リザードンVMAXスターターを改造しよう!(デッキレシピあり)

VMAXポケモン相手に1撃で倒せない場合は、無理せず「ツメできりさく」を挟みながら2回攻撃で倒していきます。 ボルケニオン 拡張パック「ダブルブレイズ」に収録されているボルケニオンです。 後攻では3つエネルギー加速が行えるからリザードンVMAXでそのまま次のターンでキョダイゴクエンを打つことも出来るわよ。

これもムゲンダイナ効果か。 三神を出さないプランを取られたとしてもリザードンVがザシアンをワンパンできるのはもちろんのことボルケニオンのこうねつばくはでもワンパンできるので焦る必要はない。

「リザードン」「リザードンVMAX」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! | ポケカミンV

海外では日本でいうところのBレギュレーションのカードの多くがスタン落ちと発表されました。 このデッキはGX技を使うポケモンがいません。 このデッキはGX技を使うポケモンがいません。

かっこいいですよね。 ゲームを捲れる点や、このカードで作れる優位性の価値が大きいため、2枚の採用としました。

【ジムバトル優勝デッキ】リザードンVMAXデッキレシピ 【ポケカ】

アデュー。

最近のポケカはどうも初動で一気にエネ加速が当たり前になっている現状もあって、エネルギーが4つ位であればすぐにキョダイゴクエンでドーン!という簡単な流れ。

「リザードン」「リザードンVMAX」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! | ポケカミンV

炎エネルギー5枚で《》を作って「キョダイゴクエン」を使うと、次のターンにもエネルギーを張らないと使えないため後続を作ることができず、さらに《》を打つこともできません。 スターターデッキを元に組むのであればセキタンザンのエネ加速+格闘道場をシングルで購入しデッキを構築することで足りない打点を補える。 それを記念して、皆様に紹介しようと思うのだ。

後はザシアンが炎弱点のため、ボルケニオンでもワンチャンとれる。 スタートは《》の方が嬉しいため、《》3枚《》2枚となっていますが《》が環境に多いと感じたらここの採用枚数を逆にしてもいいと思うので、環境を見て採用枚数を変化させて見ましょう! 《》1枚 HP300を超えるポケモン(VMAXポケモン)や《》のHPを調節して《》や《》が1撃で倒せるようにするために採用。

【ポケカ】リザードンVmaxデッキ紹介【王の帰還】|ので|note

王ともなれば、首周りをおしゃれに決めるだけで全てのデッキに対応しうる力を得るのである。 そこで《》を使いながら新しいHP満タンの《》で攻めることができれば、そう簡単に倒されることはないでしょう。 そのせいでデッキの回転がすこぶる悪くなってしまったのだ。

1
こいつのせいでジラーチがエスケープボードをつけても帰ってこれない。 「リザードンデッキの特徴はエネルギー加速からの高打点。

【ポケカ】リザードンVmaxデッキ紹介【王の帰還】|ので|note

リザードンデッキこと【リザードン】デッキや「リザードンvmax」デッキの環境採用カードである「リザードンvmax」デッキの優勝デッキレシピや主要カードの紹介。

さるぢえを使いまわせたりもするし、フレアスターターの返しにやられなくなって邪魔になってしまったボルケニオンを回収したりもする。

ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【リザードンVMAX】

(というかほぼそんな感じ) 結局のところ、どんなに対策をしたところで こちらの展開が遅れてしまえば意味をなさない。 ・ともだちてちょう 1枚 溶接工やボスの指令といった強いサポートカードは何回でも使いたいので採用しました。 なぜならサイドを5枚取ってるので。

20
「リザードンデッキ」とは 「リザードンデッキ」 リザードンデッキ・リザードンVMAXデッキは速攻でのエネルギー加速による「キョダイゴクエン」を打つことにより、300打点を使いつつサポートを駆使して戦うデッキです。 ポケモン(19) 3枚 3枚 1枚 3枚 3枚 1枚 1枚 1枚 2枚 1枚 グッズ 18 クイックボール 4枚 ポケモン通信 3枚 ポケモンいれかえ 3枚 回収ネット 4枚 炎の結晶 1枚 燃えるスカーフ 3枚 サポート 8 溶接工 4枚 エリカのおもてなし 1枚 とりつかい 1枚 ボスの指令(サカキ) 2枚 スタジアム 2 巨大なカマド 2枚 エネルギー 13 基本炎エネルギー 10枚 トリプル加速エネルギー 3枚 え、フーパいないじゃん! って思ったあなた。