【デュエプレ】ラッカビートダウン デッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

このデッキはフィニッシュまでのルートの逆算が必要な分、ビートダウンデッキの練習にも持って来いです。 デッキを組むまでのメインストーリーとミッションの消化にも役立つので、参考にしてみてください。

15
AllDivision最強デッキランキング 攻略班独自の評価によるデッキランキングです あくまで攻略班独自の評価によるデッキランキングとなっているため、参考程度にご覧ください。 このデッキの改良案 このデッキの3つ改良案を用意しました。

CS優勝・入賞デッキレシピ|デネブログ

デッキから光文明の小型獣を呼び出すブロッカー。

6
序盤は《フェアリーライフ》や 《青銅の鎧》でマナを伸ばしましょう。 中盤はデスモーリーやボルギーズ等優秀な「デーモンコマンド」が多く、相手のクリーチャーを破壊しながら、自分のフィールドには比較的パワーの高いクリーチャーが残る場合が多い。

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエル・マスターズ プレイス】

リソース面を支えるクリーチャー。

8
【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキより若干速度は落ちますが、水文明のドロー力が加わっているため経戦能力が上がっています。

【デュエプレ】初心者向け 序盤の効率の良い進め方【デュエル・マスターズ プレイス】

。 手札が潤沢であれば、パワー13000T・ブレイカーを一度に横並べ可能だ。

3
登場時に墓地から小型獣を呼び出すゴッドクリーチャー。

【デュエプレ】19連勝した最強のターボ型天門デッキ!速攻相手にめちゃくちゃ強い。5弾/新弾 #18【デュエルマスターズプレイス】

ピカリエとアールフリートが エンジェルコマンドであり、パワーも比較的序盤は倒されにくいため、フィールドにエンジェルコマンドを残して スでシールドを破壊していくデッキ。 全て水文明で構成されるデッキでは優秀なリソースとなる。 《クック・ポロン》は破壊とマナ送り以外実質除去にはならず、 《奇襲兵ブルレイザー》はアタック条件はあるもののパワーラインが高いアタッカーです。

速攻デッキには強いですが、 《クリスタル・パラディン》や 《クリムゾン・ワイバーン》等のブロッカー対策には滅法弱いです。

【デュエプレ】無課金・初心者向けデッキ紹介

デネブログはデュエル・マスターズのコンボやデッキレシピをメインに、 頭のおかしいユニークな記事をお届けする個人ブログです。 火の除去系呪文。

14
進化元となる ヴェールが非常に優秀であり、破壊されたドラゴンを墓地から手札に加えられるため、破壊されても何度でも大型ドラゴンを召喚できるのは大きな強み。 守りをしっかり固めたら《雷鳴の守護者 ミスト・リエス》を召喚して後続を確保しましょう。

【デュエプレ】無課金・初心者向けデッキ紹介

1位:光水文明の混合デッキ 初心者におすすめのデッキ第1位は、光と水の混合デッキになります。 デッキの中身は、• 《灼熱波》はこれらのクリーチャーを一掃することができます。

7
「今までにない、デュエマの新たなエンターテイメント文化を創りたい」 という想いで、テレビ局のADから転職しガチまとめ編集者となった。

【デュエプレ】無課金・初心者向けデッキ紹介

壁をたくさん出す戦い方でもいいですが、 (狙えそうなら)序盤から殴りに行っても良いでしょう。 分解(プレミアム) 生成 SR1枚に必要な分解枚数(プレミアム) C 10(30) 50 240枚(80枚) UC 20(30) 100 120枚(40枚) R 70(200) 300 35枚(12枚) VR 200(550) 800 12枚(5枚) SR 600(1700) 2400 4枚(2枚) カードの分解と生成を上手く使って、必要なカードを手に入れましょう! 6.デッキを完成させよう 以上の1~5をしっかりこなせば、無課金でも1デッキは作ることができます! 後はランクマッチで対戦しつつ、より強いデッキになるように調整していきましょう。 カードが集まってきたら、SRやを増やして、世界に一つだけの自分のデッキを組んでみてください。

8
バトルゾーンに進化クリーチャーが出るたびに1ドローする。 【ボルコン】と戦略が類似しているため、環境によって使い分けることが望ましいです。

【デュエプレ】19連勝した最強のターボ型天門デッキ!速攻相手にめちゃくちゃ強い。5弾/新弾 #18【デュエルマスターズプレイス】

弱点だったドローソースも水文明を加えることで、進化元のドラゴンとバジュラ・バイラスをそろえやすくなっている。 《クック・ポロン》等のビートダウン用軽量クリーチャー• ポイントが貯まってきたら 《機神装甲ヴァルディオス》を 《機神装甲ヴァルボーグ》 に入れ替えましょう。

3
ある一定の分野において、最強のカードというのは存在するのですが、 必ずしも全状況に対応できるなんてことはあり得ません。 基本的には、Tierランクが上位のデッキほどデッキパワーが高いものが多い。