黒瀬陽平

今回のトラブルはもはや黒瀬個人の問題ではなく、だからこそより重大である。

18
その映像表現が、物語が、どれほど見事に現実世界を反映していようと、それは「社会反映論に過ぎない」として批判される。 同時期に安西さんは仕事で職場に宿泊する際、カオスラのアルバイトスタッフからも寝ているところに抱きつかれる、身体を触られるなどのセクハラを受けたという。

現代アート集団「カオス*ラウンジ」をセクハラと退職強要で提訴。「アート業界のホモソーシャル性、変わるべき」

これまで反省せずに同様の問題を繰り返している以上、黒瀬個人の変化には期待せずにカオスラと切り離すという判断は正しい。 現段階(20200801)でのカオスラの対応への疑問 黒瀬およびカオスラは、これまで私個人の訴えには一切耳を傾けなかった。

19
Twitter上で謝罪した。

現代アート集団「カオス*ラウンジ」をセクハラと退職強要で提訴。「アート業界のホモソーシャル性、変わるべき」

アーティストや絵画に対する愛憎をベースにした、黒瀬さんの批評という名の叱咤激励。 また、この声明文によると、彼以外にもパワハラ行為に加担したスタッフがいるようです。 その後告発の意思を固めて梅沢に連絡。

最も問題に向き合うべきタイミングで立場を誤魔化し活動を継続することは、被害者である私に対しても、影響が及んでいる関係者に対しても非常に不誠実な態度ではないか。 なので、この点について対談相手というより、「よい聞き手」として黒瀬さんの語りに迫ってみたい。

【何した】黒瀬陽平がパワハラで退社↓嫁は誰?

なお、黒瀬氏はすでにカオスラを退社している。 立場を利用した関係性の強要も含め、会社には関係ないので当事者間で解決するべき。

こうした構造を業界全体で反省し、改革をしていかなければならないと思います」(相馬さん) こうしたアート業界の体質を改革しようと、安西さんの訴訟支援を目的とした団体「」が立ち上がっている。 2020年8月1日 安西彩乃. カオスラ固定勤務とは別報酬で請け負う。

美術手帖

カオスラ外での被害が出ないためにこのテキストはある程度有効だろう。

今回のケースへの処分としても、再発防止の観点からみても、黒瀬の退社は妥当だと思う。

KAKEN — 研究者をさがす

メンバーは美術批評家の黒瀬氏、アーティストの藤城嘘氏、梅沢和木氏の3人で、アニメなどのサブカルチャーをモチーフにしたアートで注目を集めてきた。

伊藤詩織さんに対するSNS上の誹謗中傷に関わる裁判でも代理人を務める山口氏は、伊藤さんのケースとの類似点について、こう指摘する。

村上隆すらも敵に回した希代の批評家・黒瀬陽平が語る日本アート

また、黒瀬は個人的な関係性が揺らぐとそれのみに集中し業務連絡に応じなくなる。

(先述の通り、小松は当該ツイートを削除済) 事実関係の説明は以上。

美術手帖

黒瀬とは2ヶ月半、カオスラとは1ヶ月半、当事者間での解決を望んで対話を試みてきたが、非常に悪質な対応しかされなかった。 とはいえ、海外作品に限らず、「連続ドラマ」的な映像コンテンツがいま「アツい」というのは、理論的にも実感としても、よくわかるつもりだ。

11
(3)Aの心象を損ねないために安西の退職は決定している。 黒瀬は1983年高知県生まれ。

黒瀬 陽平

「キャラクターが、見ている。

10
法的に辞職を請求することはできないため、たとえ訴訟になっても権利を主張することができる。 決裁の権限はなくとも彼の意見を無視せず聞きたいと考え意向を受け入れる。