熊本豪雨で水没・再建した施設で警察犬の訓練体験リポート|特集記事|くらし×防災メディア「防災ニッポン」読売新聞

不明者役の開田さんが裏手の竹林に潜む。

15
豪雨で自宅兼第1訓練所が水没 2020年の豪雨では、自宅兼第1訓練所が水没した。

九州豪雨 被災ペット、どこへ行けば 避難所同伴できず、コロナ影響も 熊本

PWJの大西純子さん(48)は「飼い主にも喜んでもらえたし、避難者の方も運べてよかった」と話した。 これまで約10組が犬や猫と避難。 去年の関東地方を襲った大雨の際には、 ペットと一緒に避難できる避難所も開設されましたが、 数も多くなく、また遠方だったりして積極的な利用はできないに等しい状況もあります。

2
その時点では人命を優先し、ペットの救助はいったん断念。

【2020年7月九州南部豪雨災害】災害救助犬出動しました。

これまでに約250頭を育成し、熊本だけでなく、福岡、鹿児島両県警でも貢献しており、育成技術への評価は高い。 ヘリポートがある「球磨村公民館高沢分館」(旧高沢小)で着陸すると、隣接する横井地区の17人の孤立避難者がいたという。 認定されたのは、県動物愛護管理センター(神山町阿野)に持ち込まれた2匹の犬。

常に危険と隣り合わせなんですよ」と語った。 また、譲渡出来た犬が86頭、猫が12匹おり、 これもひとえに里親になって頂きました皆様と ご寄付ご支援を頂きました皆様のおかげと深く感謝申し上げます。

【地域防災】熊本豪雨の避難生活、ペットも安心 熊本地震教訓に同伴可や預かり支援

開田さんは同日未明から約1キロ先の高台にある別の訓練施設に犬12頭とともに避難、無事だった。 【7月17日 熊本日日新聞より】. 「災害救助犬」の認定を受けたゲン(左)とモナカ=徳島県庁で、松山文音撮影 地震や土砂崩れなどの災害現場で救助を待つ人を捜す「災害救助犬」の認定証交付式が18日、県庁であった。 高沢地区の住民の家で犬猫の捜索をする間に、避難住民をピストン輸送したという。

14
医師や看護師、パイロット、犬の飼育スタッフなどメンバーは448人。

【2020年7月九州南部豪雨災害】災害救助犬出動しました。

何度か繰り返し、やっと一緒に歩いてくれた。 。

7
今回はレアケースであると担当者の方も言っている通り、 災害の度に、ペットを連れての避難問題が議論に上がります。

九州豪雨 警察犬に「元の生活を」 訓練所被災再建へ使命感 相良村 /熊本

親族から連絡を受けたNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」(本部・広島県)が 現地に入り、飼い主の方とともに自衛隊ヘリで救助されたそうです。 「わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本」の増子元美さんは「被災した自宅に残ったり、車中泊を続けたりしているペットの把握と、ペットと共に入居できる仮設住宅の整備などの配慮が必要」と訴えている。 体力と走力には自信があったが、木の枝や崖があり、うまく追いつけない。

11
PWJは災害被災地で医療を含めた支援活動、海外での難民支援、捨て犬の保護活動、フェアトレードなどに取り組んでいる。 警察犬との信頼関係構築に、日頃のたゆまぬ訓練が大切であることを学んだ。

動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本

犬が喜んで反応するボールを右手で持ち、左肩に置く。

2
人吉市の人吉二中学校でも13日の授業再開までは、卓球場で一時的に受け入れていた。 「人吉警察犬訓練所」(熊本県相良村)は2020年7月の豪雨で施設が被災した。

【2020年7月九州南部豪雨災害】災害救助犬出動しました。

訓練所は1989年設立。 私の「サーチ(捜せ)」の掛け声に、今度はタンクが素早く反応し、竹林へまっしぐらに駆け出した(=写真、訓練所提供)。 大型犬の「エール」とともに被災した自宅で生活する松尾啓一さん=熊本県人吉市 熊本南部を襲った豪雨の被災地で、ペットや飼い主の行き場が限られ、困惑が広がっている。

17
一方、避難所の一つ、八代市の八代トヨオカ地建アリーナは、預け先が見つかるまでの間、ペットと一緒に同じ部屋で寝泊まりできる。

動物愛護団体 ドッグレスキュー熊本

「オビディエンス(服従訓練)の一つ、脚側行進から始めます」。

9
結局、たどり着けなかった。 中央は開田宏所長 7月の豪雨で、警察犬や災害救助犬を数多く輩出してきた人吉警察犬訓練所(熊本県相良村)も川の氾濫で壊滅的な被害を受けた。