酒田河川国道事務所の特殊車両通行許可/山形県の特車申請

このサイトをご覧になって、ご自身で特殊車両通行許可申請をやることに少しでも不安になったらお気軽にご連絡頂ければと思います。 寒河江ダム• 通行止めの係の人と、話したら、魚取ってきて〜と、笑顔で言われましたが…😓 水道関係の人達も、水位が下がるのを待つしか無さそう。 また、距離測定機能がありますので東北地方整備局酒田河川国道事務所と最寄の交通機関(最寄駅やバス停など)の位置関係を事前に把握することも可能です。

6
実際に一般には立ち入ることのできない現場も多く見せていただいたので、河川、道路の分野に大変興味を持った。

酒田 河川 国道 事務 所

。 更新間隔は30分で気象データは記載されていないです。

6
それ以外の環境でご利用の場合には、一部機能が使用できない可能性がございますのでご了承ください• 米沢スキー場• 地図情報の中には東北地方整備局酒田河川国道事務所周辺の道路情報や周辺施設の情報も掲載されていますので画面を動かしながら現況を確認してください。

インターンシップ報告(その3)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」

3MB シーズン5 (平成30年5月9日~平成30年6月30日実施) PDF:4. また、詳細な地図へ移動するとルート検索や距離測定機能がありますので東北地方整備局酒田河川国道事務所と最寄の交通機関(最寄駅やバス停など)の位置関係を事前に把握することも可能です。 しかし、特殊車両通行許可申請をするには車両の外観図が必要になったり、自分で経路図を作成したりと面倒くさいことがたくさんあります。

このサイトにはがたくさん書かれています。 舟形トンネル• 東北地方整備局酒田河川国道事務所の周辺を地図でチェック 東北地方整備局酒田河川国道事務所(山形県酒田市上安町1-2-1)周辺の詳細な地図画像をグーグルマップ(Google Map)のように自由に画面を動かすることができる仕組みを利用して掲載しています。

インターンシップ報告(その3)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」

スマートフォンでも下記のアドレスでご覧いただけます。 わかりやすい地図、アクセス情報、最寄り駅や現在地からのルート案内、口コミ、周辺の省庁・国の機関情報も掲載。

8
道路管理について 5日目• 8MB シーズン6 (平成30年9月10日~平成30年12月7日実施) PDF:3. 関山トンネルなど 国道47号線• 例えば会社が山形県酒田市にある場合は酒田河川国道事務所に申請をするのが一般的です。 インターンシップ実習報告の第三弾は、国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所でお世話になった小竹里沙さんの報告です。

インターンシップ報告(その11)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」

水生生物調査• 道路改築事業について• インターンシップ報告(その11)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」 👇洪水対応・危険水位について• 最上川の水位が下がらないと、川の水位が下がらないので、たぶん、ポンプ使っても、排水できるとこが無いのかな?と言っても膨大な水量ですが — snufkiner snufkiner その他、山形県の情報. 自宅から東北地方整備局酒田河川国道事務所までの経路の調査や住み替えに利用する周辺環境の把握、用事があった際に訪問する時の道順探しなど色々と活用できます。 今後に向けた抱負 今回のインターンシップで、大学では学べないような河川、道路分野について知ることができた。

15
今後に向けた抱負 公務員の方がどんなふうにお仕事をされているのかを学んで、これから仕事を選択する上で参考にしようと思った。

インターンシップ報告(その11)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」

どの事業も技術が必要となるので国土交通省では技術官が多いと分かった。

大洞橋• 一夜明けても、周りよりも低い畑や田んぼの中には水に浸かっているところがあります。 最上川、赤川について• 飽海出張所現場実習 3日目• 村山大橋• 山葵沼橋• コンクリートプラント見学• 道路調査について• 道路管理について 5日目• 通行する道路が国道の場合は最寄りの国道事務所などに特殊車両通行許可を申請します。

インターンシップ報告(その3)「国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所」

それは地域の河川や道路の維持、管理を徹底して行うことで、周辺に住んでいる人達が感心して暮らすことができる。 また、特殊車両通行許可は許可期限が最長で2年間なので頻繁に更新する手間もかかります。 月山IC• 国道は新たな道路の設置の計画・実行、道路の補修事業、交通量の調査などが行われていた。

10
洪水対応・危険水位について• 今後に向けた抱負 今回のインターンシップで、大学では学べないような河川、道路分野について知ることができた。