腰の筋肉の名前&作用!画像付きで解説!部位別の筋トレメニューも!

上半身後面 引く動作 のグループ 僧帽筋:肩甲骨を引き寄せる 広背筋:上腕を上・前から引き寄せる 上腕二頭筋:肘関節を屈曲させる 前腕屈筋群:手首関節を屈曲させる 脊柱起立筋:体幹を伸展させる このほかに、菱形筋・大円筋・回旋筋腱板。 その名の通り脊柱を直立させて安定させるための筋肉で、 腰痛予防にも非常に重要な役割を持っています。

4
以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

イラスト図解「背中まわりの構造」/骨、椎間板、筋肉、靭帯、関節、神経

肋骨を内側下方へ引っぱる働きをする• また、腕にも付着しているので、可動性も求められる筋肉です。

6
ぜひ、ご活用ください。 また、菱形筋は、斜めに付着しているので、肩甲骨の内側を上に引っ張る、「肩甲骨の挙上、肩甲骨の下方回旋」にも関与します。

【筋の名は。】よく使う筋肉の名前を覚えよう!|スポーツジムBeeQuick(ビークイック)東松山店

上腕二頭筋の筋力トレーニング 上腕二頭筋のトレーニング種目一覧 上腕二頭筋周辺筋の鍛え方 前腕筋群 前腕部には円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋、浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋、方形回内筋、腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、回外筋、尺側手根伸筋、総指伸筋、小指伸筋、示指伸筋、長母指伸筋、短母指伸筋、長母指外転筋があり、前腕筋群を形成しています。 また、脇の下から腰にかけて広がるため、 逆三角形のたくましい上半身を作るには欠かせない筋肉でもあります。 ローテーターカフは球関節である肩関節の複雑な動き 回内・回外・内旋・外旋・内転・外転 をつかさどっています。

4
やり方を紹介します。

筋肉の名称と種類|部位ごとの作用と役割│【公式】公益社団法人 日本パワーリフティング協会

・背中の筋肉を大きくするためには「重いウエイトを上げる」「スピードはゆっくりと」「レップ数の管理を怠らない」のが重要。 また、その拮抗筋として脛部には前脛骨筋・長趾伸筋・第三腓骨筋・長母趾伸筋から構成される下腿伸筋群があります。 その主な筋肉の種類は以下の通りです。

1
355-0013 埼玉県東松山市小松原町11-1 西友東松山店2階• 骨盤(こつばん)、仙腸関節(せんちょうかんせつ) 骨盤は「仙骨」、「寛骨」、「尾骨」という大きく3つの骨によって構成されており、背骨を下から支える土台となっている。

背中の筋肉の名前&作用!画像付きで解説!部位別の筋トレメニューも!

脊柱起立筋|musculus erector spinae 腸肋筋 ちょうろくきん |Iliocostalis muscle 最長筋 さいちょうきん |Longissimus muscle 多裂筋 たれつきん |Multifidus 読みかた:せきちゅうきりつきん 英語名称:erector spinae muscle 部位詳細: 腸肋筋| 最長筋| 棘筋 長背筋群=脊柱起立筋+多裂筋+回旋筋など 脊柱起立背筋は脊柱を伸展させる働きのほかに、脊柱を起立させ姿勢を維持する働きがあります。 長頭・短頭 外側頭・内側頭 の三部位に分けられ、唯一肩甲骨と接合する長頭は上腕の内転にも強く関わります。

9
背中の筋肉がダイナミックに伸展・収縮していることを意識してください。 以下のボタンから「LINE友だち追加」をしていただくと、LINEでのお問い合わせが可能になります。

部位別の筋肉の名称を覚えよう!それぞれの鍛え方も解説!

これらの場合は、肋骨を締めながら息を大きく吐くエクササイズや、デッドリフトやスクワットなどの腹圧をかける種目が有効です。 太ももの後側 = 【大腿二頭筋(だいたいにとうきん)(ハムストリングス)】 太ももの後側に位置する筋肉を 【大腿二頭筋】、または英語で 【ハムストリングス】と呼びます。

15
肩から腰にかけて伸びており、上腕の骨と腰を結合している。 陸上競技で例えるなら、400~800m走に必要な筋肉です。

背筋の鍛え方は意外と少ない?自宅でも実践できる背筋の筋トレメニュー8選

大胸筋と周辺深層筋 大胸筋は体幹上部前面にある筋肉で、腕を前方に押し出し閉じる作用があります。 背筋群を鍛える主な筋力トレーニングとしては、懸垂、デッドリフト、ラットマシンプルダウン、ショルダーシュラッグ、ダンベルローイング、ケーブルローイングなどが知られています。 上背部が丸まっていると、「肩関節の可動域制限が出たり、胸郭が開きづらかったり、肩甲骨が寄せづらい」という影響が出てしまうからです。

17
肩の関節を大きく動かためにも必要で、「肩をすぼめる」、「胸を張る」といった動作も鎖骨の働きによる。