奥華子「売れたい」がゆえのイメチェンがまさかの不評?! デビュー15年!

12月25日 - 奥華子クリスマスコンサート'10 一夜限りのSPECIAL SESSION (中野サンプラザ) 2011年• 2004年に出演『』のCMソングを制作・歌唱(井川はのみ)したことで世間に知られるようになった。 HIKARI• 同じ千葉県出身でも新京成沿線に住んでいた奥華子さんと少し離れた場所に住む濱田さんの異なる視点で新京成電鉄を語っていただいています。

最初の曲「片想い」完成。 昨年は初のベストアルバム「奥華子BEST-My Letters-」がオリコン9位を記録。

花火 (奥華子の曲)

今、自分が生きているこの瞬間に想う、たったひとりの存在が、いてくれたらいいなって」 そんな恋愛観の彼女だからこそ、聴き手の心に強く歌が響くのだろう。 エンジニアのスキルを持ちながらも、違う方向のベクトルでいい音を探してみて初めて、「いい音」の定義に対する考え方が奥深いものに成って来る。

そういう曲もたくさん書いてきました」 恋愛ソングで幅広いリスナー層から支持され、CMソングでも着実にその声と名前を広めてきた。 奥:うーん……でも、ほっとくと失恋ソングばっかり書いちゃうんですよね。

奥華子 はなびら歌詞と発売日|映画「殺さない彼と死なない彼女」主題歌

父親は童謡も大好きで、「浜辺の歌」のような曲をアカペラで歌う父に合わせて私がピアノを弾くこともよくやってました。 動画URL. 8月7日 - 「」(津田沼公園広場)• 劇場版アニメーション「時をかける少女」の主題歌となった『ガーネット』で注目を集める。

3
そして、あえて前面のヘッドフォーンアンプから音は拾ってます。

花火 (奥華子の曲)

大学の専攻はであるが、トランペット奏者としての活動はない。 で、しばらくしてからインディーズで出してみてはどう?ということになり、今度は「サウンドプロデューサーとして奥華子に関わってくれないか?」という相談をされたんです。

4月19日 - 6月27日 - 2回目の全国ツアー「奥華子CONCERT TOUR '08 〜2nd Letter〜」(全国22カ所)• 」と言ってくれるようになり、「じゃあ、どうすればいいんだろう?」と考えたんですが、丁度見つけた雑誌にオーディション広告が載っていて自分のテープを送ってみたら返事が来たんです。 Rock oN:今後の予定や将来への展望などありますか? 奥華子:ベストアルバムを出してツアーも一段落し、今、休憩期間なんで曲を作ってます。

シンガーソングライターの奥(おく)華子(はなこ)さんと俳優の濱田(はまだ)龍臣(たつおみ)さんによる駅構内放送を開始します(3/25~)

路上ライブを始めてわずか1年間で約2万枚の自主制作CDを手売りし、また1日のの最高売上枚数が488枚を記録した(2005年5月17日、JR南口からJR北口での路上ライブにおいての販売)。 ・一般店:奥華子デザイン缶バッジ• そういう小さなこだわりは、色んな事をやってます。 さらに、阿久は娘が生まれたら「花子」と名付ける予定だったといい、奥とも同名になる予定だったという。

7
『ちーちゃんは悠久の向こう』主題歌「空に光るクローバー」 映画 2008年• 自分が歌う事で誰かが感動してくれて、それによって自分も生きる希望を持てるんです。 5月19日 芝浦工業大学大宮キャンパス 第23回大宮祭• LPレコードとして蘇った劇場版アニメーション『時をかける少女』オリジナル・サウンドトラックは4月21日より発売。

【People of Sound】第28回 奥華子さん(アーティスト)

後でコードネームを付けると、結果的にはちゃんと形になってるんですが、押さえ方とかで、奥華子ならではの不思議な感じになってるんです。 誰も知らない泣ける歌 オフィシャル・コンピレーションアルバム(2009年2月18日)VPCC-80634(収録曲「笑って笑って」)• 使い込みにより塗装が剥がれるなど老朽化が見られ、2006年9月より複製した同デザインのオーダーメイド品を使っている。 ペダルはコードごとの踏み替えを基本に、リズムや響きに気をつけて適宜踏み替えてください。

1
奥:1公演3時間半で、それを1日2公演、2日間やったので、一曲一曲噛みしめて、振り返りながら歌いました。

奥華子、ベストアルバムより新曲「はなびら」の先行配信がスタート

2008年11月22日 - (野田キャンパス)の学園祭に来訪。 音楽の良さってリスナーの五感がどれだけ動くか?だと思っていて、それまでエンジアだけやっていた頃の「いい音」に対する感じと今では「違うかな?」と思っております。 非売品 愛のしずく 2002年12月20日 原宿GIGZOOにて。

でも、これって全て自分の都合だけど、「奥華子は本当はメジャーに行きたいんじゃないか?」とちょっと心によぎって(笑)、そこで考え直したんです。 デビュー15周年を記念したベスト。

【People of Sound】第28回 奥華子さん(アーティスト)

最初はライブをするということがどういうことか知らなくて、何にも分からなかったんですよ! Rock oN:初めてのライブはうまく行きました? 奥華子:当時、私は根拠の無い自信のかたまりで、「完璧、私イケテル!」と思ってました(笑)。

6
このコーナーでは、制作者の人柄が、サウンドにどうつながっていくのかに注目。 ベストアルバムを出されて、その後1年間、コンサートをお休みをされていたわけですが、改めてあの時期のことを振り返っていただけますか? 奥:あの頃は「もういいや」みたいな投げやりな感じだったんです。