【リゼロ】第35話の感想!嫉妬の魔女サテラの素顔とは?恐ろしい事実が判明!

今は封印されている状態であり、死んではいないサテラですが噂くらいは一応耳に入っていると思います。

出典: シリウスはおおいぬ座の恒星です。

嫉妬の魔女サテラが聖域に顕現した方法やエミリアと同じ顔の理由解説!【リゼロ考察】

さて、そんな 400年前に出会っていた可能性のあるサテラとスバルですが、サテラは 400年たった今でも封印されていますが、では、前世のスバルはどうなったのでしょう。 そのことから、エキドナはサテラを嫌っているのと同時に、その娘であるエミリアのことも嫌っているという考察が生まれました。

つまり蛇女なのです。 愛して。

【リゼロ考察】エミリアの「両親」は一体誰なのか?「魔女の娘」「兄さん、義姉さん」 キャラのセリフに伏線が隠されていた!?

クモやカニに似た足が棺に出ており自由に移動可能。

16
サテラは、過去に 世界の半分を飲み込んだ魔女で、後に「 三英傑」と呼ばれる勇者たちによって封印されていました。 もちろん、何かしらの理由でエミリアの父親がハーフエルフであった場合は、サテラが母親であっても問題はありません。

リゼロの元はギリシャ神話?スバルとアルの濃厚な関係が発覚【Re:ゼロから始める異世界生活】

エミリアといえば• だからエミリアの生死に明言せず、依り代となった彼女ごと魔女を倒す事をスバルに詫びた」 スバルはここで、『エミリアに嫉妬の魔女が憑依した』という考えを述べているんです。

しかし、スバルが精神世界で初めて出会った サテラは何処にでもいるような善性の少女であり、エキドナを始めとした残る魔女達からも悪い印象を抱かれておらず、スバルの事も好きだったのであります。

リゼロ 七大魔女がそろったからまとめてみた(能力・強さ)

ちなみにここは6章に繋がる内容です。

8
ありとあやゆる叡智を求め知識欲を貪る強欲の魔女、スバルの生き様に興味を寄せるもエキドナの意図を知ってしまったスバルはエキドナの協力を断る。 なぜ「嫉妬の魔女」は、死に戻りの能力を他者に知られたくないのでしょうか。

【リゼロ】サテラとエミリアの正体が同一人物と判明?その理由を解説!|Anitage+

ふと一息ついている時に、お互いの 名前を聞くシーンがありました。 スバル以外はどうなってもいいという意思の表れですね。 愛している」がそれほど怖くなくなりました。

13
分かっているのはこれくらいのみであり、まだまだ謎に包まれています。 嫉妬の魔女サテラそのもの 同一人物• また、スバルに御執心であり、死に戻りの力を与えたのもサテラとのこと。