e

署名用電子証明書・・・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。 PCで「対応機種はこちら」から飛ばされた先に、iPhoneが書いてあったんですから、対応してるものと普通思いますよね? さらにその先の違うページにしかiPhone未対応の件は書いていません。 1番不満なのは、この表記が不親切すぎるということを1年前に他の方がレビューしておられるのに改善されていない点です。

18
更に詳しく注2を読んでみると、 (注2)利用者クライアントソフトは64ビット版には対応しておりません。

e

私は支払方法を指定したくないので「スキップ」をタップしました。

2
1)電子証明書の有効期限確認 2)確定申告用のカードリーダーとしての代用 特に後者の役割が大きいと思います。 とあり、公的個人認証サービスから発行されたICカードというのがマイナンバーカードのことだと思うんですが、ストレートに書いてくれないのがむずがゆいところなんですよね。

e

マイナンバーカードをセットして「次へ進む」をタップします。 -電子証明書の更新通知機能 マイナンバーカードに搭載された電子証明書の有効期間満了日が近いことをお知らせします。

なお、iPhone端末をカードリーダーとしてパソコンに接続する機能は、iOSの仕様上、bluetooh経由で実装することが困難であり、追加時期は未定です。

‎「JPKI利用者ソフト」をApp Storeで

必要な環境は ・Bluetoothの受信環境があるPC ・iOS 13以降かつiPhone 7以降の端末 ・マイナンバーカード この3つです。

「Microsoft Store」の再インストールはここでは割愛するんですが、かなり面倒でした。 自分のスマホが対応しているか確認をきちんとしました。

公的個人認証サービスとは

UIが残念。 パスワード入力時に何のメッセージも表示されないため、パスワードが間違っているために、読み取れないのかどうかもわかりにくい。

5
恐らくですが、私の大学の学生にやらせるとかなり厳しいかなとは思います。

【マイナポイントアプリ】JPKI利用者ソフト「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」となりマイナポイントの予約ができない | ポイントクエスト

説明が少なく使いにくい。

18
「マイナポイントの予約 マイキーIDの発行 」をタップします。 環境チェックをもう一度行いたいので「はい、Microsoft Edgeで表示します。

J

インストール先のフォルダーを変更する場合は「参照」をクリックして、変更します。

17
実際私の周りの人も持っていませんし。 マイナンバーカードに搭載された電子証明書(署名用電子証明書及び利用者証明用電子証明書)を利用する機能(利用者クライアントソフト)を提供するアプリです。

‎「JPKI利用者ソフト」をApp Storeで

そのため、本ケースではパスワードの正誤に関わらず、カードとの疎通ができていないと考えられます。 今日のところはこの辺で。

16
「OK」をクリックします。 」だそうです。

【マイナポイントアプリ】JPKI利用者ソフト「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」となりマイナポイントの予約ができない | ポイントクエスト

「Google Play」をタップします。

15
「閉じる」をクリックします。 -金属製の机の上では正確に読み取れないため、マイナンバーカードとスマートフォンを机等から離してお試しください。