往年の人気ドラマシリーズ『奥様は魔女』再び映画化へ(クランクイン!)

普通の恋がしたくて人間界に舞い降りたイザベルは、世間知らずのうえに純粋で、少々思い込みが激しい。 2011-05-11 by レンタルにて。

20
アメリカの女優と云うよりヨーロッパ的な色香の漂う美女で、演技力より存在感で魅了する。

奥さまは魔女〈2005年〉

「奥さまは魔女」魔女役の奥さまが、本当に魔女だったら…… 60年代に日本でも大ヒットしたTVドラマの映画版だが、ユニークなヒネリが施されている。

12
が製作し、に売却された後に公開された。 ウォレスとエステルの結婚式当日、ジェニファーはウォレスに飲ませようとした「ほれ薬」をふとしたことから逆に自分が飲む羽目に陥り、たちまち彼女は彼に恋してしまった。

奥様は魔女(1942) : 作品情報

一方、ウーリー家の当主ウォレスは州知事選に立候補し、彼の支援者の娘エステルとの結婚を控えていた。 今回の映画版では、海外ドラマ『12モンキーズ』や『MACGYVER/マクガイバー』を手掛けたテリー・マタラスとトラヴィス・フィケットが脚本を担当。 日本版では、広告代理店に勤める松井譲二を原田泰造、魔女のありさを米倉涼子が演じ、アメリカ版全254話の中から選りすぐりのエピソードをセレクトして制作された。

3
ニコール、合っていると思いました。 2008-05-24 by まさに主演のニコール・キッドマンのための企画と いえる作品でしょう。

奥様は魔女(1942) : 作品情報

神通力をもったウォレスは選挙戦にも大勝し、二人の仲を割こうとするダニエルもジェニファーによってウィスキー壜の中に閉じこめられて、二人は末長く幸福に暮羅すことが出来るようになったが、娘のジェニファー二世の箒にまたがるクセだけはなおらないのであった。 また、イザベルのことが心配でたまらないプレイボーイの父親を、マイケル・ケインが好演。 エステル・マスターソン ウォレスの婚約者。

12
そしてウーリー家の男たちは何代にも渡り、口うるさい女と結婚することになる。

解説・あらすじ

ウォレスとエステルの結婚式当日、ジェニファーはウォレスに飲ませようとした「ほれ薬」をふとしたことから逆に自分が飲む羽目に陥り、たちまち彼女は彼に恋してしまった。 色とりどりのファッションも、ニコールの新たな魅力に気付かせてくれるだろう。 それをきっかけに、ふたりは本当に惹かれあっていくのだが…。

19
4人がこのレビューに共感したと評価しています。 魔法であらゆるところに顔を出し、イザベルとの洒落た会話で笑わせてくれる。

奥様は魔女(1942)|MOVIE WALKER PRESS

そんな危ういイザベルを、ニコールが生き生きと体現し、自然に魔法の世界に誘われる。 主演のニコール・キッドマンは、これまでのクールな美しさから一点、巻き毛も愛らしいロマンティックなイザベルを熱演。 祖国フランスを離れてアメリカ映画を演出したルネ・クレール監督は、戦前の名作と比較しては見劣りがするが、それでもクレールらしい一流の上品なユーモアは健在である。

9
「奥様は魔女('42)」の解説 フランスから英国を経て渡米したルネ・クレールの「焔の女」に次ぐ1942年作品。

解説・あらすじ

しかし、ジャックが妻のサマンサ役にスカウトしたイザベルは、本物の魔女だったという設定なのだ。 公開日・キャスト、その他基本情報 公開日 2005年8月27日 キャスト 監督: 出演: 配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 制作国 アメリカ(2005) 動画配信で映画を観よう!• ただ、残念なのは、ジャック役のウィル・フェレルが魅力に欠け、イザベルが恋した相手とは思えないところ。 とにかく、ニコール・キッドマンのツンとした鼻先が好きだし、世間知らず 普通の人間知らず? のお嬢様的な所も非常に可愛いし、当時のダーリンのラリゴー顔に負けず劣らずのウィル・フェレルもサイコーに面白かった 笑 ! 終盤出てきた、スティーヴ・カレルもウケた 笑 ! って言うか、シャーリー・マクレーンって魔女そのものっぽいし、作品自体が当時のドラマっぽいし、ラフ・トラックがなくてもシットコムっぽい作りで、それなりに楽しめた!. 女優アイリス役のシャーリー・マクレーンとも、いい掛け合いを見せる。

4
2005年には、ニコール・キッドマン&ウィル・ファレル主演の映画『奥さまは魔女』が公開。 主人公は、テレビで魔女サマンサ役を演じる『本物の』魔女、イザベル。