ホンダのシャトルが2021年にフルモデルチェンジ?最新情報を解説!

「Honda Total Care プレミアム」では、Honda Total Care緊急サポートセンターが進化。

11
現在は特に大きな違いはありません。 しかし、シャトルは一部グレードが使う遮音フロントガラス、吸音アンダーカバー、手触りのいいシート表皮の採用などにより、上質なクルマに仕上がっている点が特徴だ。

シャトルのホイール・新型にもおすすめのかっこいいアルミと純正サイズ

5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」を新搭載• シャトルは登場後2019年5月に内外装の変更を中心としたマイナーチェンジを受けているが、現在まで大きな変更はなく販売されている。 加えて全高が1,500mmを大幅に超えるため、外観がミニバン風というかズングリした印象だ。

「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。 ソリッドなフォルムに、流れるようなラインを入れたスポークがスタイリッシュです。

【ホンダ新型シャトル】2021年9月フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?

標識認識機能• 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 ホンダの新型コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE シャトル 」が登場 最大の特徴が「同じクラスのライバル車より圧倒的に広大なキャビンスペースを持つ」。 インテリア変更点 インテイリアは素材の変更が加えられており、 ATセレクトレバーとエアコン吹き出し口ベゼルがシルバーのもから 艶ありブラックのものへと変更と ドアトリムアッパー側素材が黒からシルバー基調のものへ変更。

12
やや物足りないのが、一世代前のスペックになってしまった自動ブレーキである。 おそらく、システム合計出力は150ps以上、燃費は1割程度伸びると予想されます。

【ホンダ新型シャトル】2021年9月フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?

断言します。 シャトルは、定番の「ブラック」「ホワイト」「シルバー」は確実に人気色となります。

5
。 順番に見て行こう。

新型シャトルと旧型の違い

横断自転車の検知• 5リットル直列4気筒+e:HEVハイブリッドです。 環境性能の良さ、走る楽しさも両立させる次世代ハイブリッドシステムです。 すでに、この新方式のハイブリッドをインサイトやステップワゴン・アコードに搭載。

14
私はMOPをフル装備したため、外観はハイブリッドエンブレム以外はHYBRID・Xと同じになり、フロントの横長なLEDフォグライトもこの車のデザインに合っていると思う。

ホンダのシャトルが2021年にフルモデルチェンジ?最新情報を解説!

5 ハイブリッド X ホンダセンシング 4WD 15インチ X 6. また、他のメーカーオプションとセット装着になる場合がございます。 その他ピラーからルーフ全体の素材も変更が見られます。 センターアームレストにカップホルダーも追加され使い勝手が向上。

フロントシートは座り心地を追求し、上級セダンへの搭載も見据えて開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用。

ホンダ シャトル|価格・新型情報・グレード諸元

サイドから見るとリアにかけてボリュームが大きくなり、尻デカの印象を受けるがそれは各個人の好き嫌いなるであろう。 エクステリア・インテリアはGR系とほぼ類似するデザインとなり、 フロントフェイスはエッジの効いたソリッドウイングフェイスから 丸みのあるフィット顔に生まれ変わる。

2
現行モデルはシャトルハイブリッドで、32. アクティブクルーズコントロール• 新型シャトルにHonda SENSING全車標準装備 Honda SENSING新機能• 5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが搭載されていました。

ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較(1/3)

シャトル次期型の発売は、2021年夏以降と予想されます。 オートハイビーム 衝突軽減ブレーキ 自転車と夜間歩行者検知機能が付き、アクティブクルーズコントロールには全車速追従機能が追加されます。 インテリアには、カバンや上着をすぐ手の届く位置におけるテーブルコンソールを配置。

8
5J カラー ブラックリムポリッシュ ゴールドポリッシュ SBCリムポリッシュ 価格(値段) — 円~(2021年調べ) 参考 ビッグウェイ[] ビッグウェイ Leycross REZERVAはピアスボルトとポリッシュカラーがゴージャスなアルミホイールです。 あらかじめご了承ください。

クーペボディで大型化へ!? ホンダ・シャトル次期型のデザインを大予想

ホンダは2030年までに販売する4輪車の3分の2を電動車にすると発表している。 全体的に新型シャトルの納期は遅くないので焦る必要はありません。 シャトルでは全モデルにフルオートエアコン(HYBRID Zのみ左右独立温度調整機能付き)を標準装備したほか、ハイブリッド車にはプラズマクラスター技術を搭載 インテリアでは、ホンダ車で最大級の面積となる触り心地のよい大型ソフトパッドをインストルメントパネルにレイアウトするとともに、艶のあるブラックパネルをメーターパネルを覆うように配置。

18
2015年3月のマイナーチェンジではフロントマスクを刷新。 そもそもフィットというクルマ自体、燃料タンクを車体中央に置くなど極限までスペース効率を追求しており、一昔前の2リッター級セダンより広い室内を持つ。