履歴書の趣味/特技の書き方(例文付き)

・早起き 部活の朝練習があった関係から、早起きが得意になりました。

7
専門分野の資格を書くときには、要注意 学生時代に取得した資格は、基本的にすべて記して問題ないでしょう。

履歴書の特技欄の書き方は?例文やアピールポイントも紹介!

クリーンなイメージを作るためにも、履歴書に書く特技は選んで書きましょう。 奇をてらうのも良くありませんが、履歴書の趣味・特技欄で印象を残すことで、採用の最後の一押しになる可能性もありそうです。 応募企業の業界や入社後の仕事内容を踏まえて、何を書けば効果的かを考えましょう。

15
特技や趣味を面接時に話題にしたい 特技や趣味といった個人的な事柄は、面接という場でお互いの緊張をほぐすためにも使われます。 「特技といえるものなんてない。

【履歴書】人事の心を掴む「趣味・特技」の書き方・例文20個

自分で考えても思いつかない場合は、身近な人に聞いてみてもいいでしょう。

12
【履歴書】趣味特技欄は何を書く?思いつかない場合は?(例文あり) 【目次】• 接点が見つかれば、あとは、自分はこういう能力を持っており、こういうプロセスを踏み、こういった成果を成し遂げることが出来たと、採用担当者にも具体的にイメージできるような形でまとめて、アピールすればよいでしょう。 政治・宗教系 信仰は心の中に留めておくほうが良いでしょう。

履歴書の特技の書き方

堅苦しい質問ではなく、趣味や特技などの話題は、その場の空気をあたためるためにピッタリ。 「趣味・特技」として書かない方がよいことはある? 「趣味・特技」の欄に突飛な内容を書いたとしても、独自な観点を持っていてよいと思う企業は増えていると思います。 それでも思い浮かばない人は、毎日欠かさず行っていることも趣味や特技に盛り込むことができます。

18
「料理」を特技欄に書く例文 私の特技は料理です。 また私は体力トレーニングなどの基礎練習にも重点的取り組みました。

履歴書の志望動機、自己PR、趣味・特技欄の書き方|日経転職版

これを仕事にも活かし、大事な局面では集中して、考え行動し、いかんなく自分の力が発揮できるように努力していきたいと思います。 志望動機 志望企業の求人内容を正しく理解したうえで、自分のキャリアを活かしてどんな仕事に取り組みたいかをアピールする。

19
人間関係をつくるには、まず、こちらから相手に誠実な関心をよせることが大事だ、というのが私のモットーです。

履歴書の特技欄の書き方は?例文やアピールポイントも紹介!

「スポーツ観戦・野球観戦」を趣味欄に書く例文 私の趣味はスポーツ観戦です。 具体的なアピールが思いつかない!と感じたら、 就職エージェントに相談するのがおすすめです。

9
好きなジャンルやエピソードを記載することによって面接の際、話題になる可能性もあります。 「入社後に会社に馴染めそうか」「チームワークを乱さずに仕事ができそうか」「一緒に働きたいか」などを推し量る際の材料の一つとして使われるのが、趣味・特技欄の情報です。

履歴書の志望動機、自己PR、趣味・特技欄の書き方|日経転職版

どうしても履歴書に書く特技が思いつかない場合の対処法 ここまでさまざまな例や注意点を見てきましたが、どうしても特技が思い浮かばないこともあるかもしれません。 パチンコ、競馬、宝くじなどは、応募企業のビジネスモデルに関連性がある場合は逆に有効に働きますが、そうでなければ記載をオススメしません。 特に文字入力の基本であるタイピング練習には多くの時間を費やしました。

15
地域のボランティアサークルに所属し、月に2回子どもたちに絵本の読み聞かせをしています。

【履歴書】趣味・特技欄は何を書けばいい?おすすめの書き方~見本・サンプル付き~

そこからその会社にとって求められるスキルと整合性を持たせて、アピールしていきましょう。 複数のタイピング練習ソフトを使って練習しています。

1
政治や宗教もビジネスの場では避けたほうがいい話題です。 特技欄に小さな字でびっしりと文章がかかれていると、それだけで常識がないとみなされ、マイナスの印象を与えてしまいます。