『教行信証』「化身土巻・末巻」研究会:親鸞仏教センター

ニ長調・4拍子は不変だが、譜は、主に大正14年寮歌集で、次のように変更された。

9
しかも五番まであるのに、「踏み行く道は四綱領」という教訓で締める二番までしか歌われない。

【全文】歎異抄の意味とわかりやすい解説と法話【現代語訳】

かの安養浄土の教主(阿弥陀仏)の御身量を説かれて候ふも、それは方便報身のかたちなり。 自分が他にアクセスしているから接続中 切断中 なのか、他からアクセスされているから接続中なのかは、ポート番号から想像するしかないな。 高き賤しきおしなべて 心は闇か濁江か 2番歌詞 身分の高い者も低い者も一様に、心を正しく導いてくれる灯がないので、正義の行われない闇夜の中や濁世の中をさ迷っている。

13
これを訓讀する際、否定語は下から反讀しなければならないし、又「敢」「堪」「如」「曾」などの字の訓法にも、本來のその和語の意味からずれたものもあつて、この類の熟語の訓讀には、訓讀特有の語法を形成するものが多いのである。

「師の説になづまざること」

) 不可不愼(成簣堂文庫本醫心方院政期點二ノ一) (原典は訓点あり。 しかし、自慢しすぎると負けた時に引っ込みがつかなくなり、人一倍恥ずかしい思いをしなければならないということ。 わがはからひにて行ずるにあらざれば、非行といふ。

19
今日という日は再びめぐってこず、この一生も二度はない。 すべてよろづのことにつけて、往生にはかしこきおもひを具せずして、ただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、つねはおもひいだしまゐらすべし。

さてしもあるべきことならず【然てしも有るべき事ならず】〔連語〕

それでいいのであろうか。 さる程にやう\/月日も重なりければ、 内々 ない\/御産所を初めて、女房達數多介錯〔介妁が正しいと云ふ。

3
) [終止] いかか他の力を借る べき。 ですから、実朝が死んで、頼朝の子孫はもういないのに、 傀儡 かいらい の幼将軍を立てて、依然として幕府が存立しているのが、 不思議であり、 道ならぬこととして お 怒 いか りの気持ちをもっておられました。

かざしの姫君(校註日本文學大系)

これを成しとげなければ、この身を終えることはできない。 つまり、 天皇家の方であるため、 大義名分的考えでしか、 世の中の事象をごらんになることが出来なかったのです。

19
ですから、 明恵上人の教えは、 人間が社会生活をなすにあたって、 「人生をどういきるか」 ということを正しく知り、 そこから 「人間はどうあるべきか」という 社会・人生の理想を見出し、 その 理想に向って進むにはどうしたらよいか、という 現実問題でした。 邸宅がこうであっただけでなく、食べもの、衣服、諸道具、みな 質素をきわめ、 古び欠けたものでも、少しもいとわなかったといいます。

吉田松陰語録|語録|御由緒・松下村塾|【公式】松陰神社|山口県萩市鎮座 明治維新胎動之地

(平家物語・忠度都落) (決していい加減ではございますまい。 「文脈」という言葉を、「なんとなく雰囲気的に」という言葉の言い換えにしてはならない。

6
親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまゐらすべしと、よきひと(法然)の仰せをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり。 ご寵愛の女の嘆願ですから、上皇様は 地頭更迭を命じました。

古典についての質問です。「さてあるべきにあらず」

「ズ」の誤りか。

4
方々の寺が、仏の教えに背いて、 浅ましくなって行くのは、 寺領のお蔭で、 経済的に豊かとなることが原因です。 その上で、次のように述べられています。

古典についての質問です。「さてあるべきにあらず」

(徒然草・一八四段) (今日だけは、事のほかこういうふうにしておくのが良いのです。 聖道の慈悲といふは、ものをあはれみ、かなしみ、はぐくむなり。 御疑ひある べからず。

このマシンの192. UDPは コネクションレスのプロトコルだからな。 山陽の『日本楽府』に『君好戦』(きみたたかひをこのませらる)とあるが、 承久の乱は、 後鳥羽上皇 が 皇権回復のためにおこされた 私利私欲の倒幕戦です。