アクセスジャーナル

記事を読んでいて、私は、山岡さんを、反権力の気骨あるジャーナリストだと思って尊敬しておりました。 」と言うのです。 また、警視庁が、犯歴情報という個人情報を消費者金融の武富士に流し、武富士からはお中元お歳暮などが出ていたほか、個人の信用情報を警察に流していた事件(いわゆる武富士事件)も、山岡氏は積極的に取材していた。

19
A氏の友人も大変な状況になる話です。 これが、自称正義のジャーナリスト山岡俊介氏の実像であり、その実態が、平成28年6月27日13:20から第526号法廷の証人尋問の場で、裁判所により、公式に認定されることになる。

安倍総理の「選挙妨害&工藤会放火事件」を追及の山岡俊介氏が事故で重傷!寺澤有氏「スタジオアルタの地下階段を降りようとした所、体が飛ぶようにして転落」 │ ゆるねとにゅーす

また、なぜアクセスジャーナルはペイするのか、その秘訣もご伝授いただきました。 某さんに書いてもらったものを、そのまま裁判所に提出したものです。 「新宿みたいな腐った街でも、まだ人情があったよ」と山岡さん は軽口を叩いていました。

14
小山氏は実際に、古賀候補の誹謗中傷ビラを配布した。

アクセスジャーナル

)とは一言だけ教えてあげたが、山岡氏本人も、A氏が元なのか?現なのか?判らないと言ってたので、私から教えてあげた。 高山住男さんは、報道とは、捜査権限を持っていないのだから、問題提起をして、あとは、捜査権限を持っている当局に委ねれば、それで報道の使命とは終わりになるのだとの考えでありました。 当時、今は廃刊した『噂の真相』が、放火事件の背景には、安倍事務所による選挙妨害依頼があった、と報じたが、他のマスコミはとりあげなかった。

山岡氏には、先日、東京地裁であった際に、山岡氏がA氏が元ヤクザだったとは知らなかったと言うから、私から申しました。

ワールドフォーラム2010年8月例会山岡俊介氏・寺澤有氏★佐宗代表一周忌のご報告

だが、 決してそんなことはない。 実際、小山は筆者の取材だけでなく、筆者の仲介で「週刊新潮」のインタビューにも応じる予定だった。

18
ノビチョクというのはそもそも「ロシア風イングリッシュ」だよ。

Nutsでは仲間割れ、事件化も。「ハコモノ」上場企業の増資“詐欺”手法2つ=山岡俊介

A氏の依頼で、7年間服役して出て来たらば、当のA氏が私に何とかして欲しいと懇願されて逮捕され事件で服役した私が、当の本人二人が、元の鞘か?なにか知らないが、以前の友人関係に戻って居て、私に対し、(おめでとう)と言ってはいけないです。

4
また、現在、 山岡俊介氏は、「安倍首相自宅放火未遂事件」(通称:ケチって火炎瓶事件)が原因と吹聴されている、平成30年8月7日夜9時ごろ、新宿駅東口のアルタスタジオ横の階段から転落し重傷を負った事実から、 ヒーロー扱いされている様相だが、その実像は、警察権力に恐れをなし迎合・協力していた実態が浮き彫りになっている模様だ。 本来であれば、山岡俊介氏は、佐藤昇に対し、「おまえ(佐藤昇)も、愚直に権力の監視(対みずほ銀行訴訟や対朝日新聞訴訟)なんかやってて、色々大変だろう。

アクセスジャーナル

一方、約3年前より、某ネットTVで番組を持っていた(月1回。 しかし、このスマートデイズ、シェアハウスの不動産投資を一般人(主に30から50代の会社員)に持ちかけ、 銀行を繋いで1軒当たり1億円超の不動産、建設費を融資させ、その物件を一括借り上げ、家賃保証する「 サブリース」と呼ばれる業者だった。 なぜ?そこまで、私の生活の面倒を見るのか?理由は簡単なのです。

1
本日、念のため、警視庁新宿署に相談。