動画:ナスカ近くでネコ科動物の地上絵発見、ペルー文化省 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

またナスカの地上絵は「カッコイイ」という印象もあり、多岐にわたって商品化されています。 作品が描かれた様式から、制作されたのは紀元前200年~100年ごろのパラカス後期と推定している。

19
ユネスコによると、地上絵は450平方キロの範囲に点在していて、描かれたのは紀元前500年~紀元500年ごろだった。

南米ナスカの地上絵は巨大ネコではない! 専門家解説「宇宙人拉致事件の証拠」「3本の角が生えた異星人の絵」も発見!

ペルーの文化省は16日、世界遺産の「ナスカの地上絵」の保全作業をしている考古学者らが、幅37メートルの新たな地上絵を発見したと発表しました。 またナスカの地上絵は「カッコイイ」という印象もあり、多岐にわたって商品化されています。

さらに竹本氏は「このネコ、よく見るととっても変なのです」と奇妙な点について明かす。

まるで落書き?ナスカで新たに「ネコの地上絵」発見 パラカス文化後期のものか (2020年10月24日)

なお、話題や流行をいちはやくイラストにしてしまうことで知られているフリーの素材サイト「」は、さっそく今回見つかったネコの地上絵のイラストを発表しています。

3
地元メディアが報じた。 ペルー文化省によると「絵は非常に険しい斜面にあり、自然の侵食によって消えかかっていて、かろうじて見える程度だった」という。

ペルーで見つかった最新の地上絵は、巨大ネコ!

この地上絵がカンガルーだとすれば、それがもっとも適切な説明と言えるかもしれない。 これまでに知られている地上絵より古い時期のもので、急な斜面に描かれていたため自然の浸食でほぼ見えない状態だったということです。 1920年代にペルーの考古学者が発見し、1994年にユネスコの世界遺産に登録されている。

18
それは2,000年ほど前のものとみられるという。

ペルーで見つかった最新の地上絵は、巨大ネコ!

文化省の担当者は、ドローンなどの技術の発展により低い高度からの撮影が可能になったことで、今後まだ新たな地上絵が見つかるだろうと話しています。

15
2018年には現地の考古学者チームがドローンを使った調査で、ナスカの隣のパルパで新たな地上絵を50点以上発見した。 しかし今回発見された地上絵はアンデス文明形成期のパラカス時代に当たる、紀元前500年から紀元200年に描かれたものとされている。

新たに見つかったネコのような地上絵 いらすとやが早くもイラスト化

長年研究していたドイツの故マリア・ライヒェ博士が、過去に杭とヒモを使い、どんな絵も描けることを証明したが、地上絵はあまりに巨大なのに驚くほど緻密。

12
ナスカの地上絵に近いがナスカほど有名でない「パルパの地上絵()」は、このパラカス文化のものとされている。

まるで落書き?ナスカで新たに「ネコの地上絵」発見 パラカス文化後期のものか

ペルーは新型コロナウイルスの影響で中止していたナスカの地上絵の観光を11月に再開する予定。 Twitter上でのナスカの地上絵「古代猫」の反応は? あまりにも雑というか子供が書いたような絵から「かわいい」「フェイク?」「噓でしょ」「偽物じゃないの?」などTwitterでも話題です。 2010年代には山形大学人文学部の坂井正人教授を中心とする研究グループがナスカ大地南部でこれまで未発見だった地上絵を多数発見している。

いらすとやは、使いやすいイラストが大量にそろっていることで知られる素材サイト。 これにより、古代の人々が他の大陸を訪れる方法がなかったにもかかわらず、ピラミッド型の建造物が世界中にある理由も説明できます。

ナスカの地上絵にかわいい猫が新登場!なぜ今まで見つからなかった?

by Diego Delso ナスカの地上絵の主任保存修復士である考古学者のジョニー・イスラ氏は、スペインの通信社であるEFE通信の取材に対し、「ここ最近、ドローンを使って非常に低い高度から地上を撮影できるようになったため、新しい地上絵の発見に大いに役立っています」と話しました。 口が丸すぎます。

これほどの発見ラッシュがありながら、地上絵が描かれた「目的」については、雨乞いの儀式に使われたのではないかなど諸説あり、まだはっきりしたことがわかっていない。 制作された時期は約2000年前で、ペルー文化省で地上絵保護を担当するジョニー・イスラ氏によれば、他の地上絵より早い時期に描かれたものとのこと。

元AKB48小嶋陽菜が描いた? ナスカの新作地上絵「古代ネコ」

修復作業を最近ほぼ終えた。 誰が、どんな目的で製作したのかさえ、研究者間でコンセンサスが取れていない世界的ミステリーだが、その謎がさらに深まる新たな地上絵の存在が明らかになった。

2018年には現地の考古学者チームがドローンを使った調査で、ナスカの隣のパルパで新たな地上絵を50点以上発見した。