[B! ブログ] 鹿島アントラーズ原理主義

2016年• また、山形から高崎寛之が復帰 4月からへ期限付き移籍。 1997年 柳沢敦• も3回戦でPK戦の末敗退した。 アントラーズラウンジ• このまま完封されて負ける光景も目に浮かんだが、吹っ切れたのか攻め込み出し、セレッソも守りの意識が高まってゴールに近づいていった。

6
補強としてから、京都から、のからを完全移籍で、さらにから、を獲得。 広告看板 [ ]• チャンピオンシップは磐田を下して、2度目のリーグ年間優勝を果たした。

鹿島アントラーズ原理主義

また、にとして出場したが加入。

これが影響したか、開幕から4戦で得点がオウンゴールの1点にとどまり、クラブワーストの開幕4連敗を喫する。

鹿島アントラーズ原理主義

この年をもって、ジュニーニョが契約満了、岩政大樹がの、大迫勇也がの、川島大地がへ完全移籍、千葉にレンタル移籍していた鈴木隆雅が栃木へレンタル移籍した。

1
最終節まで1度も首位に立たなかったチームが最終節で逆転優勝したのも、その年のA代表の試合に、1人も出場していないチームが優勝するのはいずれもJリーグ史上初めてである。 は、シーズンでの連敗はなかったものの、序盤から夏場にかけてアウェイ戦7連敗を喫し、DF陣のテコ入れを行ったが、失点が続き、5位で終える。

鹿島アントラーズ原理主義

(廃部) 外部リンク [ ]• 2014年• 2018年 チームスローガン: Football Dream - こえる - 大岩体制2年目。 2000年 - 2006年 [ ] 2000年 チームスローガン: Glory Again - 原点からの挑戦 - ジーコと共に「」をブラジル代表で構成したが監督に就任。

12
ユースからが昇格、レンタル移籍で移籍していた()、()が復帰した。

鹿島アントラーズ原理主義

タイトル・表彰 [ ] 国内タイトル [ ]• クラブマスコットは鹿をモチーフにした「」と、に「しかお」と結婚したという設定の「しかこ」、にしかおとしかこの間に誕生したという設定の「アントン」である。 1995年のリーグ戦用2ndモデルには、シャツ・シルバー、パンツ・紺、ストッキング・シルバーを採用したが、諸事情により数戦使用しただけで、シャツ・パンツ・ストッキングをすべて白に変更している(変更後しばらくは、1993年・1994年に使用した2ndモデルを使用していた)。

歴史 [ ] 住友金属時代 [ ] 詳細は「」および「」を参照 創部の住友金属蹴球同好会(にへ改称)が前身となり、に(JSL)2部、にJSL1部へ昇格した。

鹿島 アントラーズ 原理 主義

しかし差は詰めるものの29節の名古屋との直接対決で敗れるなどして追い越すことができず、ACL出場権を得ることができる3,4位の可能性を残した5位のまま最終節を迎えた。 なお、7月にはがへ期限付き移籍、本田拓也がへ完全移籍、8月末で八木直生が現役引退した。 鹿島戦には出場しない条件付き• 2001年 チームスローガン: - 勝利主義 Antlersism - FOR NEXT 10 YEARS セレーゾ体制2年目。

19
そのため、新たに住友金属を紹介したところ、住友金属のアピールもあって、ジーコの入団が実現した」と話している)。 これが響き、後半3分までにとで2失点を喫してしまう。

鹿島アントラーズ原理主義

ANTLERS REPORT Plus 応援番組 [ ] テレビ• その後土居が1点返すも、1-3で敗れた。 2018年• 鹿島アントラーズオフィシャルサイト 2014年6月3日. 2013年 チームスローガン: RENASCIMENTO - 誇りを胸に - 監督には2000年から2005年まで指揮を執ったトニーニョ・セレーゾが再び就任。

4
6月4日にはカシマサッカースタジアムで「」が開催された。

[B! ブログ] 鹿島アントラーズ原理主義

2年連続での出場となったはグループステージで オーストラリア 、 中国 、 韓国 と同組になり、2位で決勝トーナメントに進出。

18
鹿島アントラーズオフィシャルサイト 2011年3月15日. これにより来季のACLのプレーオフからの出場権を獲得。 夏場から秋口にかけて5連敗を喫するも、Jリーグ史上初の3連覇を達成した。