コロナ禍を的中させた占い師が予言する「アフターコロナの社会」

一方で若者中心に次第に街の人出は回復していきます。

「いやいや、それは考えすぎでしょ」 と思いましたか? でもですね、以上の話を補強してしまう「予言」もあるんです。

【アナンドくん最新予言】6月20日に未曾有の大厄災、9月10月に新型コロナの感染爆発!2021年は最悪の年で完全復帰は2022年5月!?

そしてその原因がいろいろ挙げられているわけですが、中でも、 人為的なパンデミック…2% 自然発生的なパンデミック…0. 2008年であった可能性もありますが、2020年の方が濃厚と考えられることが多いですね。 つまり誰かが「ノストラダムスの言葉」として捏造した可能性が高いということですね。

現在のコロナ第三波が収束するのではなく、 コロナ禍自体が終息するというのが私の予測です。 そんななかタイ国際航空が、負債総額が日本円で1兆円近くにまで膨らみ、経営破綻してしまいました。

ノストラダムスの“新型コロナ予言”が的中しすぎて震える! “悪疫”のワード連発… コロナ後のキーワードは「戦争」!

2021年秋には20代から40代の比較的若い世代にもワクチン接種の順番が回ってきて、国民の7割がワクチン接種を終えることになったところで2021年の冬の第六波を迎えます。 その3つの前提を念頭に置きながら、それでも今、わたしたちが我慢に我慢を重ねて送っているコロナ禍の日々は、いつまでも続くことではない。

2019年11月からウイルスによるパンデミックが発生 2019年12月に中国武漢市で新型コロナウイルスが発見されています。

新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

しかしアビギャ・アナンドくんについて調べてみると 「嘘」という検索ワード出てきます。 また、日本と中国の間あたりで巨大な地震が起き、これは恐らく沿岸部の地震から始まる。

2
【最新】2021年11月頃に災害は徐々に消えていく 海外のサイトを翻訳した内容なので、参考程度に留めておいて下さい。

新型コロナウィルス肺炎は10年前に予言されていた!? 予言者が示す日本の生き筋

「でもマヤ暦って、2012年に世界滅亡とか言って、外れてるでしょ。

6
これは確かに日本と中国の間にある日本海で起きたものだ。 しかしそこで自粛が緩めばじきに第四波が発生する危険性が残っています。

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

一方で、インド人や中国人の死亡率が低いのは、中国では伝統的な中国医学を、インドではインドではアーユルヴェーダを用いているからなのだという。

4
いったい何がスペインかぜの三年目の流行を抑えたものにしたのでしょうか。

【2021年の予言】新型コロナ予言的中のサイキックが来年を語る「コロナは来春収束」「リーダー暗殺」「トム・クルーズが…」

そしてみっつめに ウィルス自体に大きな変異が起き、ワクチンが効かない、ないしはこれまでとは違う新たな毒性を示すことで、これまで同様に自粛を続けるしかなくなるというケースです。 Anand said that before February 2021, disasters caused by the encounter of multiple planets will be slowly revealed. 2021年7月にはいまのような日々は終息すると予測されます。

7
前世療法士や 占星術師としても活躍するニコラスは、早くも2021年のビジョンを公開している。 このジョージア・ガイドストーンには、 8つの言語で10のメッセージが彫られているのですが、その一つ目が 「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」 というものなんです。