「翼状針」と「直針」の違いって何?|採血で使い分ける基準|看護師のQOLが爆上がりする看護師ブログ【中堅ナースの日常】

そして私は日々何十人も採血をしますが叩いたりした事はありません(叩いてもあまり変わらないような?) また、動画内で紹介されている穿刺の角度は10〜20度でとありますが、皮膚と限りなく平行に差さないと血管に入らない場合もありますし、逆に皮下脂肪が厚い方の場合は50〜60度ほど角度をつけて穿刺しないと血管に届かない場合もあります。 そして、医療者の針刺事故リスクが低いという統計も出ています。

今回も「標準採血ガイドライン」をもとに引用しております。

翼状針採血のコツや方法について!メリットやデメリットについても

・針が短く針と持つ位置が近いので小回りがきくことがメリット ・持ち方によっても小回りが利く反面、針の角度が浅くなりがち ・やや真空やシリンジの針に比べて鋭さが劣る感じがする ・角度やしっかり抑えることが翼状針を成功させるコツ こんな感じだったね。

17
スピッツの入れ替え時は、固定が安易なので直接は揺れずにスピッツの交換できるので患者さんは安心というもの。

ねじ子web » 完璧手技第5回 採血

だからこういう人の場合には シリンジで採血をしていつもよりもかなり ゆっくり目でシリンジを引いてあげるんだ。 動脈穿刺は強い痛みを伴う侵襲性の高い処置であるため、安心・安全に処置が行えるよう介助することが大切です。

ケチ先輩、特に管理職や専門性を磨くわけでもなく、気がついたら勤続15年超えてたというベテラン選手。 施設によって全く違うので、とりあえず自分の施設のことだけ覚えればOKです。

翼状針採血のコツや方法について!メリットやデメリットについても

一度で刺せる、そして安価にできるというのが、大事かと思います。 2.手洗い 手洗いを行い患者さんのもとに向かいます。 そして、血管に入ったかどうかの確認が困難だ。

16
この章の結論 翼状針よりも直針のほうが、痛みを軽減して、スピーディーに採血することができます。 合わせて読みたい 自分流の採血の流れを決める 採血の基本的な手順は決まっていると思いますが… 詳細な手順は人それぞれです。

23Gの翼状針で採血した場合の溶血のリスクについて知りたい|ハテナース

これはちょっと経験上の部分も あるんだけど 真空採血では真空の圧に 血管が負けてしまい 充分量を採ることができないという 判断を自分がした場合だよ。 6連勤1休なんてシフト、しょっちゅうだった。 これは病院によって違うから なんとも言えないところだけど、 僕の使い分けとしては 基本的には真空採血 ちょっと取りにくいと 思われる人にはシリンジ採血 手背から採血する場合や 本数が多くて取りにくい人には翼状針 という感じで使い分けているよ。

18
絶対に欠かせない3つの準備について紹介します。 (横で持っても針のカット面は上に向ける事ができます。

採血、翼状針で慣れてしまうのは危険…?:ナーススクエア【ナース専科】

血液ガスシリンジの構造や針の収納の仕方についてわかりやすく動画にまとめられていますよ。 私も非常に大変な思いをしました。

採血が取れなければ、適切な点滴が投与できない。