【馬と鹿】米津玄師の新たな神曲&真骨頂!歌詞の意味を真剣考察

その 「止まない」夢が選手をさらに上、さらに上へと突き動かしていきます。 なんと、「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当しているのは米津玄師さんです。 明日には何もなくなるから、さよならだけが僕らの愛だ。

13
そんな切ない別れを歌っています。 さらに、楽曲を深追いしていきます。

米津玄師の『馬と鹿』の歌詞の内容とその魅力とは

不器用で愚直で本能のままに進む馬鹿であることこそ、困難に立ち向える人間らしい純粋な力を手に入れるヒントなのだ。 また、鹿島神宮や春日大社では鹿が神の使いとして丁重に保護されているようです。

13
その行為から、求める事象に対して、簡単に答えを出さず、何度も何度も試行錯誤して模索する執念深さが感じられる。 恋人同士としての愛。

【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味考察!スポーツの美しさを描いた曲

苦しい思いをした時の記憶が、あの時もあった口の中のガムに残っていて、噛み締めるたびにその時の記憶がフラッシュバックする、みたいな。 苦しみを乗り越えてさらに強く羽ばたこうとする選手の強さが描かれています。

18
軍馬としてまた移動手段として用いられ幅広い分野で活躍していたのです。 麻酔も打つことなく、その痛みを噛み締めながら厩舎まで歩く姿がイメージできます。

ラグビーをテーマにしたドラマの主題歌「馬と鹿/米津玄師」を3分で解説してみた|アップるオレンじ|note

米津玄師「馬と鹿」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 現在公開されているのは、今回紹介したドラマ後半で流れた部分だけです。 「春」と聞くと花が咲いて美しいイメージですが、ここでは 辛い時期の象徴として描かれています。 :Orchestra• 歌詞で重ねられる〈ない〉は、タイトルの漢字から連想される言葉の意味を打ち消しているのか。

11
そのため、まずはあらすじを簡単に説明していきます。 その先に待ち受けていたのは、 ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーへの任命でした。

この感情の名前を教えてくれ、米津玄師「馬と鹿」の意味とは?

横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。

6
米津玄師さんが言っていた通り、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をストレートに表現した歌詞ですね。 素敵な作品をありがとうございました。

【馬と鹿】米津玄師の新たな神曲&真骨頂!歌詞の意味を真剣考察

意に沿わない左遷は彼にとっての逆境を生 み出しました。 という問題にぶつかります。 1番では人間の「力強さ」を描いていますが、2番では 人間の「弱さ」も描いています。

13
。 ここから歌詞は「ただひとつだけ」続いていきます。

米津玄師 『馬と鹿』 曲が持つ奥行きに物語を思い描いてしまう作品

続いて 「鹿」について考えてみましょう。

これは、主人公が想いの女性に告白して、付き合った後 キスをするシーンを表現しているのでしょう。

夏の奇跡【KALMA】歌詞の意味を考察!夏が凝縮された一曲!

自粛や、逆に活動を行う人もいる ここだけはかなり解釈が難しいです。 こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。 率直な「馬鹿」より、見栄えが良いから。

17
それを踏まえると、ここの部分は チームを想う心 が描かれているのだと思います。 :Vocal• 【目次】• 「 生き足りない」 その渇きが前へと進む原動力になっています。

米津玄師 『馬と鹿』 曲が持つ奥行きに物語を思い描いてしまう作品

前作の『』からは約一ヶ月という、なかなか早いスパンでの新曲の公開になります。 週間1位(、11週連続)• そして今、無意識にずっと噛んでいた口の中のガムの存在まで気づくことになってしまった。 だからこそ生きることに悩む人々の、心に響く楽曲を提供することが出来ているのでしょう。

ですから馬は 「富や権力」の象徴であり 「高貴」なイメージもあります。