羅生門(芥川龍之介)のあらすじ | あらすじ

下人は今、主人に解雇されてもはや「下人」ではないよね。

1
下人は主人に暇を出されて行く当てもなく途方に暮れていました。 さらば、今又、わしのした事も 悪い事とは思わむぞよ。

羅生門のあらすじと内容解説|心理解釈や意味も|芥川龍之介|テスト出題傾向

」と いった感じでしょうか。 109• その時、その咽から、 鴉(からす)の啼くような聲が、喘ぎ喘ぎ、下人の耳へ伝わって来た。 「何をしているのだ」老婆は、烏のような声でとぎれとぎれに言った。

その話を聞いた下人の心には、 悪事を働く勇気が生まれてきます。

kojiん的な見解: 「羅生門」とはどんな小説か 5 -「老婆の論理」の論理的薄弱さ

客観的に語られる物語の合間に、作者による細かな説明が入ることや作者による主観的内容が加えられる事により、その後再び客観的文章に戻った時に下人に対する理解が二重に深められるためだと思われます。 影響を受けやすいサンチマンタルな心を持った男は、この老婆の論理のわなに見事にはめられて では、おれが引剥(ひはぎ)をしようと恨むまいな。 せねば、飢死にをするのじゃて、仕方なくした事であろ。

17
それでもやはり、引剥をするという下人の行為には、それをなぜ敢えてするかという必然性が、この小説をどのようなものとして読むか、つまり小説の「主題」と密接に関わる論理があると見なさなければならないだろうという確信はある。 彼は「太刀」を持っていて、老婆を取り押さえた時も、それを突きつけて「今し方この門の下を通りかかった旅の者だ」と嘘をつくことができるような、あきらかに老婆より上位の階級に生きていた男なのだ。

芥川龍之介『羅生門』を徹底解説!|下人はどこへ行ったのか?

次のように書く作者がその「必然性」を充分に意識していないとは思えない。 そうしなければ 俺も餓死してしまうもんね。

7
おでかけ、食日記、動物のこと、書籍・ドラマなどのこととごちゃ混ぜにアップしています。

高校の課題で羅生門を読んで、老婆の意見①生きるためなら何をしてもよい②悪いこと...

悪事を働いて、自分は安全地帯にいることは許されないでしょうから。 わしは、この女のした事が悪いとは思うていぬ。

12
なぜなら「待ってい」るから。 下人は、家の雑用をする奴隷のことね。

小説『羅生門』の意味をネタバレ考察!芥川龍之介が作品に込めた思いとは?

だから問題は、なぜ「勇気が生まれてきた」かである。 」はどういうことになるか。

9
あくまで個人的な感想ですが。

芥川龍之介 『羅生門』

(中略) わしは、この女のした事が悪いとは 思うていぬ。 すると幸門の上の樓へ上がる梯子が眼についた。 調べてください。

12
だが、勇気が生まれさえすれば当然それを実行しようとするだけの動機は、実感に乏しい「極限状況」によっては支えられない。 そして老婆の着物を急にはぎ取って「これも俺が生きるための悪だ」と言って、闇の中へ消えていくんだ。