中島翔哉が、リフティングドリブルして報復された理由を動画とともに公開!

2-0と日本リードで迎えた前半終了間際、 中島翔哉選手がドリブルからリフティングしながた進んでいると、相手FWサナブリア選手から激しいスライディングタックルを受ける場面がありました。

日本ではそこまで馴染みがないと思いますが、南米や欧米ではサッカーの試合中にリフティングやヒールリフト、股抜き(場合による)などの技をした時には、報復の対象になってしまうことがあります。

中島翔哉 反省のドリブル動画で相手がブチギレててワロタwww

試合は前半23分に日本が左サイドを崩し、DF長友佑都(ガラタサライ)のクロスからFW大迫勇也(ブレーメン)が合わせて先制。 まあ、サッカーのルール違反をしているわけではないですからね。

12
一つ勉強して少し賢くなったね中島さん。 激高するパラグアイの選手3人に囲まれる中、主審はサナブリアにイエローカードを提示したが、「相手選手も怒っていたので謝りました」と説明した。

中島翔哉リフティングドリブルとポルト監督激怒を検証!動画はあるの?

そこで気になるのが、中島選手の嫁はどんな方なのだろうという事ですよね。 これを受けた中島は、受けたボールを左右の足でリフティングしながら、ペナルティーエリアに侵入し、ゴールライン際で、左足のクロスを送った。

4
その行為が相手からすると調子に乗るなと思ったのであーいう悪質なスライディングがきたのでしょう たかが親善試合でブラジル、アルゼンチンなど一流集団ほどこういうラフプレーはないです なぜかというと自分の方がもっと上手いという自信があるからです。

中島翔哉、リフティングドリブルを反省。「相手選手は怒ってたので謝りました」

実際に今回、中島翔哉選手が報復を受けた時点では日本が2点のリードをしていました。 ボリビア戦の試合前には、一人でリフティングをしている中島選手の様子も見られ、サッカーを楽しみたい、という中島選手の想いが感じられます。

なんも思わない人もいれば楽しく見る人もいて、挑発と受け取る人もいる いろんな見方があって普通なんだから自分の考えと違って当然• 何故中島が謝る? サッカーは意味がわからん• サッカーに限らず、スポーツの所謂「暗黙の了解」みたいなのが理解出来ない。 中島翔也に海外の反応は? これに対し、中島選手に対する海外の反応はどうなのでしょうか? 「中島が最悪だったのと、コセイソン監督は直ぐに感情的になる人だから!」 「彼はちょっとテクニカルすぎるから、父親は彼をベンチにするだろうな!」 「皮肉なことに彼の父親のもとでプレーする事はないだろう!」 「ナカはいい選手だが、ポルトのスタイルにあまり適応していない!」 「あまりにもプレーが軽かった!」 「これで彼は終わったな!」 批判的なコメントが集中していました。

中島翔哉、リフティングドリブルを反省。「相手選手は怒ってたので謝りました」

そのシーンを振り返り「いや、特に何も考えてなくて、ただああいうプレーで気分を害した人がいるんだったら、全然僕はそれを目的にしてないんで、謝りたいと思いますし、ただまあ相手チームの選手は怒ってたので、謝りました」と語った。

18
テクニックがあるプレーヤーは、ピッチでテクニックの無い選手に配慮したプレーをしなければならない義務があるのか? ばかばかしい」 スポンサーリンク 動画も下に貼り付けました。 サッカーで報復されるのはどんな状況?ネイマールの事例も紹介! 次はサッカーで報復される時の状況や、これまでに起こったサッカーの有名な報復行為について紹介させて頂きます。

なぜ中島翔哉選手のリフティングドリブルは煽りと捉えられるのですか?

2-0と日本がリードして迎えた前半アディショナルタイム、自陣でのこぼれ球に中島が反応。 10日に控えるカタール・ワールドカップ2次予選のミャンマー戦に弾みをつけた。

とんでもない!」「試合前にフェアプレー宣言をしていたはずだが…」「疑いようがない、レッドカードに値する」「このプレーで激昂するのがおかしい。 「挑発」と感じたパラグアイ選手は激怒し、後方からタックルを浴びせた上、中島選手に激しく詰め寄りました。

中島翔哉、リフティングドリブルを反省。「相手選手は怒ってたので謝りました」

その時の動画がこちらですが、一体なにがあったのでしょうか? ポルトのコンセイソン監督が中島翔哉に対して激怒。 試合終了後には中島翔哉選手も、あのプレーについては謝罪しています。

17
日本でのプレー経験しかない選手とは違うのだから、そういう意図はなかったなんて言い訳は通用しないでしょ。

なぜ中島翔哉選手のリフティングドリブルは煽りと捉えられるのですか?

米大リーグで大量リードした場面での盗塁などが挑発行為ととらえられ、故意死球による報復につながるのと同じ構図だ。

17
余裕があって良いと思う。

中島翔哉はリフティングドリブルを釈明→あれで怒るほうも気が短すぎだと思うけどね。

それで行くならそれでも良いけど、だったらスポーツマンシップがどうとか言わないでほしいし。

吉田麻也がヘディングでクリアした浮き球を中島翔哉が迎えに行くものの、 周囲にパラグアイの選手がいないことをまず確認。