『へ』から始まる言葉 一覧

2文字の『ぬ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぬう 【縫う】 ぬえ 【鵺】 ぬか 【糠】 ぬき 【抜き】 ぬき 【緯】 ぬき 【貫】 ぬく 【抜く】 ぬぐ 【脱ぐ】 ぬさ 【幣】 ぬし 【主】 ぬし 【塗師】 ぬた 【ぬた】 ぬの 【布】 ぬひ 【奴婢】 ぬま 【沼】 ぬめ 【絖】 ぬり 【塗り】 ぬる 【塗る】 3文字の『ぬ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぬいこ 【縫い子】 ぬいめ 【縫い目】 ぬいめ 【縫目】 ぬかご 【零余子】 ぬかす 【吐かす】 ぬかす 【抜かす】 ぬかり 【抜かり】 ぬかる 【抜かる】 ぬかる 【泥濘る】 ぬきて 【抜き手】 ぬきて 【抜手】 ぬきに 【抜き荷】 ぬきに 【抜荷】 ぬきみ 【抜き身】 ぬきみ 【抜身】 ぬくい 【温い】 ぬくみ 【温み】 ぬぐう 【拭う】 ぬけげ 【抜け毛】 ぬけげ 【抜毛】 ぬけげ 【脱け毛】 ぬけじ 【抜け字】 ぬけじ 【抜字】 ぬけに 【抜け荷】 ぬけめ 【抜け目】 ぬけめ 【抜目】 ぬける 【抜ける】 ぬげる 【脱げる】 ぬすみ 【盗み】 ぬすむ 【盗む】 ぬっと 【ぬっと】 ぬなと 【瓊音】 ぬのこ 【布子】 ぬのじ 【布地】 ぬのめ 【布目】 ぬぼく 【奴僕】 ぬまた 【沼田】 ぬまち 【沼地】 ぬめり 【滑り】 ぬめる 【滑る】 ぬらす 【濡らす】 ぬりえ 【塗り絵】 ぬりえ 【塗絵】 ぬりし 【塗り師】 ぬるい 【緩い】 ぬるで 【白膠木】 ぬるむ 【温む】 ぬるり 【ぬるり】 ぬれて 【ぬれ手】 ぬれて 【濡手】 ぬれば 【ぬれ場】 ぬれば 【濡場】 ぬれる 【濡れる】 4文字の『ぬ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぬいあげ 【縫い上げ】 ぬいあげ 【縫上げ】 ぬいいと 【縫い糸】 ぬいいと 【縫糸】 ぬいこみ 【縫い込み】 ぬいこむ 【縫い込む】 ぬいこむ 【縫込む】 ぬいしろ 【縫い代】 ぬいしろ 【縫代】 ぬいとり 【縫い取り】 ぬいとり 【縫取り】 ぬいはく 【縫い箔】 ぬいはく 【縫箔】 ぬいはり 【縫い針】 ぬいはり 【縫針】 ぬいもん 【縫い紋】 ぬいもん 【縫紋】 ぬかあめ 【ぬか雨】 ぬかあめ 【糠雨】 ぬかずく 【額ずく】 ぬかづけ 【ぬか漬】 ぬかづけ 【ぬか漬け】 ぬかづけ 【糠漬】 ぬかづけ 【糠漬け】 ぬかどこ 【ぬか床】 ぬかどこ 【糠床】 ぬかみそ 【ぬか味噌】 ぬかみそ 【糠味噌】 ぬからぬ 【抜からぬ】 ぬかるみ 【ぬかるみ】 ぬかるむ 【ぬかるむ】 ぬきあし 【抜き足】 ぬきあし 【抜足】 ぬきいと 【抜き糸】 ぬきいと 【緯糸】 ぬきうち 【抜き打ち】 ぬきうち 【抜き撃ち】 ぬきうち 【抜打ち】 ぬきうち 【抜撃ち】 ぬきえり 【抜き襟】 ぬきえり 【抜衿】 ぬきえり 【抜襟】 ぬきがき 【抜き書き】 ぬきがき 【抜書き】 ぬきさし 【抜き差し】 ぬきさし 【抜差し】 ぬきさる 【抜き去る】 ぬきずり 【抜き刷り】 ぬきずり 【抜刷り】 ぬきだす 【抜き出す】 ぬきだす 【抜出す】 ぬきとる 【抜き取る】 ぬきとる 【抜取る】 ぬきよみ 【抜き読み】 ぬきよみ 【抜読み】 ぬくとい 【温とい】 ぬくぬく 【ぬくぬく】 ぬくまる 【温まる】 ぬくめる 【温める】 ぬくもり 【温もり】 ぬくもる 【温もる】 ぬけあな 【抜け穴】 ぬけあな 【抜穴】 ぬけうら 【抜け裏】 ぬけうら 【抜裏】 ぬけがけ 【抜け駆け】 ぬけがけ 【抜駆け】 ぬけがら 【抜け殻】 ぬけがら 【抜殻】 ぬけがら 【脱殻】 ぬけぐち 【抜け口】 ぬけさく 【抜け作】 ぬけだす 【抜け出す】 ぬけでる 【抜け出る】 ぬけでる 【抜出る】 ぬけぬけ 【ぬけぬけ】 ぬけみち 【抜路】 ぬけみち 【抜道】 ぬすっと 【盗人】 ぬたくる 【ぬたくる】 ぬのびき 【布引】 ぬのびき 【布引き】 ぬめぎぬ 【絖絹】 ぬめぬめ 【ぬめぬめ】 ぬらくら 【ぬらくら】 ぬらぬら 【ぬらぬら】 ぬりおけ 【塗りおけ】 ぬりおけ 【塗桶】 ぬりばし 【塗り箸】 ぬりばし 【塗箸】 ぬりもの 【塗り物】 ぬりもの 【塗物】 ぬるかん 【温燗】 ぬるぬる 【ぬるぬる】 ぬるまゆ 【微温湯】 ぬれいろ 【ぬれ色】 ぬれいろ 【濡色】 ぬれえん 【ぬれ縁】 ぬれえん 【濡縁】 ぬれがお 【濡れ顔】 ぬれがみ 【濡れ髪】 ぬれぎぬ 【濡衣】 ぬれごと 【ぬれ事】 ぬれごと 【濡事】 5文字の『ぬ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぬいかえす 【縫い返す】 ぬいかえす 【縫返す】 ぬいぐるみ 【縫いぐるみ】 ぬいもよう 【縫い模様】 ぬいもよう 【縫模様】 ぬかあぶら 【ぬか油】 ぬかあぶら 【糠油】 ぬかぶくろ 【ぬか袋】 ぬかぶくろ 【糠袋】 ぬきえもん 【抜きえもん】 ぬきえもん 【抜衣紋】 ぬきがたい 【抜き難い】 ぬきがたい 【抜難い】 ぬきつれる 【抜き連れる】 ぬきつれる 【抜連れる】 ぬきはなす 【抜き放す】 ぬきはなす 【抜放す】 ぬきはなつ 【抜き放つ】 ぬきはなつ 【抜放つ】 ぬきんでる 【抜きんでる】 ぬきんでる 【抽んでる】 ぬきんでる 【擢んでる】 ぬぎすてる 【脱ぎ捨てる】 ぬけあがる 【抜け上がる】 ぬけあがる 【抜上がる】 ぬけおちる 【抜け落ちる】 ぬけおちる 【抜落ちる】 ぬけかわる 【抜け代わる】 ぬけかわる 【抜け換わる】 ぬけかわる 【抜け替わる】 ぬけまいり 【抜け参り】 ぬけまいり 【抜参り】 ぬすみぎき 【盗み聞き】 ぬすみぐい 【盗み食い】 ぬすみどり 【盗み撮り】 ぬすみどり 【盗み録り】 ぬすみよみ 【盗み読み】 ぬだんぬき 【二段抜】 ぬだんぬき 【二段抜き】 ぬのざらし 【布ざらし】 ぬのざらし 【布晒】 ぬばたまの 【射干玉の】 ぬりかえる 【塗り替える】 ぬりかえる 【塗替える】 ぬりかくす 【塗り隠す】 ぬりかくす 【塗隠す】 ぬりぐすり 【塗り薬】 ぬりぐすり 【塗薬】 ぬりこめる 【塗り込める】 ぬりこめる 【塗込める】 ぬりたくる 【塗りたくる】 ぬりたてる 【塗り立てる】 ぬりたてる 【塗立てる】 ぬりつける 【塗り付ける】 ぬりつける 【塗付ける】 ぬりつぶす 【塗り潰す】 ぬりつぶす 【塗潰す】 ぬるるがお 【濡るる顔】 ぬれそぼつ 【濡れそぼつ】 ぬれねずみ 【濡鼠】 ぬればいろ 【ぬれ羽色】 ぬればいろ 【濡れ羽色】 ぬればいろ 【濡羽色】 ぬれぼとけ 【ぬれ仏】 ぬれぼとけ 【濡仏】 ぬんちゃく 【ぬんちゃく】 6文字以上の『ぬ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぬきあしさしあし 【抜き足差し足】 ぬいあわせる 【縫い合わせる】 ぬかばたらき 【ぬか働き】 ぬかばたらき 【糠働き】 ぬかよろこび 【ぬか喜び】 ぬかよろこび 【糠喜び】 ぬからぬかお 【抜からぬ顔】 ぬきあわせる 【抜き合わせる】 ぬきつらねる 【抜き連ねる】 ぬきつらねる 【抜連ねる】 ぬきてをきる 【抜き手を切る】 ぬらりくらり 【ぬらりくらり】. 2文字 ばー(バー) 酒場 はい(肺) 呼吸をコントロールする器官 はか(墓) 亡くなった人を弔う構造物 ばか(馬鹿) 愚かなこと、愚か者 はぎ(萩) 秋の七草のひとつ ぱぐ(パグ) 犬の種類のひとつ、小型犬 はけ(刷毛) 柄の先に毛が付いた塗るための道具 はげ(禿) 頭髪が抜けて無い状態のこと はし(箸) 食事をするための道具 はす(蓮) ハス科の水生植物 ばす(バス) 多くの乗客を移送させる自動車 はち(蜂) ブンブンと飛ぶ昆虫 はで(派手) 目立つ華やかな装いのこと はと(鳩) 平和のシンボルとされるハト科の鳥 はな(花) 植物がつける生殖ための器官、美しい はな(鼻) 嗅覚をコントロールする器官 はは(母) ママ、お母さんのこと ぱぱ(パパ) 父、お父さんのこと ぱぶ(パブ) 洋風の酒場 はむ(ハム) 豚肉を塩漬けにして作る加工食品 はも(鱧) 高級魚、骨切りして梅肉でどうぞ ばら(薔薇) 世界一美しいと言われる花 はり(針) 糸を通して縫う裁縫道具 ぱり(パリ) フランスの首都 はる(春) 四季のひとつ、恋の季節 はれ(晴れ) お天気が良い状態のこと ぱん(パン) 小麦粉を練って焼いたもの スポンサーリンク 3文字 はあく(把握) よーく理解すること ナルホド ばーつ(バーツ) タイの貨幣の単位 はーぶ(ハーブ) 香草、薬草のこと ばいく(バイク) エンジンが付いた二輪車、オートバイのこと ばいと(バイト) 働き方のひとつ、アルバイトのこと ぱいぷ(パイプ) 水道やガスなどを通す管 はいむ(ハイム) 独語で家 はうす(ハウス) 英語で家 はおり(羽織) 和服の上から着る上着 はかい(破壊) 形あるものを力で壊すこと エイッ はがき(ハガキ) 手紙の一種、郵便はがきの略 ばかす(化かす) キツネやタヌキが人間をたぶらかすこと はかせ(博士) その分野に精通している人、ものしり はかま(袴) 腰より下に身に付ける和服 はかり(計) 重さを計る道具 ぱきら(パキラ) 観葉植物のひとつ はくい(白衣) 衣服の上から着る白色の外衣 はくし(白紙) 白い紙、または何も書いていない答案用紙 はくば(白馬) 白い毛の馬 ばけつ(バケツ) 水をくむための容器 ハコベ(繁縷) 春の七草のひとつ、ハコベラともいいます ばさし(馬刺し) 馬肉のお刺身 はさみ(鋏) 紙などを切断する刃物、二枚の刃で挟んで切ります はしご(梯子) もたれ掛けさせて高いところに登る道具 ばしゃ(馬車) 馬に引かせて動く車 はしら(柱) 建築物を支える木材 ばじる(バジル) トマトソースと相性抜群のハーブ ぱすた(パスタ) 小麦粉から作った食品 ぱせり(パセリ) セリ科の香草 ばたー(バター) 生乳の脂肪分を固めた食品 ぱたー(パター) ゴルフのクラブのひとつ はだし(裸足) 足に何も履いていない状態 はとば(波止場) 港、船着き場のこと ばなな(バナナ) 南国のフルーツ、黄色い はなび(花火) 色とりどりの火花を楽しむ夏の風物詩 ぱなま(パナマ) 南北アメリカ大陸の中間に位置する国 はなみ(花見) 桜の花を観賞すること はまち(ハマチ) 出世魚、さらに成長するとブリです はやし(林) 木が密集しているところ ぱらお(パラオ) ミクロネシアの500を超える島からなる国 ぱわー(パワー) 力、または精神力のこと ばんく(バンク) 銀行のこと ぱんだ(パンダ) クマ科の笹を食べる動物 ぱんち(パンチ) ゲンコツで殴ること ぱんつ(パンツ) ブリーフなど下着のこと スポンサーリンク 4文字 はーどる(ハードル) 陸上の障害競技で使われる器具 ばーばー(バーバー) 床屋、理髪店のこと ばーべな(バーベナ) 小さな花が集まって咲きます はいえい(背泳) 水泳の背泳ぎのこと はいしん(背信) 信じていた人が裏切ること ヒヒヒ はいじん(俳人) 俳句を作る人のこと はいたつ(配達) 商品をあて先にまで届けること はいてく(ハイテク) 最新鋭の技術、ハイテクノロジーの略 はいぼく(敗北) 戦いに負けること はえぎわ(生え際) 髪の毛が生えている境目 ぱえりあ(パエリア) 米をスープで炊いたスペイン料理 はがゆい(歯痒い) もどかしい、じれったい はぎしり(歯軋り) 睡眠中に自覚なしに歯をこすり合わせること ギシギシ はきもの(履物) 足に履くもの、サンダルや靴など はきょく(破局) 恋人や夫婦が別れること はくさい(白菜) 鍋にぴったりの葉野菜 はくしゅ(拍手) 手をたたいて音をだすこと はくとう(白桃) モモの品種のひとつ はくまい(白米) 玄米から胚芽を取り除いたもの はぐるま(歯車) 周囲に歯が刻まれた部品 ばけっと(バケット) フランスパンの種類のひとつ はごいた(羽子板) 羽根つきをする時に用いる板 はしばみ(榛) 果実がヘーゼルナッツ ぱじゃま(パジャマ) 上下が別になった西洋風の寝まき はじらい(恥じらい) 恥ずかしいと感じる気持ち ばすたぶ(バスタブ) 浴槽、湯船のこと ばすてい(バス停) バスの停留所 はすらー(ハスラー) ビリヤードのプロのこと ぱそこん(パソコン) パーソナルコンピュータの略 ばたあし(バタ足) 水泳で交互に足をキックすること はちうえ(鉢植え) 植木鉢で植物を育てること はちみつ(蜂蜜) 蜂が花から集めた蜜 はつこい(初恋) 人生で最初の恋 ばったー(バッター) 野球で打撃をするひと、打者のこと ばってら(バッテラ) 鯖の押し寿司 はっぴー(ハッピー) 幸せな様子、幸福な状態のこと グガー ぱとかー(パトカー) 警察が使う車両、パトロールカーの略 はなたば(花束) たくさんの花をひとつに束ねたもの はなふだ(花札) 花や鳥が描かれた絵札 はぶらし(歯ブラシ) 歯磨きで使うブラシのこと ぱぷりか(パプリカ) ピーマンの親玉のような野菜 はまぐり(蛤) 二枚貝のひとつ ばらーど(バラード) 語りのような歌詞を感情を込めて歌う曲 ぱらそる(パラソル) 女性用の日傘で西洋的なデザインのもの イラスト ぱんじー(パンジー) 公園の花壇などを彩る花です はんたー(ハンター) 狩りをする人、狩人 スポンサーリンク 5文字 ぱーきんぐ(パーキング) 駐車場、関西ではモータープールとも ばーこーど(バーコード) 白黒の幅の違いで情報を読み取る仕組み はいきゅう(排球) バレーボールのこと はえたたき(蠅たたき) ハエを駆除する道具 はかまいり(墓参り) お墓にお参りすること はくちょう(白鳥) カモ科に分類される7種類の水鳥 ぱすぽーと(パスポート) 旅券、渡航先での身分証明書 ばたふらい(バタフライ) 競泳での泳法のひとつ ばってりー(バッテリー) 蓄電池、充電式の電池のこと ぱてぃしえ(パティシエ) 洋菓子職人のこと はとぽっぽ(鳩ポッポ) 日本の童謡、文部省唱歌です はなきりん(ハナキリン) くちびるのような姿の花 はなずおう(花蘇芳) 枝にびっしりと咲く春の花 はなみずき(花水木) 白やピンクの十字の花が咲きます ははこぐさ(母子草) 春の七草のひとつゴギョウ(御形)のこと ばやりーす(バヤリース) アサヒ飲料の果汁入りジュース はるじおん(春紫苑) 身近に咲く黄と白の花 ぱんけーき(パンケーキ) 小麦粉を練ってフライパンで焼いたケーキ はんばーぐ(ハンバーグ) ひき肉をこねて焼いた料理 6文字 はーどろっく(ハードロック) ロック音楽のジャンルのひとつ ばーべきゅー(バーベキュー) 肉や野菜を火で焼いて食べる料理 ばいかうつぎ(梅花空木) ウメに似た純白の花 はいすぺっく(ハイスペック) パソコンなど機器が高性能なこと ぱいなっぷる(パイナップル) 南国フルーツの王様です はいびすかす(ハイビスカス) 南国を代表する花 はいめんとび(背面飛び) 走り高跳びの飛び方のひとつ はかたじどり(博多地鶏) 福岡を代表するブランド鶏 はつかねずみ(二十日鼠) ネズミの一種、繁殖力が強い はっしゅたぐ(ハッシュタグ) SNSで使われる記号 ばってぃんぐ(バッティング) 野球で打者が球を打つこと はっぽうさい(八宝菜) 中華料理のひとつ、具材たっぷりの炒め物 はなかいどう(花海棠) 八重咲きの美しい花、ドレスのようだ はなとらのお(花虎の尾) 虎の尻尾のような花穂が付きます はなびしそう(花菱草) 米西海岸の春を彩る黄色い花 ばにらあいす(バニラアイス) バニラ香料の入ったアイスクリーム はやしらいす(ハヤシライス) ハヤシソースをごはんに掛けたもの ばるさみこす(バルサミコ酢) 果実酢のひとつ、原料はブドウの濃縮果汁 はるしゃぎく(波斯菊) 蛇の目模様の花 ばれーぼーる(バレーボール) ネットを間にボールを打ち合うスポーツ はんばーがー(ハンバーガー) ハンバーグをバンズで挟んだもの ばんばんじー(棒棒鶏) 蒸し鶏にゴマダレをかけた四川料理 スポンサーリンク 7文字 ばーにゃかうだ(バーニャカウダ) 野菜をディップする食べ物 はいきんりょく(背筋力) 体力測定の項目のひとつ ばいぶれーたー(バイブレーター) 振動を生む装置、またはマッサージ器 はこいりむすめ(箱入り娘) めったに外出させず大切に育てられた娘 ぱすてるからー(パステルカラー) 白が混ざったやわらかい中間色 はっしゅぽてと(ハッシュポテト) ざく切りポテトを軽く潰して揚げたもの はっととりっく(ハットトリック) サッカーで一人の選手が3点入れること はっぴーえんど(ハッピーエンド) 映画などで幸福な結末で終わること はにーとーすと(ハニートースト) トーストに蜂蜜を塗ったもの はやくちことば(早口言葉) 言いにくい言葉を早口でしゃべること はるのななくさ(春の七草) 1月7日に粥にして食べる7種の若菜 はれーすいせい(ハレー彗星) 76年ごとに地球に接近する彗星 はんちんぐぼう(ハンチング帽) 元々は狩猟用の帽子 ぱんぱすぐらす(パンパスグラス) 背の高いススキのような姿の植物. 1文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 の 【野】 2文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のう 【のう】 のう 【脳】 のき 【軒】 のく 【退く】 のこ 【鋸】 のし 【伸し】 のし 【熨斗】 のじ 【野路】 のす 【伸す】 のち 【後】 ので 【ので】 のど 【咽】 のど 【喉】 のに 【のに】 のび 【伸び】 のび 【延び】 のび 【野火】 のべ 【延べ】 のべ 【野辺】 のみ 【のみ】 のみ 【蚤】 のみ 【鑿】 のむ 【呑む】 のむ 【飲む】 のら 【野良】 のり 【乗り】 のり 【則】 のり 【法】 のり 【海苔】 のり 【糊】 のる 【乗る】 のる 【告る】 のる 【宣る】 のる 【載る】 3文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうか 【濃化】 のうか 【農家】 のうか 【農科】 のうき 【納期】 のうき 【農期】 のうぐ 【農具】 のうし 【直衣】 のうし 【脳死】 のうじ 【能事】 のうじ 【農事】 のうそ 【曩祖】 のうち 【農地】 のうど 【濃度】 のうど 【農奴】 のうは 【脳波】 のうひ 【能否】 のうふ 【納付】 のうふ 【農夫】 のうふ 【農婦】 のうむ 【濃霧】 のうり 【能吏】 のうり 【脳裏】 のうり 【脳裡】 のかい 【野飼】 のかい 【野飼い】 のがけ 【野駆】 のがけ 【野駆け】 のがす 【逃す】 のがも 【野鴨】 のきば 【軒端】 のぎく 【野菊】 のける 【退ける】 のける 【除ける】 のこす 【残す】 のこす 【遺す】 のこり 【残り】 のこる 【残る】 のしめ 【のし目】 のしめ 【熨斗目】 のじめ 【野締め】 のずえ 【野末】 のせる 【乗せる】 のせる 【載せる】 のぞき 【覗き】 のぞく 【覗く】 のぞく 【覘く】 のぞく 【除く】 のぞみ 【望み】 のぞむ 【望む】 のぞむ 【臨む】 のだち 【野太刀】 のだて 【野だて】 のだて 【野点】 のだて 【野立て】 のっけ 【のっけ】 のっぽ 【のっぽ】 のづみ 【野積み】 のづら 【野面】 のてん 【野天】 のどか 【長閑】 のどわ 【喉輪】 のなか 【野中】 のはら 【野原】 のばす 【伸ばす】 のばす 【延ばす】 のばな 【野花】 のびる 【伸びる】 のびる 【延びる】 のびる 【野蒜】 のぶし 【野伏】 のぶし 【野武士】 のべつ 【のべつ】 のべる 【叙べる】 のべる 【延べる】 のべる 【述べる】 のべる 【陳べる】 のぼす 【上ぼす】 のぼり 【上り】 のぼり 【幟】 のぼる 【上る】 のぼる 【昇る】 のぼる 【登る】 のます 【呑す】 のます 【飲す】 のます 【飲ます】 のみか 【のみか】 のみち 【野道】 のみて 【飲み手】 のみて 【飲手】 のみや 【呑屋】 のみや 【飲み屋】 のみや 【飲屋】 のめす 【のめす】 のめる 【のめる】 のめる 【飲める】 のやき 【野焼】 のやき 【野焼き】 のやま 【野山】 のらぎ 【野良着】 のりき 【乗り気】 のりて 【乗り手】 のりて 【乗手】 のりと 【祝詞】 のりば 【乗り場】 のりば 【乗場】 のれん 【暖簾】 のろい 【鈍い】 のろう 【呪う】 のろう 【詛う】 のろけ 【惚気】 のろけ 【惚氣】 のろし 【狼煙】 のろま 【のろま】 のわき 【野分】 のんき 【呑気】 のんき 【暢気】 4文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のあそび 【野遊び】 のあらし 【野荒し】 のあらし 【野荒らし】 のいばら 【野茨】 のいばら 【野薔薇】 のうえん 【濃艶】 のうえん 【脳炎】 のうえん 【農園】 のうかい 【納会】 のうかん 【納棺】 のうかん 【脳幹】 のうがき 【能書】 のうがき 【能書き】 のうがく 【能楽】 のうがく 【農学】 のうきぐ 【農機具】 のうきん 【納金】 のうげい 【農芸】 のうげか 【脳外科】 のうこう 【濃厚】 のうこう 【濃香】 のうこう 【農工】 のうこう 【農耕】 のうこう 【農高】 のうこつ 【納骨】 のうこん 【濃紺】 のうさい 【納采】 のうさい 【能才】 のうさぎ 【野兎】 のうさく 【農作】 のうさつ 【悩殺】 のうさつ 【納札】 のうしゃ 【納車】 のうしゃ 【農舎】 のうじゅ 【納受】 のうすい 【農水】 のうずい 【脳髄】 のうせい 【脳性】 のうせい 【農政】 のうぜい 【納税】 のうそう 【濃粧】 のうそん 【農村】 のうたん 【濃淡】 のうだい 【農大】 のうてい 【嚢底】 のうてん 【脳天】 のうとう 【脳頭】 のうどう 【能動】 のうどう 【農道】 のうない 【脳内】 のうなし 【能無し】 のうのう 【のうのう】 のうひつ 【能筆】 のうひん 【納品】 のうぶん 【能文】 のうへい 【農兵】 のうべん 【能弁】 のうほう 【嚢胞】 のうほう 【膿疱】 のうほう 【農法】 のうほん 【納本】 のうまく 【脳膜】 のうまつ 【濃抹】 のうみそ 【脳みそ】 のうみそ 【脳味噌】 のうみつ 【濃密】 のうみん 【農民】 のうめん 【能面】 のうやく 【農薬】 のうよう 【膿瘍】 のうらん 【悩乱】 のうらん 【脳乱】 のうりつ 【能率】 のうりん 【農林】 のがれる 【逃れる】 のきさき 【軒先】 のきした 【軒下】 のきたけ 【軒丈】 のきなみ 【軒並】 のきなみ 【軒並み】 のきわり 【軒割】 のきわり 【軒割り】 のぎへん 【禾偏】 のけぞる 【仰け反る】 のけもの 【のけ者】 のけもの 【除者】 のこくず 【鋸屑】 のこった 【残った】 のこのこ 【のこのこ】 のこらず 【残らず】 のこりが 【残り香】 のこりび 【残り火】 のさばる 【のさばる】 のざらし 【野ざらし】 のざらし 【野晒】 のしいか 【伸烏賊】 のしがみ 【のし紙】 のしがみ 【熨斗紙】 のしもち 【伸し餅】 のしもち 【伸餅】 のじゅく 【野宿】 のそだち 【野育ち】 のそのそ 【のそのそ】 のぞきみ 【のぞき見】 のぞきみ 【覗見】 のたうつ 【のたうつ】 のたくる 【のたくる】 のだいこ 【野幇間】 のちざん 【後産】 のちぞい 【後添】 のちぞい 【後添い】 のちのち 【後後】 のちほど 【後程】 のっかる 【のっかる】 のっける 【乗っける】 のっそり 【のっそり】 のっとる 【乗っ取る】 のっとる 【則る】 のっとる 【法る】 のっぺり 【のっぺり】 のつそつ 【伸つ反つ】 のどくび 【喉頸】 のどくび 【喉首】 のどけし 【長閑けし】 のどごし 【喉越し】 のどひこ 【喉彦】 のどぶえ 【喉笛】 のどもと 【喉元】 のねずみ 【野鼠】 ののさま 【ののさま】 ののしる 【罵る】 のばかま 【野ばかま】 のばかま 【野袴】 のばなし 【野放し】 のびしろ 【伸び代】 のびのび 【伸び伸び】 のびのび 【延び延び】 のびやか 【伸びやか】 のびやか 【延びやか】 のびりつ 【伸び率】 のぶすま 【野衾】 のぶせり 【野伏せり】 のぶせり 【野臥り】 のぶとい 【野太い】 のぶれば 【陳者】 のべいた 【延べ板】 のべいた 【延板】 のべがね 【延べ金】 のべがね 【延金】 のべがみ 【延べ紙】 のべがみ 【延紙】 のべざお 【延べざお】 のべざお 【延棹】 のべざお 【延竿】 のべたら 【のべたら】 のべつぼ 【延べ坪】 のべつぼ 【延坪】 のべぼう 【延べ棒】 のべぼう 【延棒】 のほうず 【野放図】 のほうず 【野方図】 のほほん 【のほほん】 のぼせめ 【逆上目】 のぼせる 【上せる】 のぼせる 【逆上せる】 のませる 【呑せる】 のませる 【飲せる】 のませる 【飲ませる】 のまれる 【飲まれる】 のみかい 【飲み会】 のみくい 【飲み食い】 のみくい 【飲食い】 のみくち 【飲み口】 のみくち 【飲口】 のみぐち 【のみ口】 のみぐち 【呑口】 のみこむ 【呑み込む】 のみこむ 【呑込み】 のみこむ 【飲み込み】 のみこむ 【飲み込む】 のみこむ 【飲込み】 のみこむ 【飲込む】 のみさし 【飲み差し】 のみさし 【飲差し】 のみしろ 【飲み代】 のみすけ 【呑助】 のみすけ 【飲助】 のみほす 【飲み干す】 のみほす 【飲乾す】 のみほす 【飲干す】 のみみず 【飲み水】 のみみず 【飲水】 のみもの 【飲み物】 のめのめ 【のめのめ】 のらいぬ 【野良犬】 のらくら 【のらくら】 のらごえ 【野良声】 のらねこ 【野良猫】 のりあい 【乗り合い】 のりあい 【乗合い】 のりおり 【乗り降り】 のりおり 【乗降り】 のりかえ 【乗り換え】 のりかえ 【乗換え】 のりきる 【乗り切る】 のりきる 【乗切る】 のりくむ 【乗り組む】 のりくむ 【乗組む】 のりこす 【乗り越す】 のりこす 【乗越す】 のりこむ 【乗り込む】 のりこむ 【乗込む】 のりする 【糊する】 のりだい 【のり代】 のりだい 【糊代】 のりだす 【乗り出す】 のりだす 【乗出す】 のりつぐ 【乗り継ぐ】 のりつぐ 【乗継ぐ】 のりづけ 【のり付け】 のりづけ 【糊付】 のりにげ 【乗り逃げ】 のりにげ 【乗逃げ】 のりまき 【のり巻き】 のりまき 【海苔巻】 のりもの 【乗り物】 のりもの 【乗物】 のろくさ 【のろ臭】 のろくさ 【鈍臭】 のろける 【惚ける】 のろのろ 【のろのろ】 のんびり 【のんびり】 のんべえ 【呑兵衛】 のんべえ 【飲んべえ】 のんべえ 【飲兵衛】 5文字の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうかんき 【農閑期】 のうきょう 【納経】 のうきょう 【膿胸】 のうきょう 【農協】 のうぎょう 【農業】 のうしゅく 【濃縮】 のうしょう 【脳漿】 のうしょう 【脳症】 のうしょう 【農相】 のうじゅう 【膿汁】 のうじょう 【農場】 のうちゅう 【嚢中】 のうちゅう 【脳中】 のうてんき 【能天気】 のうてんき 【能転気】 のうてんき 【脳天気】 のうにゅう 【納入】 のうはんき 【農繁期】 のうびょう 【脳病】 のうりょう 【納涼】 のうりょく 【濃緑】 のうりょく 【能力】 のきしのぶ 【軒忍】 のきならび 【軒並び】 のこりぐさ 【残り草】 のこりもの 【残り物】 のしあがる 【のし上がる】 のしあがる 【伸上がる】 のしあわび 【熨斗鮑】 のしかかる 【のし掛かる】 のしかかる 【のし掛る】 のしかかる 【伸掛る】 のしこんぶ 【のし昆布】 のしこんぶ 【熨斗昆布】 のしぶくろ 【のし袋】 のしぶくろ 【熨斗袋】 のぞかせる 【のぞかせる】 のぞきあな 【のぞき穴】 のぞきあな 【覗き穴】 のぞきまど 【のぞき窓】 のぞきまど 【覗窓】 のぞましい 【望ましい】 のたれじに 【野垂れ死に】 のたれじに 【野垂死】 のちのつき 【後の月】 のどじまん 【喉自慢】 のどぼとけ 【喉仏】 のびあがる 【伸び上がる】 のびざかり 【伸び盛り】 のびちぢみ 【伸び縮み】 のびなやむ 【伸び悩む】 のべばらい 【延べ払い】 のべばらい 【延払い】 のぼりあゆ 【上り鮎】 のぼりがま 【上り窯】 のぼりくち 【上り口】 のぼりくち 【登り口】 のぼりざか 【上り坂】 のぼりづき 【上り月】 のみあかす 【呑み明す】 のみあかす 【飲み明かす】 のみあかす 【飲明す】 のみくだす 【飲み下す】 のみくだす 【飲下す】 のみこうい 【のみ行為】 のみこうい 【呑行為】 のみたおす 【飲み倒す】 のみたおす 【飲倒す】 のみつぶす 【呑潰す】 のみつぶす 【飲み潰す】 のみつぶす 【飲潰す】 のみならず 【のみならず】 のみまわす 【飲み回す】 のみまわす 【飲回す】 のみりょう 【飲み料】 のめりこむ 【のめり込む】 のらしごと 【野良仕事】 のらむすこ 【野良息子】 のりあげる 【乗り上げる】 のりあげる 【乗上げる】 のりいれる 【乗り入れる】 のりいれる 【乗入れる】 のりうつる 【乗り移る】 のりうつる 【乗移る】 のりかえる 【乗り換える】 のりかえる 【乗換える】 のりかかる 【乗り掛かる】 のりかかる 【乗り掛る】 のりこえる 【乗り越える】 のりこえる 【乗越える】 のりごこち 【乗り心地】 のりごこち 【乗心地】 のりすごす 【乗り過ごす】 のりすごす 【乗過す】 のりすてる 【乗り捨てる】 のりすてる 【乗捨てる】 のりつける 【乗り付ける】 のりつける 【乗付ける】 のりつぶす 【乗り潰す】 のりまわす 【乗り回す】 のりまわす 【乗回す】 のろくさい 【のろ臭い】 のろくさい 【鈍臭い】 のろわしい 【呪わしい】 のんだくれ 【飲んだくれ】 6文字以上の『の』から始まる言葉 ひらがな 表記 のうぎょうきょうどうくみあい 【農業協同組合】 のうぎょうこうとうがっこう 【農業高等学校】 のうりんすいさんだいじん 【農林水産大臣】 のうりんすいさんしょう 【農林水産省】 のうせきずいまくえん 【脳脊髄膜炎】 のうしゅくかんげん 【濃縮還元】 のうなんかしょう 【脳軟化症】 のうりょくきゅう 【能力給】 のりかかったふね 【乗り掛かった船】 のうかすいたい 【脳下垂体】 のうきょうげん 【能狂言】 のうしゅっけつ 【脳出血】 のうじゅうけつ 【脳充血】 のうすいしょう 【農水相】 のうすいしょう 【農水省】 のうぜんかずら 【凌霄花】 のうそっちゅう 【脳卒中】 のうちかいかく 【農地改革】 のうほんしゅぎ 【農本主義】 のうりつきゅう 【能率給】 のうりょくいろ 【濃緑色】 のぞきからくり 【覗きからくり】 のっぴきならぬ 【のっぴきならぬ】 のぼりちょうし 【上り調子】 のみとりまなこ 【のみ取り眼】 のみとりまなこ 【蚤取り眼】 のみとりまなこ 【蚤取眼】 のやまのにしき 【野山の錦】 のんべんだらり 【のんべんだらり】 のういっけつ 【脳溢血】 のうけっせん 【脳血栓】 のうこうそく 【脳梗塞】 のうさいぼう 【脳細胞】 のうさぎょう 【農作業】 のうさくぶつ 【農作物】 のうさんそん 【農山村】 のうさんぶつ 【農産物】 のうしゅよう 【脳腫瘍】 のうしんけい 【脳神経】 のうしんとう 【脳震盪】 のうせきずい 【脳脊髄】 のうどうたい 【能動態】 のうどうてき 【能動的】 のうひんけつ 【脳貧血】 のうほうしん 【膿疱疹】 のうまくえん 【脳膜炎】 のうやくしゃ 【能役者】 のこりおおい 【残り多い】 のこりおしい 【残り惜しい】 のこりすくな 【残り少な】 のこりのきく 【残りの菊】 のこりのつき 【残りの月】 のすたるじあ 【ノスタルジア】 のぞきめがね 【のぞき眼鏡】 のぞきめがね 【覗き眼鏡】 のぞむらくは 【望むらくは】 のたりのたり 【のたりのたり】 のちのつきみ 【後の月見】 のちのひがん 【後の彼岸】 のっしのっし 【のっしのっし】 のっつそっつ 【伸っつ反っつ】 のっぺいじる 【のっぺい汁】 のっぺいじる 【濃餅汁】 のっぺいじる 【能平汁】 のっぺらぼう 【のっぺらぼう】 のっぺらぽう 【のっぺらぽう】 のべじんいん 【延べ人員】 のべじんいん 【延人員】 のべにっすう 【延べ日数】 のべにっすう 【延日数】 のぼせあがる 【のぼせ上がる】 のぼせあがる 【逆上せ上がる】 のぼりすがた 【上り姿】 のぼりつめる 【上り詰める】 のぼりつめる 【昇り詰める】 のぼりつめる 【登り詰める】 のみこみがお 【飲み込み顔】 のみつぶれる 【呑潰れる】 のみつぶれる 【飲み潰れる】 のみつぶれる 【飲潰れる】 のらりくらり 【のらりくらり】 のりあわせる 【乗り合わせる】 のりあわせる 【乗合せる】 のりおくれる 【乗り遅れる】 のりおくれる 【乗遅れる】 のりくみいん 【乗組員】 のるかそるか 【のるか反るか】 のるかそるか 【伸るか反るか】. 1文字の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へ 【屁】 2文字の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へい 【丙】 へい 【兵】 へい 【塀】 へえ 【へえ】 へぎ 【へぎ】 へぐ 【剥ぐ】 へす 【減す】 へそ 【臍】 へた 【下手】 へた 【蔕】 へど 【反吐】 へび 【蛇】 へぼ 【へぼ】 へま 【へま】 へや 【部屋】 へら 【箆】 へる 【減る】 へる 【経る】 へん 【偏】 へん 【変】 へん 【片】 へん 【篇】 3文字の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へいい 【平易】 へいか 【併科】 へいか 【兵家】 へいか 【兵戈】 へいか 【兵火】 へいか 【兵科】 へいか 【平価】 へいか 【陛下】 へいが 【平臥】 へいき 【併記】 へいき 【兵器】 へいき 【平気】 へいけ 【平家】 へいこ 【炳乎】 へいご 【平語】 へいさ 【閉鎖】 へいざ 【平左】 へいし 【兵士】 へいし 【平氏】 へいし 【斃死】 へいし 【閉止】 へいじ 【兵事】 へいじ 【平時】 へいじ 【瓶子】 へいそ 【平素】 へいち 【併置】 へいち 【平地】 へいば 【兵馬】 へいび 【兵備】 へいほ 【弊舗】 へいや 【丙夜】 へいや 【平野】 へいゆ 【平癒】 へいり 【弊履】 へいり 【敝履】 へいろ 【平炉】 へいわ 【平和】 へいわ 【平話】 へきが 【壁画】 へきち 【僻地】 へこむ 【凹む】 へさき 【舳先】 へずる 【へずる】 へだて 【隔て】 へちま 【糸瓜】 へどろ 【へどろ】 へな土 【へな土】 へな土 【埴土】 へな土 【粘土】 へばる 【へばる】 へらす 【減らす】 へんい 【変位】 へんい 【変異】 へんい 【変移】 へんか 【変化】 へんか 【返歌】 へんさ 【偏差】 へんし 【変死】 へんじ 【片時】 へんじ 【返事】 へんじ 【返辞】 へんち 【辺地】 へんど 【辺土】 へんぱ 【偏頗】 へんぴ 【辺鄙】 へんぷ 【返付】 へんり 【片理】 へんろ 【遍路】 4文字の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へいあん 【平安】 へいいん 【兵員】 へいいん 【閉院】 へいえい 【兵営】 へいえき 【兵役】 へいえん 【閉園】 へいおく 【弊屋】 へいおん 【平温】 へいおん 【平穏】 へいかい 【閉会】 へいかく 【兵革】 へいかつ 【平滑】 へいかん 【閉館】 へいがい 【弊害】 へいがく 【兵学】 へいがん 【併願】 へいきょ 【閉居】 へいきん 【平均】 へいけい 【閉経】 へいけん 【兵権】 へいげい 【睥睨】 へいげん 【平原】 へいこう 【並行】 へいこう 【平行】 へいこう 【平衡】 へいこう 【閉口】 へいこう 【閉校】 へいこう 【閉講】 へいこら 【へいこら】 へいごう 【併合】 へいさく 【平作】 へいさつ 【併殺】 へいざん 【閉山】 へいしゃ 【兵舎】 へいしゃ 【弊社】 へいしゅ 【兵種】 へいしょ 【兵書】 へいしん 【並進】 へいしん 【併進】 へいしん 【平信】 へいじつ 【平日】 へいじょ 【平叙】 へいすい 【平水】 へいすい 【萍水】 へいする 【聘する】 へいせい 【兵制】 へいせい 【幣制】 へいせい 【平声】 へいせい 【平静】 へいせい 【弊政】 へいせき 【兵籍】 へいせつ 【併設】 へいせん 【兵船】 へいぜい 【平生】 へいぜん 【平然】 へいそう 【並走】 へいそう 【兵曽】 へいそく 【屏息】 へいそく 【閉塞】 へいそつ 【兵卒】 へいそん 【並存】 へいそん 【併存】 へいそん 【弊村】 へいぞく 【平俗】 へいたい 【兵隊】 へいたん 【兵站】 へいたん 【兵端】 へいたん 【平坦】 へいたん 【平淡】 へいだん 【兵団】 へいてい 【平定】 へいてい 【閉廷】 へいてん 【弊店】 へいてん 【閉店】 へいとう 【平等】 へいどく 【併読】 へいどん 【併呑】 へいにん 【併任】 へいねつ 【平熱】 へいねん 【平年】 へいはく 【幣帛】 へいはつ 【併発】 へいはん 【平版】 へいばん 【平板】 へいふう 【弊風】 へいふく 【平伏】 へいふく 【平復】 へいふく 【平服】 へいぶん 【平分】 へいぶん 【平文】 へいへい 【へいへい】 へいべい 【平米】 へいほう 【兵法】 へいほう 【平方】 へいぼん 【平凡】 へいまく 【閉幕】 へいみん 【平民】 へいめい 【平明】 へいめん 【平面】 へいもつ 【幣物】 へいもん 【閉門】 へいゆう 【併有】 へいよう 【併用】 へいらん 【兵乱】 へいりつ 【並立】 へいれつ 【並列】 へきうん 【碧雲】 へきうん 【辟易】 へきえん 【僻遠】 へきかい 【劈開】 へきかい 【碧海】 へきがん 【碧眼】 へききょ 【碧虚】 へきくう 【碧空】 へきけつ 【碧血】 へきけん 【碧見】 へきざい 【僻在】 へきすい 【碧水】 へきすう 【僻陬】 へきする 【僻する】 へきせつ 【僻説】 へきそん 【僻村】 へきたん 【碧潭】 へきてん 【碧天】 へきとう 【劈頭】 へきめん 【壁面】 へきらく 【碧落】 へきるり 【碧瑠璃】 へきれき 【霹靂】 へきろん 【僻論】 へぎいた 【へぎ板】 へこおび 【へこ帯】 へこおび 【兵児帯】 へこます 【凹ます】 へしあう 【へし合う】 へしあう 【圧し合う】 へしおる 【へし折る】 へしおる 【圧し折る】 へそくり 【へそ繰り】 へそくり 【臍繰】 へそのお 【へその緒】 へそのお 【臍の緒】 へたくそ 【へたくそ】 へたくそ 【下手糞】 へたばる 【へたばる】 へだたる 【隔たる】 へだたる 【隔る】 へだてる 【隔てる】 へだてる 【障てる】 へっつい 【竃】 へっぽこ 【へっぽこ】 へつらう 【諂う】 へとへと 【へとへと】 へどもど 【へどもど】 へなぶり 【へなぶり】 へなへな 【へなへな】 へべれけ 【へべれけ】 へめぐる 【経回る】 へめぐる 【経巡る】 へらつけ 【へら付け】 へらつけ 【箆付け】 へらぶな 【箆鮒】 へらへら 【へらへら】 へりくつ 【屁理屈】 へろへろ 【へろへろ】 へんあい 【偏愛】 へんうん 【片雲】 へんえい 【片影】 へんかい 【変改】 へんかく 【変格】 へんかく 【変革】 へんかん 【変換】 へんかん 【返還】 へんがえ 【変替】 へんがえ 【変替え】 へんがく 【扁額】 へんきん 【返金】 へんくつ 【偏屈】 へんけい 【変形】 へんけい 【扁形】 へんけん 【偏見】 へんげつ 【片月】 へんげる 【変化る】 へんげん 【変幻】 へんげん 【片言】 へんこう 【偏向】 へんこう 【変更】 へんさい 【変災】 へんさい 【辺際】 へんさい 【返済】 へんさん 【編纂】 へんざい 【偏在】 へんざい 【遍在】 へんしつ 【偏執】 へんしつ 【変質】 へんしゅ 【変種】 へんしょ 【返書】 へんしん 【変心】 へんしん 【変身】 へんしん 【返信】 へんじゃ 【編者】 へんじる 【変じる】 へんじん 【偏人】 へんじん 【変人】 へんすう 【変数】 へんすう 【辺陬】 へんする 【偏する】 へんする 【貶する】 へんずる 【変ずる】 へんせい 【変成】 へんせい 【編制】 へんせい 【編成】 へんせつ 【変節】 へんせつ 【変説】 へんせん 【変遷】 へんそう 【変装】 へんそう 【返送】 へんそく 【変則】 へんそく 【変速】 へんぞう 【変造】 へんたい 【変体】 へんたい 【変態】 へんたい 【編隊】 へんちつ 【篇帙】 へんちょ 【編著】 へんつう 【変通】 へんてこ 【へんてこ】 へんてつ 【変哲】 へんてん 【変天】 へんてん 【変転】 へんでん 【返電】 へんとう 【返答】 へんどう 【変動】 へんのう 【返納】 へんぱい 【返杯】 へんぱい 【返盃】 へんぴん 【返品】 へんぶつ 【偏物】 へんぶつ 【変物】 へんぷく 【辺幅】 へんぺい 【偏平】 へんぺい 【扁平】 へんぺん 【片片】 へんぼう 【偏旁】 へんぼう 【変貌】 へんぼく 【弁駁】 へんぽう 【返報】 へんぽん 【翩翻】 へんぽん 【返本】 へんめい 【変名】 へんやく 【変約】 へんよう 【変容】 へんらん 【変乱】 へんりん 【片鱗】 へんれい 【返戻】 へんれい 【返礼】 へんれき 【遍歴】 5文字の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へいきょく 【平曲】 へいぎょう 【閉業】 へいけいき 【閉経期】 へいけびわ 【平家琵琶】 へいしゅう 【弊習】 へいしょう 【併称】 へいじゅつ 【兵術】 へいじゅん 【平準】 へいじょう 【兵仗】 へいじょう 【平常】 へいじょう 【閉場】 へいちょう 【兵長】 へいみゃく 【平脈】 へいりゃく 【兵略】 へいりょく 【兵力】 へきぎょく 【碧玉】 へきしょう 【碧霄】 へきしょく 【碧色】 へこたれる 【へこたれる】 へしまげる 【へし曲げる】 へしまげる 【圧し曲げる】 へそまがり 【へそ曲がり】 へそまがり 【へそ曲り】 へそまがり 【臍曲り】 へたへたと 【へたへたと】 へたりこむ 【へたり込む】 へだてがお 【隔て顔】 へったくれ 【へったくれ】 へなちょこ 【へなちょこ】 へばりつく 【へばりつく】 へびいちご 【蛇苺】 へらずぐち 【減らず口】 へりくだる 【遜る】 へんあつき 【変圧器】 へんきごう 【変記号】 へんきゃく 【返却】 へんきょう 【偏狭】 へんきょう 【辺境】 へんきょう 【辺疆】 へんきょく 【変局】 へんきょく 【編曲】 へんしゅう 【扁舟】 へんしゅう 【編修】 へんしゅう 【編輯】 へんしゅう 【編集】 へんしょう 【返照】 へんしょく 【偏食】 へんしょく 【変色】 へんじょう 【返上】 へんじょう 【遍照】 へんずつう 【偏頭痛】 へんずつう 【片頭痛】 へんせいき 【変声期】 へんちょう 【偏重】 へんちょう 【変調】 へんにゅう 【編入】 へんのうゆ 【片脳油】 6文字以上の『へ』から始まる言葉 ひらがな 表記 へいきんじゅみょう 【平均寿命】 へいしんていとう 【平身低頭】 へんおんどうぶつ 【変温動物】 へいあんじだい 【平安時代】 へいきのへいざ 【平気の平左】 へいきんよめい 【平均余命】 へたのよこずき 【下手の横好き】 へんそうきょく 【変奏曲】 へんむけいやく 【片務契約】 へいきんだい 【平均台】 へきらのてん 【碧羅の天】 へちまやろう 【糸瓜野郎】 へっぴりごし 【へっぴり腰】 へもぐろびん 【ヘモグロビン】 へんこうせい 【変光星】 へんせいふう 【偏西風】 へんちくりん 【変ちくりん】 へんちょうし 【変調子】 へんでんしょ 【変電所】 へんとうせん 【扁桃腺】 へんねんたい 【編年体】. 3文字 えいが(映画) 映画館に供給され上映される動画 えーす(エース) 野球で一番手の投手のこと ええと 次の発言を考えているときに発する言葉 えがお(笑顔) ニコニコとした顔 えかき(絵描き) 絵を描いて生活している人 えきす(エキス) 有効成分を凝縮したもの えくぼ(エクボ) 笑うとできる窪み えじき(餌食) くいもの えすて(エステ) 美容の施術 えっぐ(エッグ) 玉子のこと えのぐ(絵具) 絵に色をつける材料 えびね(海老根) 野生ランのひとつで慎ましやかに咲きます えほん(絵本) 絵を中心にした子供向けの本 えもじ(絵文字) スマホなどで使われるイラスト文字 えりあ(エリア) 区域、地域 えりか(エリカ) 荒涼とした大地を埋め尽くすように咲く花 えんぎ(演技) 舞台や映画などで俳優が演じること えんご(援護) 困っている人を助けること えんど(エンド) 終わりのこと スポンサーリンク 4文字 えあこん(エアコン) エアコンディショナーのこと えあばす(エアバス) 欧州連合の航空機製造会社 えいこく(英国) イギリスのこと えいひれ(エイヒレ) エイのひれの干物 えいりん(映倫) 映画界の自主的な検閲機構 えきしゃ(易者) 易を行う人 えきすぽ(エキスポ) 国際博覧会のこと えきたい(液体) 物質の三体のひとつ えきでん(駅伝) 長距離を走るリレー えきべん(駅弁) 駅で販売されるお弁当 えくれあ(エクレア) 細長いシュークリームにチョコをかけた菓子 えしゃく(会釈) 一礼すること、挨拶 えすぱー(エスパー) 超能力者のこと えだまめ(枝豆) 未熟のうちに収穫した大豆 えっせい(エッセイ) 自由に書く随筆のこと えどっこ(江戸っ子) 江戸(東京)で生まれ育った人 えにしだ(金雀枝) 蝶のような黄色い花 えはがき(絵葉書) イラストなど挿絵入りのハガキ えびせん(海老せん) えびせんべいのこと えびちり(エビチリ) 海老のチリソース煮込みのこと えぷろん(エプロン) 料理用の前掛け えりあし(襟足) 耳の後ろ辺り、襟元に生える髪 えりーと(エリート) 社会的地位の高い人 えりんぎ(エリンギ) キノコの一種 えんかい(宴会) 酒盛りのこと えんがわ(エンガワ) ヒラメなどのヒレを動かす筋肉 えんげい(園芸) 野菜や果物、植木などを育てること えんすい(円錐) 円を底辺にもつ尖った立体 えんすと(エンスト) エンジンが意図せず止まってしまうこと えんぜる(エンゼル) 天使のこと えんぴつ(鉛筆) 筆記用具のひとつ えんりょ(遠慮) 控え目に行動すること スポンサーリンク 5文字 えあかーご(エアカーゴ) 航空貨物のこと えあばっぐ(エアバッグ) 車の安全装置のひとつ えあらいん(エアライン) 航空会社のこと えいじゅう(永住) 死ぬまでその土地に住むこと えいりあん(エイリアン) 異星人、宇宙人のこと えきさいと(エキサイト) 興奮すること えきざかむ(エキザカム) 青紫のメルヘンチックな花 えきすとら(エキストラ) 映画やドラマのチョイ役 えきちょう(駅長) 鉄道の駅の責任者 えきなせあ(エキナセア) 中心がこんもりとした花 えけべりあ(エケベリア) 肉厚な葉をもつ植物 えごいすと(エゴイスト) 利己主義な人 えこまーく(エコマーク) エコな商品に付けらるマーク えすかるご(エスカルゴ) カタツムリを使ったフランス料理 えちけっと(エチケット) 人を不快にさせないためのマナー えねるぎー(エネルギー) 燃料、運動、元気、精力など えのきだけ(エノキ茸) キノコの一種 えびふらい(エビフライ) 海老に衣を付けて揚げたもの えぴろーぐ(エピローグ) 小説などのあとがき えべれすと(エベレスト) 世界最高峰の山 えほうまき(恵方巻) 節分に食べる太巻き えめらるど(エメラルド) 緑色の宝石 えんきょく(婉曲) 遠回しに伝えること えんじにあ(エンジニア) 技術者のこと えんぶれむ(エンブレム) 車などのマーク えんぺらー(エンペラー) 皇帝のこと 6文字 えあぽけっと(えあぽけっと) 飛行機が急降下する空域 えあろびくす(エアロビクス) 有酸素運動のひとつ えきすぱーと(エキスパート) 熟練した人、玄人 えくささいず(エクササイズ) 健康のための運動 えくすぷれす(エクスプレス) 急行列車のこと えくせれんと(エクセレント) すんばらしぃ~ えごまあぶら(荏胡麻油) エゴマから採れる油 えしゃろっと(エシャロット) 小型のタマネギ えすぷれっそ(エスプレッソ) ギュッと凝縮されたコーヒー えちぜんがに(越前ガニ) ズワイガニのこと えでんのその(エデンの園) アダムとイブが追い出された楽園 えどまえずし(江戸前寿司) 東京湾で獲れた魚で握る寿司 えるぴーばん(LP盤) 長時間収録できるレコード えれきぎたー(エレキギター) 音を電気信号に変換するギター えれくとーん(エレクトーン) オルガンの商品名 えれべーたー(エレベーター) 人や物を垂直に移動させる運搬装置 えんどうまめ(えんどう豆) グリンピースのこと. 1文字の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶ 【分】 ぶ 【部】 2文字の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶい 【武威】 ぶい 【部位】 ぶか 【部下】 ぶき 【武器】 ぶぎ 【武技】 ぶぐ 【武具】 ぶけ 【武家】 ぶし 【武士】 ぶじ 【武事】 ぶじ 【無事】 ぶじ 【蕪辞】 ぶす 【ぶす】 ぶた 【豚】 ぶち 【ぶち】 ぶつ 【打つ】 ぶつ 【撃つ】 ぶつ 【討つ】 ぶと 【蚋】 ぶな 【山毛欅】 ぶび 【武備】 ぶま 【不間】 ぶり 【ぶり】 ぶり 【振り】 ぶり 【鰤】 ぶる 【ぶる】 3文字の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶあい 【歩合】 ぶあつ 【分厚】 ぶあつ 【部厚】 ぶいく 【撫育】 ぶいん 【無音】 ぶいん 【部員】 ぶうん 【武運】 ぶおい 【暴威】 ぶかい 【部会】 ぶかつ 【部活】 ぶかん 【武官】 ぶかん 【武鑑】 ぶがく 【舞楽】 ぶきみ 【不気味】 ぶきみ 【無気味】 ぶくん 【武勲】 ぶげい 【武芸】 ぶげん 【侮言】 ぶげん 【分限】 ぶげん 【誣言】 ぶこう 【武功】 ぶこく 【誣告】 ぶこつ 【武骨】 ぶこつ 【無骨】 ぶさた 【不沙汰】 ぶさた 【無沙汰】 ぶざつ 【蕪雑】 ぶざま 【不様】 ぶざま 【無様】 ぶしつ 【部室】 ぶしゅ 【部首】 ぶしょ 【部署】 ぶしん 【武神】 ぶしん 【武臣】 ぶじん 【武人】 ぶすい 【不粋】 ぶすい 【無粋】 ぶすう 【部数】 ぶぜい 【無勢】 ぶぜん 【憮然】 ぶそう 【武装】 ぶぞく 【部属】 ぶぞく 【部族】 ぶたい 【舞台】 ぶたい 【部隊】 ぶだて 【部立て】 ぶだん 【武断】 ぶっか 【仏家】 ぶっか 【仏果】 ぶっか 【物価】 ぶっこ 【物故】 ぶっし 【仏子】 ぶっし 【仏師】 ぶっし 【物資】 ぶっそ 【仏祖】 ぶっだ 【仏陀】 ぶっと 【仏徒】 ぶっと 【仏都】 ぶつが 【仏画】 ぶつが 【物我】 ぶつぎ 【物議】 ぶつぐ 【仏具】 ぶつご 【仏語】 ぶつざ 【仏座】 ぶつじ 【仏事】 ぶつじ 【仏寺】 ぶつど 【仏土】 ぶつま 【仏間】 ぶつり 【物理】 ぶづみ 【歩積み】 ぶとう 【舞踏】 ぶとう 【舞蹈】 ぶどう 【武道】 ぶどう 【葡萄】 ぶない 【部内】 ぶなん 【無難】 ぶにち 【侮日】 ぶにん 【無人】 ぶにん 【補任】 ぶねん 【無念】 ぶばる 【武張る】 ぶひん 【部品】 ぶびき 【分引】 ぶびき 【分引き】 ぶびき 【歩引】 ぶびき 【歩引き】 ぶぶん 【部分】 ぶへん 【武辺】 ぶべつ 【侮蔑】 ぶべん 【武弁】 ぶめい 【武名】 ぶめん 【部面】 ぶもん 【武門】 ぶもん 【部門】 ぶやく 【夫役】 ぶゆう 【武勇】 ぶよう 【舞踊】 ぶらい 【無頼】 ぶらく 【部落】 ぶりこ 【ブリコ】 ぶるい 【部類】 ぶれい 【無礼】 ぶれる 【ぶれる】 ぶわけ 【部分け】 ぶんい 【文意】 ぶんか 【分化】 ぶんか 【分科】 ぶんか 【文化】 ぶんか 【文科】 ぶんが 【文雅】 ぶんき 【分岐】 ぶんぐ 【文具】 ぶんけ 【分家】 ぶんこ 【文庫】 ぶんご 【文語】 ぶんし 【分子】 ぶんし 【文士】 ぶんじ 【文事】 ぶんじ 【文治】 ぶんじ 【文辞】 ぶんち 【聞知】 ぶんぱ 【分派】 ぶんぴ 【分泌】 ぶんぶ 【文武】 ぶんぷ 【分布】 ぶんぼ 【分母】 ぶんや 【分野】 ぶんよ 【分与】 ぶんり 【分離】 ぶんり 【文理】 ぶんわ 【文話】 4文字の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶあいそ 【無愛想】 ぶあつい 【分厚い】 ぶあつい 【部厚い】 ぶうぶう 【ぶうぶう】 ぶおとこ 【醜男】 ぶおんな 【醜女】 ぶかぶか 【ぶかぶか】 ぶきょく 【舞曲】 ぶきょく 【部局】 ぶきよう 【不器用】 ぶきよう 【無器用】 ぶぎょう 【奉行】 ぶくぶく 【ぶくぶく】 ぶさいく 【不細工】 ぶさほう 【不作法】 ぶさほう 【無作法】 ぶしいろ 【附子色】 ぶしつけ 【不仕付け】 ぶしつけ 【不躾】 ぶしょう 【不精】 ぶしょう 【武将】 ぶしょう 【無精】 ぶしょう 【部将】 ぶじゅつ 【武術】 ぶじょく 【侮辱】 ぶすっと 【ぶすっと】 ぶすぶす 【ぶすぶす】 ぶたにく 【豚肉】 ぶたばこ 【豚箱】 ぶたまん 【豚饅】 ぶちこむ 【ぶち込む】 ぶちこむ 【打込む】 ぶちぬく 【ぶち抜く】 ぶちぬく 【打抜く】 ぶちょう 【部長】 ぶっかい 【仏界】 ぶっかい 【物界】 ぶっかき 【ぶっ欠き】 ぶっかき 【打っ欠き】 ぶっかく 【ぶっ欠く】 ぶっかく 【仏閣】 ぶっかく 【打っ欠く】 ぶっけん 【物件】 ぶっけん 【物権】 ぶっこう 【仏工】 ぶっさく 【ぶっ裂く】 ぶっさく 【打っ裂く】 ぶっさつ 【仏刹】 ぶっさん 【仏参】 ぶっさん 【物産】 ぶっしき 【仏式】 ぶっしつ 【物質】 ぶっしゃ 【仏者】 ぶっしょ 【仏書】 ぶっしん 【仏心】 ぶっしん 【仏神】 ぶっしん 【仏身】 ぶっしん 【物心】 ぶっせい 【物性】 ぶっせき 【仏跡】 ぶっせき 【仏蹟】 ぶっせつ 【仏説】 ぶっそう 【仏葬】 ぶっそう 【物騒】 ぶっそん 【物損】 ぶったい 【仏体】 ぶったい 【物体】 ぶっつけ 【打っつけ】 ぶってき 【物的】 ぶってん 【仏典】 ぶっとう 【仏塔】 ぶっぴん 【物品】 ぶっぽう 【仏法】 ぶつえん 【仏縁】 ぶつかる 【打つかる】 ぶつがく 【仏学】 ぶつぎり 【ぶつ切り】 ぶつくさ 【ぶつくさ】 ぶつける 【打つける】 ぶつげん 【仏眼】 ぶつぜん 【仏前】 ぶつぞう 【仏像】 ぶつだん 【仏壇】 ぶつでし 【仏弟子】 ぶつでん 【仏殿】 ぶつどう 【仏堂】 ぶつどう 【仏道】 ぶつのう 【物納】 ぶつばち 【仏罰】 ぶつぶつ 【ぶつぶつ】 ぶつめつ 【仏滅】 ぶつもん 【仏門】 ぶつよく 【物慾】 ぶつよく 【物欲】 ぶつりき 【仏力】 ぶどまり 【歩止まり】 ぶどまり 【歩止り】 ぶどまり 【歩留まり】 ぶどまり 【歩留り】 ぶなのき 【山毛欅木】 ぶよぶよ 【ぶよぶよ】 ぶらつく 【ぶらつく】 ぶらぶら 【ぶらぶら】 ぶらりと 【ぶらりと】 ぶらんこ 【鞦韆】 ぶりっこ 【ぶりっ子】 ぶりゃく 【武略】 ぶりゅう 【風流】 ぶりょう 【無聊】 ぶりょく 【武力】 ぶるぶる 【ぶるぶる】 ぶろんど 【ブロンド】 ぶんあん 【文案】 ぶんいん 【分院】 ぶんうん 【文運】 ぶんえん 【分煙】 ぶんえん 【文園】 ぶんえん 【文苑】 ぶんかい 【分会】 ぶんかい 【分界】 ぶんかい 【分解】 ぶんかつ 【分割】 ぶんかつ 【分轄】 ぶんかん 【分館】 ぶんかん 【文官】 ぶんがい 【分外】 ぶんがく 【文学】 ぶんけい 【文型】 ぶんけい 【文系】 ぶんけつ 【分蘖】 ぶんけん 【分権】 ぶんけん 【分県】 ぶんけん 【分遣】 ぶんけん 【文献】 ぶんげい 【文芸】 ぶんげん 【文言】 ぶんこう 【分光】 ぶんこう 【分校】 ぶんこう 【聞香】 ぶんこつ 【分骨】 ぶんごう 【分合】 ぶんごう 【文豪】 ぶんさい 【文才】 ぶんさつ 【分冊】 ぶんさん 【分散】 ぶんざい 【分際】 ぶんしつ 【分室】 ぶんしゃ 【分社】 ぶんしょ 【分所】 ぶんしょ 【分署】 ぶんしょ 【文書】 ぶんしん 【分身】 ぶんしん 【文身】 ぶんじん 【文人】 ぶんすい 【分水】 ぶんすう 【分数】 ぶんせい 【文勢】 ぶんせき 【分析】 ぶんせき 【文責】 ぶんせつ 【分節】 ぶんせつ 【文節】 ぶんせん 【文選】 ぶんそう 【文藻】 ぶんそん 【分村】 ぶんたい 【分隊】 ぶんたい 【文体】 ぶんたつ 【聞達】 ぶんたん 【分担】 ぶんたん 【文旦】 ぶんだい 【文題】 ぶんだん 【分団】 ぶんだん 【分断】 ぶんだん 【分段】 ぶんだん 【文壇】 ぶんちん 【文鎮】 ぶんつう 【文通】 ぶんてん 【分店】 ぶんてん 【文典】 ぶんとう 【文頭】 ぶんどき 【分度器】 ぶんどる 【分捕る】 ぶんのう 【分納】 ぶんはく 【文博】 ぶんばい 【分売】 ぶんぱい 【分配】 ぶんぱん 【文範】 ぶんぴつ 【分筆】 ぶんぴつ 【文筆】 ぶんぶつ 【文物】 ぶんぷく 【分服】 ぶんべつ 【分別】 ぶんべん 【分娩】 ぶんぽう 【分封】 ぶんぽう 【文法】 ぶんまつ 【文末】 ぶんみん 【文民】 ぶんめい 【分明】 ぶんめい 【文名】 ぶんめい 【文明】 ぶんめん 【文面】 ぶんもう 【文盲】 ぶんゆう 【分有】 ぶんらい 【蚊雷】 ぶんらく 【文楽】 ぶんらん 【紊乱】 ぶんりつ 【分立】 ぶんるい 【分類】 ぶんれい 【分霊】 ぶんれい 【文例】 ぶんれつ 【分列】 ぶんれつ 【分裂】 5文字の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶえんりょ 【無遠慮】 ぶかっこう 【不恰好】 ぶかっこう 【不格好】 ぶきっちょ 【ぶきっちょ】 ぶきりょう 【不器量】 ぶきりょう 【無器量】 ぶしゅうぎ 【不祝儀】 ぶしゅかん 【仏手柑】 ぶちかます 【打噛ます】 ぶちころす 【ぶち殺す】 ぶちころす 【打殺す】 ぶちこわす 【ぶち壊す】 ぶちこわす 【打壊す】 ぶちこわす 【打毀す】 ぶちのめす 【打ちのめす】 ぶちまける 【ぶちまける】 ぶっきょう 【仏教】 ぶっこわす 【ぶっ壊す】 ぶっしゃり 【仏舎利】 ぶっしょう 【仏性】 ぶっしょう 【物証】 ぶっしょう 【物象】 ぶっしょく 【物色】 ぶったぎる 【ぶった切る】 ぶったくる 【ぶったくる】 ぶっちがい 【ぶっ違い】 ぶっちがい 【打違い】 ぶっちぎり 【打千切り】 ぶっちょう 【仏頂】 ぶっつける 【打っつける】 ぶっつづけ 【ぶっ続け】 ぶっつぶす 【ぶっ潰す】 ぶっつぶす 【打潰す】 ぶっとおし 【ぶっ通し】 ぶっとおし 【打っ通し】 ぶっとばす 【ぶっ飛ばす】 ぶっぱなす 【ぶっ放す】 ぶっぱなす 【打放す】 ぶつじょう 【物情】 ぶつぼさつ 【仏菩薩】 ぶつみょう 【仏名】 ぶつりゅう 【物流】 ぶつりょう 【物療】 ぶつりょう 【物量】 ぶゆうでん 【武勇伝】 ぶようじん 【不用心】 ぶようじん 【無用心】 ぶらいかん 【無頼漢】 ぶらさがる 【ぶら下がる】 ぶらさげる 【ぶら下げる】 ぶりかえす 【ぶり返す】 ぶれいこう 【無礼講】 ぶろいらー 【ブロイラー】 ぶんきょう 【文教】 ぶんきょく 【分局】 ぶんぎょう 【分業】 ぶんししき 【分子式】 ぶんしゅう 【文集】 ぶんしゅく 【分宿】 ぶんしょう 【分掌】 ぶんしょう 【文相】 ぶんしょう 【文章】 ぶんしょく 【文飾】 ぶんじゃく 【文弱】 ぶんじょう 【分乗】 ぶんじょう 【分譲】 ぶんちゅう 【文中】 ぶんちょう 【文鳥】 ぶんなぐる 【打ん殴る】 ぶんぼうぐ 【文房具】 ぶんまわし 【ぶんまわし】 ぶんみゃく 【文脈】 ぶんりゅう 【分流】 ぶんりゅう 【分溜】 ぶんりゅう 【分留】 ぶんりょう 【分量】 6文字以上の『ぶ』から始まる言葉 ひらがな 表記 ぶつぶつこうかん 【物物交換】 ぶりょうとうげん 【武陵桃源】 ぶんきょうじょう 【分教場】 ぶっさきばおり 【打裂羽織】 ぶっちょうがお 【仏頂顔】 ぶっちょうづら 【仏頂面】 ぶらうんそーす 【ブラウンソース】 ぶるーぐりーん 【ブルーグリーン】 ぶんきゅうせん 【文久銭】 ぶあいきょう 【無愛嬌】 ぶあいきょう 【無愛敬】 ぶいやべーす 【ブイヤベース】 ぶちょうほう 【不調法】 ぶちょうほう 【無調法】 ぶっきらぼう 【ぶっきらぼう】 ぶっきりあめ 【ぶっ切りあめ】 ぶっきりあめ 【ぶっ切飴】 ぶったまげる 【打魂消る】 ぶっぽうそう 【仏法僧】 ぶふうりゅう 【不風流】 ぶふうりゅう 【無風流】 ぶぶんいれば 【部分入れ歯】 ぶぶんいれば 【部分義歯】 ぶぶんしょく 【部分蝕】 ぶぶんしょく 【部分食】 ぶんきょくか 【分極化】 ぶんけんたい 【分遣隊】 ぶんけんちず 【分県地図】 ぶんげいしょ 【文芸書】 ぶんすいれい 【分水嶺】 ぶんそうおう 【分相応】. 1 初級 テーブル、表 特別 暗黙の、無言の 上級 留め金、仮縫い、方針 特別 みすぼらしい、安っぽい 上級 機転 特別 戦術的な 上級 戦術、兵法、策略 初級 取る、つかむ 初級 話、物語 初級 背が高い 中級 飼い慣らされた、従順な 上級 実体の、触ることのできる、確実な 特別 絡み合う、もつれる 初級 軽く叩く 中級 蛇口 初級 標的、目標 特別 関税、料金表 中級 仕事 初級 味、味覚、好み 上級 風流な、趣の深い 中級 美味しい、面白い 特別 あざけり、皮肉 初級 課税する 初級 税金 初級 涙 中級 からかう、いじめる 初級 工業の、専門的な、技術的な 上級 退屈な、つまらない 中級 遠距離通信、電気通信 中級 電信、電報 初級 望遠鏡 初級 告げる、話す、伝える 初級 気質、機嫌、短気 上級 気質、気性 上級 節制、禁酒 上級 節度のある、控えめな 初級 温度、気温、体温 上級 大嵐、大騒ぎ 初級 寺院 上級 世俗的な、一時の 初級 一時の、はかない 中級 誘惑する、そそのかす 中級 誘惑 初級 傾向がある、しがちである 中級 傾向、性向 初級 柔らかい、か弱い、優しい 中級 緊張した、張りつめた、不自然な 中級 緊張の、張力の 上級 試験的な、仮の 初級 学期、期間、条件. 2文字 ああ(嗚呼) 心動かされたときに発する言葉 あい(愛) いとおしいと思う気持ち あお(青) 空や海のようなクールな色 あか(赤) 血のような情熱的な色 あき(秋) 四季のひとつ、食欲、勉強、スポーツの季節 あく(悪) 不道徳で人の道に反すること あさ(朝) 夜が明けて間もない時間帯のこと あし(葦) 河川敷など水辺に繁殖する植物 あせ(汗) 動物が体温調整のため分泌する液体 あな(穴) 平面にあるくぼみ、また反対側に突き抜けている空間のこと あに(兄) 兄弟のうち年上の男子 あね(姉) 姉妹のうち年上の女子 あま(尼) 仏門に入った女性 あみ(網) 魚などを捕獲するための道具 あめ(飴) ドロップやキャンディーのこと あゆ(鮎) 清流に住む魚 あり(蟻) 身近に生息する小さな昆虫 3文字 あーす(アース) 感電防止のため電気を大地に逃がすこと あいこ 勝ち負けのない状態 あいず(合図) 事前に打ち合わせした物事を伝える仕草 あいそ(愛想) 人当たりがよいこと あうと(アウト) 野球で打者や走者などが攻撃の資格を失うこと あえん(亜鉛) 原子番号30の元素 あおな(青菜) 濃い緑色の葉野菜 あかじ(赤字) 収支がマイナスであること あかね(茜) 黄緑色の地味な花が咲きます あかみ(赤身) 肉や魚で赤い身のこと あきす(空き巣) 泥棒のこと あくび(欠伸) 眠気から大きく息を吸い込むこと あけび(木通) 紫色のパックリと口があいたような果実 あさひ(朝日) 朝に登ってくる太陽のこと あざみ(薊) トゲがいっぱいの植物 あさり(浅利) 二枚貝のひとつ あずき(小豆) あずき色のお豆さん あせび(馬酔木) 白い釣鐘のような姿の花 あせる(焦る) ヤキモキと気分がせくこと あなご(穴子) アナゴ科のお魚 あやめ(菖蒲) 網目模様がある紫色の花 あられ(アラレ) 小さくカットした餅を焼いたもの あろえ(アロエ) 肉厚の葉を持つ植物、火傷にどうぞ あわび(鮑) 巻貝のひとつ、コリコリ あんこ(餡子) 小豆を煮て砂糖と練ったもの スポンサーリンク 4文字 あいかぎ(合鍵) 複製した鍵、スペアキーのこと あいけん(愛犬) 可愛がっている犬のこと あいさつ(挨拶) 人と人が会った時に交わす言葉や動作 あいづち(相槌) 話に同意して頷くこと フムフム あいどる(アイドル) 人々が熱狂する憧れのタレント あいびー(アイビー) 洋館などの壁を覆う植物 あいべや(相部屋) 旅先などで他人と一つの部屋で泊まること あいろん(アイロン) 衣類のシワを伸ばす道具 あおじる(青汁) 健康に良いとされるドリンク あおぞら(青空) 天気が良く青々とした空のこと あおのり(青海苔) 海藻を乾燥し細かく刻んだもの あおむし(青虫) 蝶などの幼虫のこと あかかぶ(赤カブ) 赤い色をしたカブのこと あかしあ(アカシア) フワフワとした黄色い花 あかふく(赤福) 伊勢名物の菓子 あきれる(呆れる) あっけに取られること あくしゅ(握手) 信頼する証として手を握り合うこと あくせす(アクセス) 目的地へ向かうための交通手段 あげもの(揚げ物) 油で揚げた食べ物、トンカツ、唐揚げなど あこがれ(憧れ) 強く心が惹かれる人物 あさがお(朝顔) 夏の午前中にだけ咲く花 あざれあ(アザレア) ツツジに似た鮮やかな花 あしあと(足跡) 人や動物が歩いた跡のこと あじさい(紫陽花) 梅雨時期に咲く花 あしたば(明日葉) せり科の植物 あせろら(アセロラ) ビタミンCたっぷりの果実 あつあげ(厚揚げ) 厚く切った豆腐を揚げたもの あっぱれ(天晴) 見事なこと あなろぐ(アナログ) デジタルの反対 あねもね(アネモネ) ヨーロッパに春を告げる花 あぶらえ(油絵) 油絵の具で描かれた絵 あべっく(アベック) 好き同士の男女二人連れのこと あまあし(雨脚) 雨の勢いのこと あまえび(甘エビ) ホッコクアカエビのこと あまがさ(雨傘) 雨降りにつかう道具 あまぐつ(雨靴) 雨降りに履く靴 あまぐり(甘栗) 小石と一緒に熱した栗 あめりか(アメリカ) 北米に位置する国、アメリカ合衆国 スポンサーリンク 5文字 あーもんど(アーモンド) 香ばしいナッツです あいことば(合言葉) 仲間内で前もって決めておいた秘密の言葉 あいしゅう(哀愁) にじみ出る物悲しさ あいじょう(愛情) 人を愛する気持ち あうとどあ(アウトドア) 屋外で活動すること あおざめる(青ざめる) 顔から血の気が引くこと あかしやき(明石焼き) タコの入った玉子焼きかな あかちゃん(赤ちゃん) 生まれて間もない子供のこと あかでんわ(赤電話) 赤い色の公衆電話のこと あかとんぼ(赤トンボ) 体の赤いトンボのこと あかんさす(アカンサス) 大きな葉が茂る植物 あかんべー(アカンベー) 舌を出して相手を挑発する仕草 あくせんと(アクセント) 言葉の強弱のこと あじふらい(アジフライ) 鯵に衣を付けて揚げたもの あすちるべ(アスチルベ) フワフワとした花 あっしゅく(圧縮) 押し込んで縮めること あっぷりけ(アップリケ) 衣服の破れを補修する愛らしい布 あつりょく(圧力) 面を垂直に押す力 あぶらあげ(油揚げ) 豆腐を油で揚げたもの あぶらぜみ(油蝉) 蝉の種類のひとつ あまがえる(雨蛙) 雨降りに鳴くといわれるカエル あまがっぱ(雨合羽) 雨降りに着るコート、レインコート あまのがわ(天の川) 夜空に光る銀河のこと あまりりす(アマリリス) 横向きに咲く大輪 あるめりあ(アルメリア) ピンク色のくす玉のような花 6文字 あいあいがさ(相合傘) 男女が一つの傘に入ること あいしゃどー(アイシャドー) 目元にするお化粧のこと あいすみるく(アイスミルク) アイスの種類のひとつ、モナ王など… あいすらんど(アイスランド) 北大西洋上に浮かぶ島国 あいるらんど(アイルランド) 大ブリテン島の西にある国 あかたまねぎ(赤玉葱) 赤紫色をしたタマネギ あがぱんさす(アガパンサス) 淡い青紫色の花 あかぴーまん(赤ピーマン) 完熟させた赤いピーマン あくせさりー(アクセサリー) イヤリングなどの装飾品のこと あくろばっと(アクロバット) 曲芸、軽業のこと あこーでぃおん(アコーディオン) ジャバラの付いた鍵盤楽器 あじつけのり(味付け海苔) 甘辛く味付けをした海苔 あすぱらがす(アスパラガス) 栄養満点の野菜 あすふぁると(アスファルト) 石油精製時に生じる残留物で道路の舗装に使われます あっぷるぱい(アップルパイ) 甘く煮たリンゴが入ったパイ あどばるーん(アドバルーン) 大きな風船をつかった広告 あなうんさー(アナウンサー) テレビやラジオで原稿を読む人のこと あべかわもち(安倍川餅) きな粉モチに砂糖をのせた静岡名物 あまなっとう(甘納豆) 砂糖で煮た豆に砂糖をまぶしたお菓子 あまのじゃく(あまの邪鬼) わざと逆の意見を言う人、へそ曲がり あまらんさす(アマランサス) ヒモのような花が垂れ下がって咲きます あんぐれかむ(アングレカム) 着生ランのひとつで星形の白い花が咲く あんすりうむ(アンスリウム) 光沢のある赤い苞が特徴の植物.。

4
。 。

Tで始まる登録英単語一覧

。 。

11
。 。

Tで始まる登録英単語一覧

。 。 。

20
。 。

『ぶ』から始まる言葉 一覧

。 。 。

8
。 。

『の』から始まる言葉 一覧

。 。 。

『ぬ』から始まる言葉 一覧

。 。

7
。 。

『ぶ』から始まる言葉 一覧

4
。 。