【最新刊】ようこそ『追放者ギルド』へ2 ~無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります~

〈ステータス・スカウター〉という能力を数値化&視覚化してくれる便利アイテムが登場したことで、世間では高ランクのパーティがステータスの低い仲間を追放することが流行となっていた。 と言った成立過程はどうでしょうか。

果たしてアイゼン達の元に次に現れる仲間とは。 ステータスなどという数値でしか仲間を判断していなかった結果が、今なのである。

冒険 者 ギルド へ ようこそ

逆に、メンバーを引き抜かれたSランクパーティやステータスの数値しか見れない者たちは転落と失墜の道を辿り、本当の無能は誰なのか思い知ることになる…… 「パーティが潰れそう? そんなの、大事な仲間を追放する方が悪いんだよ」 カクヨム様にも掲載しております。

16
他にも細々とした設定があるのですが、成程、確かにそう考える事も出来る。

ようこそ『追放者ギルド』へ ~無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります~(KADOKAWA)の通販・購入はメロンブックス

そこで主人公の隠し能力である 「鑑定眼」 ステータスだけでなく、その人の持つ「隠しスキル」までも 見通す能力で見てみると 超第六感 要するに、危険な罠やモンスターの出現位置を 予測できるスキルです。

1
そしてギルドの門を叩く新たな仲間の候補が二人。 もちろん彼らは敵対勢力から見れば、ただの山賊であり、海賊です。

冒険 者 ギルド へ ようこそ

言うまでもないだろう、壊滅、そして没落。 「キミはもう、弱いだけのなんかじゃないんだ!」 結ばれていく不器用な師弟関係、それを引き裂くかのように死霊術士に操られ襲来する、古代竜の亡霊。

16
それに中世に於いて軍隊などの強い権力を持つ王政がキリスト教を中心にした一般市民達の団結に寄って弱まった事も原因で有り此の時代に「カノッサの屈辱」と言われるイタリアの皇帝がキリスト教の教皇へ謝罪をし許しを乞わせると言う絶対王政権力から宗教の教皇の方へと権力が移行し始めた事も関係して居る。

冒険 者 ギルド へ ようこそ

追放もの、それがどんなものであるかはを嗜まれる方が画面の前の読者の皆様の中におられれば既にご存じであろう。 「その子を追放するんですか? じゃあウチが貰いますね」 かのに、ステータス主義に疑問を持ち、その風潮を変えたいと願う青年がいた。

16
さて、突然ではあるが私は一つ、疑問というか自分の中で永遠の議題となりかけている命題が一つ存在すると告白したい。

ようこそ『追放者ギルド』へ2 ~無能なSランクパーティがどんどん有能な冒険者を追放するので、最弱を集めて最強ギルドを創ります~ メソポ・たみあ:ライトノベル

奴の 弱点 コア を破壊したのだ。 >冒険者ギルド まぁ、実際のヨーロッパ史に当てはめてしまえば一番近いのは 中世の『傭兵団』や大航海時代の『私掠』でしょうね。

15
類稀なる隠れスキルの持ち主で 仮メンバーの3人はこの後の困難に 立ち向かっていきます。 確かに優れた直感を持つとは書いてあったが、隠しアイテムの発見にまで転用できるなんて便利過ぎるだろう。