マツダの軽自動車はOEM?提供元での販売名や魅力とは?|新車・中古車の【ネクステージ】

その切り札として当初シャンテにはシングルローターのロータリーエンジンが搭載される計画だったが、キャロル末期型での試みに引き続き、技術面での困難さと、監督官庁および軽自動車業界他社に軽自動車へのロータリーエンジン採用阻害の動きがあり、目論見は頓挫した。

トヨタが子会社であるダイハツに「こんな感じのこんな風に作って」と依頼して作ってるクルマに、パッソってのがあります。

マツダ・キャロル

また車体サイズはコンパクトで、最小回転半径4. 軽自動車に求められる性能をしっかりと押さえつつ、ドライバーの利便性を向上させるマツダの工夫が随所に垣間見えるでしょう。 ネクステージでの購入がおすすめ ネクステージで取り扱う中古車は、購入保証が充実していますので、購入後も安心してお乗りいただけます。 日産とマツダの軽自動車は全てOEM車です。

12
2020年1月25日閲覧。 (1989年)• スズキの車種を購入する際はネームバリューの低いマツダのOEM車を比較検討すれば、コストパフォーマンスに優れた車を手に入れる可能性が高くなります。

マツダの車種一覧

4ドアセダン・2ドアクーペ・スポーツワゴンが設定されていた。 ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。

12
先代と同じくアルトのOEMで、異なるのはエンブレムとマツダ車の特長である五角形のロアグリルを採用している点である。

マツダの軽自動車はOEM?提供元での販売名や魅力とは?|新車・中古車の【ネクステージ】

後継車はロータリーエンジン搭載が計画されたフロントエンジン車のとなったが、これもまた1ローターエンジンの頓挫から、同社の既存の軽商用車である用の水冷のを用いざるを得なかった。 9月 、生産終了。 その他、内装のパネルカラーとシート表皮カラー、一部装備の意匠が変更され、「GS」と「GX」にはも標準装備 された。

8万円〜 フレアワゴン スペーシア 「フレアワゴン」はスズキ・スペーシアのOEM車です。

マツダの車種一覧

(1999年)• 2018年12月の一部仕様変更により廃止• PRマツダの軽自動車. ボディカラーも変更となり、「GS」は「ホワイト」から「GX」専用色だった「ピュアホワイトパール(有料色)」へ変更され、「ピュアレッド」が廃止された。 ワゴンRやムーヴは売れまくっている軽自動車ですので、そりゃあ他メーカーも欲しいはずです。

3
しかしその後搭載の登録車(小型乗用車)に重点を置いた開発・販売戦略を採ったため、キャロルは軽乗用車分野で他社の高性能な後発モデルに対する優位性を失い、モデルチェンジの機をも逸したまま販売不振に陥って1970年で生産を終えた。 マイルドハイブリッドとは、減速時のエネルギーを利用して、バッテリーを充電するなど燃費の向上に期待できる、ハイブリッドシステムです。

軽自動車のOEM車【相関図・軽自動車OEM供給一覧】

価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。 BONGO (画像は3代目) 1978年 1999年 2代(ワゴンのみ) BONGO 2代目は「ボンゴマルチワゴン」、3代目は「ボンゴワゴン」として販売された。 10月、新規格に対応し、のOEM姉妹車となった4代目と入れ替わる形で販売終了。

5
(2010年)• なお、「SG」と入れ替わりで「SX」が新グレードとして入り「ミレディ-S」と「3ドア・ミレディ」の4WD・5MT車が廃止となった。