自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

広告枠もない。 小川彩佳キャスターが実物を手にし、表紙にはタイトルの他、国会議事堂の絵や、下部に「terracePRESS」と書かれているのが分かる。

13
冊子発行元とされる情報サイト「terracePRESS」(テラスプレス)については、「運営主体や連絡先が不明」(毎日新聞)と指摘されており、実際にサイトを見ても、運営社(者)に関する情報は見当たらない。 他に、はっきりしていることがある。

自民冊子の元ネタ「テラスプレス」、公示後も更新続く 野党批判のトーンそのまま...: J

そう、このサイトには、あるべき運営者情報や問い合わせ用のフォームが存在しないのである。 見出しは「『老後2000万円不足問題』の真実」。 安倍首相は冊子について、 「党本部でいろんな冊子を配ってますが、私いちいちそれは見ておりませんので、まったく知らない」と回答。

1
国民民主党の玉木雄一郎代表も「こういう冊子は、やめてくださいよ」と注文をつけた。

自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

ところで、「テラスプレス」なるサイトが奇妙なのは、その名で検索してもページが出てこないことだ。 どんな内容なのか、J-CASTニュース編集部が確認してみた。 奥付には「terrace PRESS」なる聞きなじみのないウェブサイトの名称が記されており、そのサイトからピックアップされた記事を〈見出しを含め、加筆、修正したものを掲載〉しているという。

4
. 「 無責任といえば無責任だと思いますよ。 「本格的な選挙戦を前にちょっと刺激的な資料が出回っています」 として、自民党本部が「選挙演説の参考に」との案内文をつけて(所属国会議員に)配ったと説明した。

自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

首相の反応は 参院選公示の前日(2019年7月3日)夜、「news23」(TBS系)は、与野党の党首(社民は幹事長)7人が討論を行った。

8
あらためて内容を確認してみた。 たとえば「トンデモ野党のご乱心」なる第一章では、「立憲民主・枝野代表の無責任を嗤う」と題して〈辺野古移設への反対活動には過激派も入り込んでいます。

自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

ところが、実際に検索エンジンにかけても、そのサイトがまったくヒットしないのだ。

15
全部で150ページ近くあり、紙の質も良いのだが、しかし、実はこれ、一般向けには販売されていない。 他にも、「野党『アベノミクス効果なし』はフェイクニュース」と題しての毎月勤労統計不正調査問題を打ち消し、〈不適切処理があったことは事実であっても、この間のアベノミクスの効果は疑う余地はありません。

自民党本部が正体不明の“野党デマ攻撃本”を所属議員に配布! 元ネタは運営者情報のない怪しい右派ニュースサイト (2019年6月20日)

いずれも、「発行元は、正体不明のネットサイトだった」(FNN)、「テラスプレスの運営主体や連絡先は不明」(毎日新聞)と指摘しており、朝日記事では、サイトへのアクセス数がニュースサイトとしては、不自然な程に少ない実態にも言及している。

11
「出所不明のものを自民党も配るのは大人げない。 その点、 総裁選で内閣情報調査室が安倍氏のために活動していたという情報があるのは、気になるところだ。

自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

そこで、本サイトは当事者に事実を確認するとともに、問題の本『フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識』を議員にバラまいた経緯と目的、そして、その元となったとされるサイト「terrace PRESS」との関係を質すため、自民党本部へ3日間にわたって何度も電話で取材を申し込んだ。

18
たとえば「トンデモ野党のご乱心」なる第一章では、「立憲民主・枝野代表の無責任を嗤う」と題して〈辺野古移設への反対活動には過激派も入り込んでいます。

自民党「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識(テラスプレス)」が話題に

いや、それだけではない。 実際、公式ツイッターらしきアカウントを調べてみると、経済評論家の氏やYouTuberのKAZUYA、あるいは有名ネトウヨアカウントの「DAPPI」など、その手のネトウヨ界隈をフォローしている一方、本来は読者となるはずのフォロワー数はわずか30名余り。

16
頭の横にはクルクルパーマークまで書かれている。