子供が発熱、親は「検査は困る」…新型コロナ 周囲の過剰な反応が招く“検査拒否”

この事態は2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1型)の流行期の反応を思い起こす。 周囲の過剰な反応ゆえだ。 政治主導で、 知事・市長・地方議会だけが変更できるのです。

3
その時間は1分半に及び、その後、「 感染研からは(試薬の効果は日本のものと)同等という報告を受けているので、元々ある(日本の)供給力と、中国からのものを調整していきたい」と答弁した。

【続報】新型コロナウイルス検査拒否の理由

夏よりは減ったが、谷口院長は「初めから検査を拒否する人が来なくなったのではないか」とし、「拒否するのは感染を隠したいから。 自宅待機!? 家族は感染してない? 帰宅した経路で感染してない? つまり、現在の感染者は氷山の一角なのだ。 著書に『オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(すばる舎)、『お医者さんがやっている「加齢ゲーム」で若返る!』(さくら舎)。

37度5分以上の熱と、呼吸器症状があること。 失うのは、モノ・カネですむから。

相次ぐコロナ検査拒否 症状自覚も差別・失職恐れ…「見えない感染源」か

モノ・カネとヒトの命とどちらが大事? われわれは、それを2011年の「」で学んだ。 その方がどれだけ安くついたか。 為政者は歴史から学ぶべきだろう。

(中国は 面子の国なので、 自国で不足しながらも日本に寄付した検査キットを日本政府が使わないと判断することは、中国の顔に泥を塗る事になります。 どうなってんだこの国は。

子供が発熱、親は「検査は困る」…新型コロナ 周囲の過剰な反応が招く“検査拒否”

女性は頭痛もせきの症状もあったが、「仕事を辞めて地元に戻ります。 一方、大事になれば(パンデミック)、大勢の人間が死ぬ。 迅速にウイルス封じ込め対策を講じていくべきです。

4
起きたことはしかたがない。 押谷教授が描く未来は、他の専門家が描く未来より「暗い」。

子供が発熱、親は「検査は困る」…新型コロナ 周囲の過剰な反応が招く“検査拒否”

ニュース観てないの? ほんとうに専門家? さらに気になるのが、専門家・識者の口グセ・・・日本は感染者が少ない。 TVに出る専門家ものんきなものだ。

2011年3月11日、遡上高14m~15mの津波が防波堤を突破し、福島第一原子力発電所を襲った。 前回のブログ記事から、色々調査してみたのですが、各保健所に設置された『帰国者・接触者相談センター』は 電話相談で、国民から相談を受けるのは、 医師ではなく『保健師』さん等です。

札幌市職員にコロナ感染させた疑惑の反ワクチン団体が検査を拒否する最悪の事態に突入中

問題は今後の対応だ・・・ところが、日本政府の対応は、あまりにも酷い。

20
札幌市が7月7日感染を発表した札幌市の職員3人は、インド型変異ウイルスに感染している疑いがあることがわかりました。

相次ぐコロナ検査拒否 症状自覚も差別・失職恐れ…「見えない感染源」か

2人は、帰国直後の検査で陰性だったが、その後発症し、再検査で陽性と判定されたという。

検査してないから少ない、と考えたことはないのだろうか? 今、日本は、新型コロナウィルスの検査を受けるには、条件がある(2020年2月)。 検査キットが足りないからというので、検査対象を絞り込み、検査をさせないようにしているという構図がはっきりと見えてきました。

相次ぐコロナ検査拒否 症状自覚も差別・失職恐れ…「見えない感染源」か

それが、ある日突然、顕在化する(的中すると確信している)。

19
新型コロナウイルスの検査をめぐっては、医師が感染が疑われるとして保健所に依頼しても断られたケースが報告されています。 厚生労働省のデータによると、全国の感染者数に占める感染経路不明の割合(1週間平均)は7月初旬にはいったん、40%を割り込んだが、8月以降は44~54%で高止まりしている。

札幌市職員にコロナ感染させた疑惑の反ワクチン団体が検査を拒否する最悪の事態に突入中

会社などの組織としては、できる限り厳重な態勢をとらねばと考えるのは理解できるが、こうした対応に感染拡大を抑える効果がどれほどあるだろうか。

10
首都の北京も、巨大経済都市の上海も機能停止。 だから、今後の対策は「感染者はもっと多い」を前提にすべき、と言いたいのだ。