「キングダム セブンフラッグス」特徴とリセマラ最強をこだわり解説!!

なので、武将・副官を合わせて、別名キャラを10体編成することができます。 戦場でバトルのチュートリアルが始まります。 実際の戦闘と同様で、軍師となり崖の上から立っているような視点で全軍を指揮をします。

4
対城攻撃力を2倍以上にできるのは大きいですね。 攻撃速度102というのは星6武将で2位なんですが、 将章や技能を考えると実質的にはナンバーワンのスピードスターです。

ナナフラの鬼神化武将おすすめランキング2020!最新の評価は?

あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます lol. なので各大将にする武将の特徴・属性で自分の手持ちの武将の使い方が変わってくるかと思います。 王齕は周回にも使えるし、使いどころの多い副官ですよ。

10
1000回やって検証済み。

ナナフラの最強パーティー部隊の編成のコツ(セブンフラッグス)

おまけに攻撃速度が85と星6武将では10位に入るほど高く、 5凸にして将章をつけることで100を超えてきます。 バトルはリアルタイムに進行し、敵武将に近付くと戦闘開始が開始され、スワイプで操作できるのでアクション性が高いです。 技能封印耐性が0なので、開戦20秒の時点で封印状態だと、大将技能が発動しなくなるので注意が必要。

19
今リセマラするのであれば、上記6体の内1体当てて、石50貯めて河了貂当てにいったほうがいい。 必殺技の範囲が少し短いのが残念ですが、 剣武将以外であれば威力も強力です。

録鳴未(ろくおみ)

攻撃速度を重視した布陣です。 剣の武将で、攻撃速度が100以上のキャラであれば、王齕と組めば、かなり使える組み合わせになります。

17
ちなみに割合ダメージは25%となってます。

バフ率ランキング ナナフラ最強の武将・副官達

他のスマホゲームでは10連やそれ以上回せることが多いですが、ナナフラではこのガチャ1回のみなので、このガチャを回した結果によってリセマラをすることになります。 攻撃力とDPSが星6武将の中でも3本の指に入るくらい高く おまけに会心率まで優れている屈指のステータス。 DPS:1466• DPS:876• まあ、同じキャラでもレア度が違うと、強さも段違いなんですけれども。

9
必殺技の攻撃陣形は、 自軍の防御力を下げる代わりに攻撃速度を上げるため、一気に畳みかけるときに使用しましょう! ちなみにこの技は、 自身は攻撃力及び会心率が上がるという完全なる戦闘モードになるので、防御だけじゃない公孫龍が活躍するタイミングでもあります。

録鳴未(ろくおみ)

必殺技の即撃ちパーティに最適ではないんですが、 常時、必殺技ゲージの上昇速度を上げてくれるため、 ゲージが溜まるのがかなり速くなります。 この鬼神・羌瘣に副官・楊端和をつけて回避率をさらに高め、 援武将・河了貂で支援すると完全に無双状態に入ります。

1
対城攻撃力が5凸で 115%アップなので 攻城戦で使うと槍アタッカーの攻撃力が2. 武将名:龐煖(ほうけん)武神• 悪魔的なほど戦闘力に長けている龐煖ですが、その力はセブンフラッグスでも健在です。

「キングダム セブンフラッグス」をPCでダウンロード

ではまたー! taka フーゴさん、はじめまして!毎日楽しくスキカケの記事を拝読しております。 40倍程度のアップ率として計算します。 秦国の条件を満たすと、 2. 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。

ですので王騎軍オールスターズとして10位にランクインしました! キングダムセブンフラッグス(ナナフラ)の鬼神化武将おすすめ評価ランキング!第9位は? 第9位は 白起(ハクキ)~秦国六大将軍~です。 このゲームは、攻撃速度がものを言うのですが、 防御力が弱いと、刀や槍なら敵に到達する前に、弓でやられてしまいますので、防御力も重要な要素になります。

「キングダム セブンフラッグス」をPCでダウンロード

介子坊と使うと単独でも即撃ちできるため 領土戦の通常や大戦略戦などでも大活躍してくれます。 昼の森地形に特化しています。

14
リセマラの流れ ゲームをインストールして立ち上げると、ムービーが流れます。

「キングダム セブンフラッグス」をPCでダウンロード

DPSなどの攻撃性能がズバ抜けているんですが、 それに加えて回避率が信じられないくらい高いです。 部隊に将軍を配し、副将などを組み合わせたり、部隊を強くして合戦にのぞみ、勝利するのが目的です。

16
大将技能は常時自軍の防御力を大アップさせます。 リセマラの際はタップ連打でどんどん進めていきましょう。