#闘病ブログ 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

最初だからか、お互い少し緊張しつつ自己紹介して、私は体に悪いところないか関節や心臓の音、患部の血管の音、とにかく色々診られて、話を聞かれたりした。 医師に言って、無理やり4日で退院させてもらいました(笑) 入院の種類は、精神科では2種類(厳密には3種類)あり、 まず一般的なのが任意入院 これは、患者さんと医師が同意のもと、入院生活を送ること(逆に言えば退院も自由) そして少し特殊なのが医療保護入院 これは、精神科医(精神保健指定医)が、代理人(家族など)を通して患者さんの意思と関係なく、強制的に入院させられること(患者さんの意思は関係ないので、医師が任意入院に切り替えない限り退院はおろか、治療拒否もできない) もう一つは強制入院 これは精神科医2人(指定医)が、文字通り強制的に入院させること。 これからこの先生がずっと主治医としてやっていくと思うから、少しずつ打ち解けていけたらいいなー。

16
新しい先生を動物に例えたならば. www. 3月に膠原病の主治医が実家の病院を継ぐため、病院を退職しました。

初めての精神科入院?!

そう考えたらものすごく悲しいのと、どうにか会えないかな、と考えたら病棟に会いに行くしかない。 翌日の朝、昼、そして夜。

12
その下垂体の指令を止めて、副腎からどれだけホルモンが分泌されているのかを数値で判断する検査です。 身体の調子はどうなの?』 『ありがとう。

【闘病日記】(73)(2021.05.26)出会いと別れ再び!新しい主治医と脳外主治医と入院病棟の看護師さんの話。

私は、1回目のホルモン血液検査での数値が低いと診断されました。 私はこれは注いでもらえました。

3
と悲しくなりました。

TOBYO : 半月板損傷の闘病記・ブログ 9件

(この決まったことに、その後あることでバタバタするんですけど、それは後日書きます) 入院病棟の看護師さんのはなし 2016年の入院当初から、お世話になっている看護師さんがいるんです。 あの時、お父さんは脱水症状になって、ショック死を起こすところだったのよ。

20
全く静養にはならず。 ええええええええ!思いきり驚きの声を上げてしまった。

【闘病日記】(73)(2021.05.26)出会いと別れ再び!新しい主治医と脳外主治医と入院病棟の看護師さんの話。

以前、どこかで検査入院の場合は、給付金は出ないと書いてあったのを目にしました。 ブログへお立ち寄り頂きありがとうございます。

8
ですから、私はクッシング症候群ではないと思っています。

【闘病日記】(73)(2021.05.26)出会いと別れ再び!新しい主治医と脳外主治医と入院病棟の看護師さんの話。

まずは検査入院をして、色々検査をして確定するという考えなのかな? 腫瘍があれば手術するということだと思いますが、生命保険からお金が出るかな?とも心配になりました。

ホルモンの分泌が通常より多いのが、クッシング症候群なら、数値は高くないといけないのではないだろうか?? 、、ACTHともに低いけれどでした。

入院・闘病生活 病気ブログ・テーマ

私が入院したのは、開放一般病棟でしたが、それでも規制が多い!! 自殺防止のため、はさみや紐類、鏡、ボールペン、携帯やCDプレイヤーなどの充電器も紐になるので、全部没収!! 頭痛薬などの市販されている薬なども、病棟管理! お金も、必要なときは病棟の看護師にいちいち言って、没収・・・ 私は喫煙者なのですが、ライターも共用の物(喫煙室に紐で縛っているもの)を使用。 。 『お待たせ。

有効性が認められそうなのは、がん組織に対して自身の免疫が働くようにする免疫療法、遺伝子による最適な薬を使う遺伝子治療、それと併用して今回のがん発症の原因と思われる食生活の改善、運動不足解消、睡眠の改善、デトックスによる解毒作用の強化。