『進撃の巨人』31巻。ネタバレ。あらすじ、感想など。エレンが始祖の力を使って、地鳴らしを始める

グリシャは始祖を食らい、王家の血を絶やすという未来は決まっているといい、巨人化のための血を流すためにメスを振り上げます。 いよいよクライマックスな感じですが、この先どんな展開、結末になるのか、進撃の巨人、32巻楽しみですね。

19
毎月1,200ポイント付与される U-NEXTの無料トライアルが終了すると、月額2,189円の有料会員に移行されます。

進撃の巨人【33巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

それに対し、タイバー卿は軍幹部を端の特等席にまとめるようマガト隊長に支持します。

6
次点で幹部の移動のタイミングが考えられますが、直前まで移動経路を決めないため問題ないとのこと。

『進撃の巨人 29巻』ネタバレ解説!あらすじから結末まで!|よなよな書房

次巻で終わりなんてちょっと寂しい気もしますが、エレンたちのつらい戦いもようやく終わるのだと思うとほっとします。 その様子を陰から見ていたサシャは、タイミングを見計らって銃を放ち、車力の機関銃を操作する兵士の一人を殺害。 そして作品としての"落とし所"も気になり ますね。

それに対して、ピークは怯えるガビに笑いかけると、エレンの方を指さします。

進撃の巨人【32巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

「パラディ島にある全ての壁の硬質化が解かれ、その中に埋められていたすべての巨人は歩み始めた。

20
そして「君は?」と聞かれると、「進撃の巨人エレン・イェーガーを殺した者です」と答えました。 以前、生きる意志さえあれば勝手に体は修復するとライナーに教えれていたため、ライナーにはその生きる意志がないことを悟ります。

【漫画】進撃の巨人の最終回34巻ネタバレや無料で読む方法

一方、ピークは戦槌の巨人の本体がエレン巨人によって食われるところを目撃します。 するとエルディア人たちも銃を向け、前線に送り込まれてきたから実戦経験は豊富だと言いました。 行動で示したエルヴィンを思い出しながらコニー母に食われようとするアルミン これは計算してやったことではないでしょうね。

14
しかし、ガビにとって彼らは島の悪魔であり、許していい存在ではありません。 まずないことですよ、ええ。

【ネタバレ】進撃の巨人 32巻のネタバレ、感想

同時に戦槌には再度巨人化するだけの余力が残されていないことも分かったため、巨人のぬけがらで結晶を捕獲したまま抜け出すと、再度巨人化します。 第103話 強襲 地面から鎧の巨人の手が現れ、手の中で守られていたファルコは目を開けます。 彼らは自らの存在価値を示すため、パラディ島への「宣戦布告」を準備するがそこに現れたのは……。

16
しかし、いつもの鎧の巨人ではなく、顔はライナーのままで、鎧もまとっていません。