やはり俺の青春ラブコメは続いていき、間違う

葉山グループ F組のトップカーストグループ。 パーソナリティは、(比企谷八幡 役)、(雪ノ下雪乃 役)、(由比ヶ浜結衣 役)。

8
WEB小説投稿サイトからは、こちらの作品をチョイス。 第7巻ではドラマCD付き限定特装版が販売され、雪乃と結衣のキャラクターソング『ROCK YOU! 自身と同等以上のスペックを持つ姉の陽乃に対しては、その存在を認めて憧れつつも反目し、母親に対しては確執があることを思わせており、また、葉山とは幼馴染でありながらも過去に何かあったらしく、現在は奉仕部の活動を除いて交流はない。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 片足のヒーロー

続」とのコラボレーションが行われ、作品をモチーフにした特別ステージ登場し、本作品のキャラクターたちの制服を着た「ぴよきち」が特別ステージのボスとして出現したり、本作品登場ヒロインが『姫さま』となって参加した。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 総武高校2年F組に所属している男子生徒。

19
「比企谷小町の計略」 His sister's tactics テレビアニメ 第1期は2013年4月より6月までほかにて放送された。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 片足のヒーロー

また、結衣とは以前から仲が良く、テニス部を強くしたいという相談がきっかけで奉仕部を紹介されている。

6
Royden B 小野田雄亮 一ノ瀬結梨、坂本ひろみ 徳田夢之介、中野圭哉 福世真奈美、松下純子 第2期 第1話 何故、彼らが奉仕部に来たのか誰も知らない。 第7話 されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 片足のヒーロー

第7話 ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。 清水聡 山中祥平 アルベルト・キエ 平田賢一、安本学 清水慶太、枡田邦彰 高原修司、谷川亮介 瀬川真矢、吉井弘幸 第3話 やはり、一色いろはは最強の後輩である。

7
コミカライズ版 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 しかし先生はずいっと俺の避ける方向に手を伸ばす。

やはり俺の魔王攻略は間違っている。

文化祭の一件では周囲の八幡憎しの空気に中立の立場を取らざるを得なかったがその後は以前と同様の友達関係を続けている。 いわゆる青春系のライトノベルでは高い評価と売り上げを誇っていた人気シリーズであり、ガガガ文庫では看板作品扱いであった。

一色いろはが八幡の「本物が欲しい」という言葉に触発されて、八幡を意識し始めてから、八幡争奪戦において極めて不利な状況でどうしていくのかを書いていきたいと思います。 既刊10巻の時点で作者は「全然考えていなかった。

やはり俺の社会人生活も間違っている。

本作のメイン。 もしかして俺、救世主? まぁ、救世主というのは大げさにしても半ば強制的に入れられた部活のせいでこの半年間、色々な人間の「問題の解決をするための『お手伝い』」とやらをやらせていただいたので、あながち間違った言い方でもないのかもしれない。 展開的には、いろはものの王道をいく感じです。

16
クリスマスイベントの当初はいろはと話をすることもほとんどなかったが、イベント後半にはいろはから「うちの書記ちゃん」と言われるほどに仲良くなる。 こうした作品が読めるのはSSならではですね。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (やはりおれのせいしゅんらぶこめはまちがっている)とは【ピクシブ百科事典】

当初は2015年発売予定であったが、2016年7月28日に延期になり、その後再度延期となった。

みたいな感じのよくわかんない、勢いで 創 つく っちゃいました! 海浜総合高校側と総武高校側の双方に問題があり、イベントの企画は迷走していくが、八幡は自分のやり方に自信が持てなくなっており、対策が打てずにいた。

やはり俺の実力至上の青春ラブコメはまちがっていない。

その後は一色いろは(後述)の生徒会選挙絡みで奉仕部にいろはと共に依頼を掛けるが、依頼終了後は本来の意図とは外れたことを八幡にボヤいた。 アニメイト通販サイト:2巻同時予約特典:特典CD 『 総武高校奉仕部ラジオ。 RoydenB 橋口洋介 立田眞一、川島尚 袴田裕二 桝田邦彰、佐藤元昭 山崎正和、貞方希久子 藤崎賢二 第5話 その部屋には、紅茶の香りはもうしない。

12
第4話 ふと、由比ヶ浜結衣は未来に思いを馳せる。 第1巻』の初回特典に収録。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 片足のヒーロー

文化祭のフィナーレの際に八幡の言動から、彼に敵意を抱く。 二年生。

ホームルームが終わり、俺は自宅に帰ろうと席をたって教室から出ようとする。 また、アニメ一期では尻尾と耳の先端が黒い白猫、二期では白地に灰色の縞を持つサバトラの白猫として描かれており、原作の挿絵や他の媒体で登場する時も後者に準ずることが多い。