2
返し口の端までとじたら玉結びをします。

なみ縫いのやり方を写真で解説!裁縫の基本となるコツ・ポイントは? [裁縫] All About

針目の大きさが、いつも同じになるように、まっすぐ縫っていきます。 ・まつり縫いするとき(裾上げなどの場合) 玉結びが隠れるように、縫い代の中から針を出し、まつり始めます。

12
巻いた糸がずれないように、親指の爪を立てる感じで押さえ、針を引き抜きます。 カーブを縫う場合 返し口は直線にあけるのが一番いいのですが、丸いものを作る時などカーブしかない場合もあります。

おくまつりのやり方

アイロンがある方はここはアイロンで押さえましょう。 青い線はミシン目です。 玉結びのできあがり。

6
たてまつりをしてみよう! さあ縫っていきます! 今日は目立つように色糸で縫いますね。 その時々で使い分けて、満足のいく手づくりをしてくださいね! クチュリエブログでは、ほかにも基本的な裁縫の手順や少し凝った刺しゅうなど、たくさんのお役立ち情報を掲載しています。

「コの字とじ」をすっきり仕上げる方法~角をきれいに出す縫い方もご紹介~

【関連記事】• ほつれやすい布はあらかじめ布端にジグザグミシンをかけておきましょう。

5
ちょっとだけ片側の糸調子を 緩めに縫って反対側の糸を 引っ張るとギャザーをよせることができます。

名札もゼッケンもワッペンも!たてまつりの縫い方【まつりぬい基礎】

これのくり返しです。

18
かかとまたは足の側面の1カ所で長さをはかり、その長さを全体の裾上げ幅とします。

返し口についての詳しい説明とコの字とじの縫い方【動画解説付】

私は糸はいつもデュアルデューティーの生成りを使っています。 ここでは布端を端ミシン(またはロックミシン)で始末しています。 返し口をあける、返し口を 縫い 残すというような言い方をします。

続けてアップリケ布の折り山に針が出るように布をすくいます。