名古屋市営地下鉄 桜通線 路線図

野並駅 - 徳重駅間 4. ただし徳重車庫は小規模であるため、大きなが行われる際は丸の内駅に設けられた鶴舞線とを結ぶを介してにあるまで自力回送し行っている。 6000形電車営業運転開始。

13
- 国土交通省• 1994年3月31日• 5分間隔(2003年3月のダイヤ改正までは6分間隔)、夕ラッシュ時6分間隔• 6 km が開業。 - (2011年1月19日アーカイブ分)• すべての駅で(2011年2月11日に導入)などのが使用できる。

路線図ドットコム ■名古屋市内鉄道路線図

乗換路線 乗換路線はありません• 駅数:21駅(起終点駅含む)• 桜通線は、当初からワンマン運転を行うことを前提に、すべてのホームを島式とし、すべての車両の運転台をホームに近い、進行方向右側に整備した。

8
乗換路線 乗換路線はありません• 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 徳重以東と同じくまだ構想段階に過ぎず、事業化のめどは立っていない。

地下鉄桜通線の線路配線図

乗換路線• 名古屋市議会土木交通委員会平成21年9月28日報告。 また、中村区役所駅 - 野並駅の各駅のコンコースに壁画を設けたが、鳴子北駅から徳重駅は、経費削減の影響で壁画が省略されている。

乗換路線• 名古屋市営地下鉄桜通線の駅一覧・接続する路線の一覧です。

地下鉄桜通線の線路配線図

:1067mm• で用いられる路線記号は S。

- 日本経済新聞、2019年12月26日• (元年)• 野並駅を最後に可動式ホーム柵整備完了。 乗換路線• 桜通線の車両整備等は徳重駅に併設されたで行われている。

名古屋市営桜通線の路線図

乗換路線• 一方で、以南では既存路線と交差するのは名城線と交差するのみであるため、同駅や・以外は深度20m未満の浅い駅が多い。 名古屋市営地下鉄桜通線の年度別の輸送実績を下表に記す。 概要 [ ] 現在の始発駅であるは()の地下にあり、環状線()が交差している。

7
- (2011年8月9日アーカイブ分)• 開業時は車掌が乗務していたものの、ATO導入が完了した (平成6年)からはワンマン運転を開始した。 乗換路線 乗換路線はありません• を使用した鶴舞線開通30周年記念列車が今池駅 - 鶴舞線赤池駅間で運転される。

地下鉄名古屋駅

すべての駅にが設置されており、6両編成以上の定期列車が入線することはないため、電車が停まらない部分には普通柵を設置している。 そのため、東山線の混雑緩和のため、バイパス路線として、まず、 中村区役所駅 - 今池駅間の建設が行なわれ、(平成元年)に開業した。

16
乗換路線 乗換路線はありません. 駅一覧 [ ] この節ではを扱っています。