【刑事事件】 裁判・公判の流れや注意点を確認しよう

罰金刑が法定された犯罪で、被疑者が事実を認めており、初犯であったり犯行態様が悪質でなかったりした場合には、検察官が「 略式起訴」とすることがあります。

6
刑事事件は在宅事件と逮捕が行われる事件の2種類に分類できる。

刑事事件の流れ〜弁護士へ依頼することで裁判を避け不起訴に!

逮捕や勾留中に被害者と示談できると、不起訴になる可能性が大きく上がります。 裁判の回数は起訴事実に対する認否や事件の難易度によって異なります。 そこで、ここからは弁護士に相談できる様々なサービスについてご紹介します。

4
起訴後の最初の勾留は2ヶ月、それ以降1ヶ月ずつ更新されて刑事裁判が終わるまで身柄拘束が続くのが通常です。

刑事事件の流れ

刑事手続きの3つのパターン• 順番は,原則として弁護人,検察官,裁判官の順になります。 この送検によって、事件は警察から検察へと指揮権が移ることになっています。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。 検察からの勾留請求がされた場合には、裁判官からの質問を受けます。

書類送検とは|逮捕とどう違う?前科はつく?前後の流れも解説

しかし、実際の正式裁判はより 事務的で、淡々と進むことが多いです。

16
最長で10日という事ですから、勾留が決定しても10日以内に被疑者が釈放されて日常生活に戻れることも十分にあり得る話です。

刑事事件の流れを図解|身柄拘束の期間は何日?捜査から起訴後の流れを解説

事故状況の記録や目撃者の確保• 起訴 公訴を提起することを起訴といいます。 有罪が断定できる証拠を提示できなければ、被告人の有罪は証明できません。

12
一度勾留が決定すると、勾留満期までチンタラと捜査が行われ、丸一日留置場内で放置されたりする事も珍しくはありません。

刑事裁判の流れ|知っておきたい刑事裁判の流れを解説|あなたの弁護士

黙秘権の説明 審理が始まる前に、裁判官から 黙秘権の説明があります。

10
(例外あり)• 前科とは、刑事裁判で有罪判決が下された履歴のことを意味しているのです。 また,被害者のある事件では,事件が警察段階にあるうちに示談交渉を行ったほうが被害者に被疑者の誠意を感じてもらえるケースもありますので,逮捕されていなくても、早めに弁護士が付くことは非常に大きな意味を持ちます。

刑事事件とは?民事事件との違いと刑事手続きの流れ

民事裁判では、和解勧試(和解による解決が裁判官によって勧められる)が多いです。

10
2 上告審 控訴審の判決に不満がある場合,判決翌日から2週間以内に上告することができます。

刑事事件とは?民事事件との違いと刑事手続きの流れ

被疑事実に対する認否、事件の難易度などによって、取調べの時間や回数は異なります。

9
被疑事件が罪とならない場合 被疑者が犯罪時14歳に満たないとき,被疑者が犯罪時心神喪失であったときなどです。 少年とは,20歳に満たない者を意味し,家庭裁判所の審判に付される非行のある少年は, 1 犯罪少年(14歳以上で罪を犯した少年), 2 触法少年(14歳未満で 1 に該当する行為を行った少年-14歳未満の少年については刑事責任を問わない), 3 ぐ犯少年(保護者の正当な監督に服しない性癖があるなど,その性格又は環境に照らして,将来,罪を犯し,又は刑罰法令に触れる行為をするおそれがあると認められる少年)に区別されます。