簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

巻いてある内側(中央に近い部分)のほうがから、飛び出たキャベツを指で押し込みます。 その状態で煮る時間は 45分~1時間ほど、じっくりキャベツが柔らかくなるまでです。

9
ボウルに肉だねの材料を入れて粘りが出るまで捏ね、4等分にし俵型に成形します。

ロールキャベツ

キャベツが肉だねに1周きれいに巻き付いたら、キャベツの左右の葉を確認し、 切れ目のないきれいな葉の方を外から内に折り込みます。

16
キャベツのいちばん外側の葉がどの茎かを確認してから、外側から順に1枚ずつ葉をはがしていきます。

簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

キャベツの粗熱が取れたら、まな板の上に1枚ずつ広げ、すりこ木などを使って 茎の部分を何度かたたいて繊維をつぶし、巻きやすくしておきます。

7
指で押し込んだら、少し回転させ、同じように出ているキャベツを指で押し込みます。 日本 [ ] 日本独自のものとして、で結び、そのまま食べられる事があげられる。

ロールキャベツ

ここで 反対側の広がった葉の方をゆるく折り込みます(2枚目の写真のように、折り込んだ後の長さが肉だねから2~3㎝くらい出る長さで)。 残りのキャベツも同様にします。

Aを別容器で混ぜ合わせてから、それぞれの鍋のロールキャベツがAで浸かるよう、そそぎ入れます。 煮立ったら弱火にして、蓋をして30分ほど煮込みます。

ロールキャベツ

キャベツを鍋に落として箸で軽く押さえ、 2~3分ゆでます。

14
中まで火が通り、キャベツがやわらかくなったら火から下ろし、爪楊枝を外しローリエを取り除いて、器に盛り付けて完成です。

簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

レンジ加熱が終わればラップをはずし、はじめに包丁の切っ先で芯の部分をくり抜きます。 キャベツはそのまま葉をはがすとバリバリに割れてしまうので、 ラップをして丸ごとレンジで加熱するとよいです。 ゆで上がったら箸で茎の部分を持って取り出し(この時水が下からポタポタ落ちるので、その状態で少し水切りするとよいです)、バットに取ります(水に浸けたりはしないです)。

19
ボウルにすべての材料を入れて、しっかり手で混ぜ合わせます(手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして偏りなく混ぜるようにしましょう)。 今回作るロールキャベツは肉だねの分量換算で12~13個分の仕上がりなので、大きな葉は1枚として考え、小さい葉は2枚使うとして、枚数的に少し余裕を持ってはがしておきます。

基本のロールキャベツ 作り方・レシピ

そのまま食べても美味しいですし、ケチャップをたっぷりかけて食べても美味しいです。

1
特に爪楊枝も使わず、きれいな形で煮崩れもしにくい巻き方だと思うので、ぜひ参考にして用意してみてください。 粗熱が取れたら芯を削ぎ落とします。

簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

上の工程で軽く折り込んであるので、はじめにその部分を押し込むようなイメージです。 茎の部分もやわらかくしたキャベツの葉をまな板に広げ、中央より手前側に肉だねを置きます。 いろいろ試した結果、 「1個丸ごとを使う」「レンジにかけてから葉をはがす」「その後にゆでる」という下ごしらえがいちばん作りやすいと思いました。

19
巻き終わりを下にして鍋に入れ、スープの材料を加えて中火で煮込みます。

簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

600Wで5分加熱すれば、1kgのキャベツなら葉を最後まではがしやすくなると思います。 キャベツに関しては1個の大きさがまちまちなのですが、 小さめの玉(1kg)ほどを使うと作りやすいと思います。 しっかり全体が混ざったら、ボウルの中で肉だねを4等分にして、ひと塊を3つの俵型にざっくりと取っておきます。

13
鍋にお湯を沸騰させキャベツを入れて2分ゆで、取り出します。