【令和3年度労働・社会保険料】令和3年度保険料・年金額等

平成30年度から変わっていません。 詳しくは「」を参照してください。

4
現に、 により、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」の条文を調べると、令和3年4月1日施行日ということで、上記方向性が規定されています。 以降、平成27年3月31日まで変更されず同率となっています。

令和3年度の雇用保険料率

4% 【参考】• 令和2年度から変更ありません。 従って、結果的には、その他の事業分も含め、雇用保険料率は令和2年度からの据置きになっています。

2
令和3年2月12日の官報に、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険率を変更する件(令和3年厚生労働省告示第40号)」が公布されました。 他の保険料率も一覧表にまとめておきます。

【令和3年度(2021年度)確定】料率まとめ一覧表【雇用保険・労災保険・健康保険・介護保険・子ども子育て拠出金】

例)一般の事業については、雇用保険率1,000分の9のうち、失業等給付分が1,000分の2(労使折半)、育児休業給付分が1,000分の4(労使折半負担)、二事業分が1,000分の3(事業主負担)となります。

18
このため、雇用保険二事業の料率を加えた全体の雇用保険料率は、一般の事業で、法定の 19.5/1000から4/1000引き下げ、15.5/1000となります。

最新の雇用保険料率(平成31年度・2019年度)と過去の数値

<変更点>• 【確認】一般の事業については、雇用保険率1,000分の9のうち、失業等給付分が1,000分の2(労使折半)、育児休業給付分が1,000分の4(労使折半負担)、二事業分が1,000分の3(事業主負担)となります。

4% 【参考】• 【労災保険料率】 「変更なし」で確定しています。

【令和3年度労働・社会保険料】令和3年度保険料・年金額等

建設の事業の保険料率は、1.4%から1.2%へ変更されました。 important;width:1px;word-wrap:normal! 計算方法は毎月の給与の場合と基本的に同じです。 2021年1月29日 2021年5月19日 新年度をひかえ、令和3年度(2021年度)の各保険料率について、まとめます。

*雇用安定事業及び能力開発事業のことを言います。

令和3年度の雇用保険率 厚労省からリーフレット

2 雇用保険料率について 雇用保険料率は原則として毎月4月1日に改定が行われます。 一般の事業の保険料率は、1.55%から1.35%へ変更されました。 3em;margin-bottom:2em;border-radius:. 平成24年4月1日付で改定された内容は以下のとおりです。

20
5em;font-weight:bold;color: 24ade2;line-height:. 雇用保険料率は、労使折半で負担する失業等給付の料率に、事業主が負担する雇用保険二事業の料率を加えたものです。

【令和3年度対応】業種を確認!最新の雇用保険料率をチェック!【いくら支払う?】

令和4年3月31日まで) 雇用保険料率 事業主 会社 負担 労働者 被保険者 負担分 一般の事業 0. 一般の事業の保険料率は、1.5%から1.1%へ変更されました。 〔参考〕第159回労働政策審議会職業安定分科会(令和3年1月27日開催)の資料No. 平成29〜令和3年度の雇用保険料率表(この5年間は同料率。 下記の保険料一覧表にリンクを貼っておきます。

16
平成29年4月1日付で改定となった内容は以下のとおりです。